歯磨きレッスン

なぜ、犬猫の歯磨き(お口のお手入れ)が必要なのでしょうか

多くの飼い主さんの間で、犬や猫のオーラルケア(歯磨き)への意識が高まっています。
これはとても素晴らしいことです。
かつては犬猫のお口にトラブルを感じても「動物だから仕方ない」と見過ごされてきたり、
そもそもペットの口に気を配らない飼い主さんも多かったのです。

私達人間も、虫歯になったり、歯肉が腫れたり、膿が出たり、歯がグラグラしたり、痛かったりしたら
とても気になるし我慢をするのもつらい
ですね。
動物も全く一緒です。
動物は人よりも我慢強く、自分が弱っていることを訴えないため平気に見えるだけなのです。
このようなつらい思いをさせないために、歯磨き(お口のお手入れ)が必要なのです。

では、具体的にご説明いたします。

歯周疾患の予防・再発防止

「歯周病」という言葉を聞いたことがあると思います。
昔は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。
これは歯と歯肉の間にある溝が深くなり、歯周ポケットと呼ばれる深い溝を作り、
その中に歯周病を引き起こす細菌や歯石が増殖し、膿を作る、歯を支えている骨が溶かされるなどし、
やがては歯がぐらぐらして抜け落ちてしまう病気です。

歯周病の恐ろしさは歯や歯肉にとどまらず、
歯周病の原因菌やその菌が出す毒素が心臓病腎臓病糖尿病など全身のリスクを高めることが知られています。

この歯周病は人間だけでなく、犬も猫もかかります。
犬については、3歳の犬の80%が歯周病にかかっていると言われています。
歯周病の主な原因は細菌です。
細菌や細菌が産生する物質、食べかすなどから歯垢(しこう・プラークともよばれます)が作られ、
細菌がさらに増殖し、歯周組織の破壊や歯を支えている骨の吸収を引き起こします。
また、歯垢は放置すると数日で硬い歯石となり、さらに歯垢が付着しやすくなります。
ですから歯垢がお口の中にたまらないように歯磨きをする必要があるのです。

また、残念ながら歯周病になり治療を受けた後でも、
お手入れが悪いと歯周病はあっという間に再発します。
歯周病の治療は全身麻酔で歯を抜いたり、歯肉の手術をしたりと
動物には負担のかかるものです。
動物に再度の負担をかけさせないためにも、再発防止のお手入れを忘れてはなりません。

口腔疾患の予防・早期発見

お口のトラブルは歯周病だけではありません。犬猫に多いトラブルとしては、

乳歯遺残(にゅうしいざん)
永久歯に生え変わる時期が過ぎても乳歯が残っているもの。後から生える永久歯の邪魔をしたり、永久歯と乳歯が一緒に生えてしまうことで歯並びを乱し、噛み合せが悪くなったり歯周病になりやすくなったりします。
歯列不正(しれつふせい)
前述の乳歯遺残や、歯が埋まったまま生えてこない「埋伏歯(まいふくし)」、生まれつき歯がない「先天欠損(せんてんけっそん)」などが原因で、歯並びが乱れることです。
不正咬合(ふせいこうごう)
上の歯と下の歯が正常に噛みあわない状態です。噛み合せが悪いため、食べ物をきちんと噛めない、一部の歯に負担がかかる、食べかすがたまりやすいなどの問題が起きやすいです。
歯牙破折(しがはせつ)
歯が折れてしまうことです。犬猫に大変多いです。歯が折れてしまうと歯の中に通っている「歯髄(しずい)」という神経や血管などの部分から細菌が入り込み、根の先で膿んでしまうことがあります。当然、強く痛みます。

などがあります。これ以外にも歯肉やお口の粘膜にできる腫瘍など様々なトラブルがあります。
日々きちんとお口のお手入れをし、お口の状態を見ていることで、これらの予防と早期発見ができるのです。

お口のケア、それだけじゃないメリット

犬との信頼関係が深まる

歯磨きは正しく行えば、犬にとっても気持ちの良いものです。
気持ちいいことをおこなってくれる人に、犬はますます信頼を寄せていきます。
上手に歯磨きができて褒められれば、犬はもっともっとその人のことが好きになります。
こうして、歯磨きを通じて犬との信頼関係を深めていくことができるのです。

犬と人の最高のコミュニケーションとリラクゼーションになる

上手な歯磨きは気持ちいいですし、褒められれば気分もよく、人に構ってもらえるので
正しく行えば犬は歯磨きが大好きになります。
犬が喜んで気持ちよさそうに歯磨きを受けている姿は、人にとっても可愛らしくて喜ばしく、
もっと歯磨きをしてあげたいという気持ちになります。
気持ちの良い歯磨きと、それを受けている姿は
犬にとっても人にとっても最高のリラクゼーションとコミュニケーションになる
のです。

一般的なしつけの効果も上がる

Ataraxiaでお伝えする歯磨きレッスンは、人も犬も楽しみながら無理なく
犬の忍耐力や従順な気持ち、犬の自信を養う
トレーニングを盛り込んでいます。
一般的な家庭犬が身につけるトレーニングの効果も上げることができる、うれしいオマケつきです。

QOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)向上のために

パートナーのお口が臭いと、申し訳ないと思いながらもなんとなく距離をとってしまいませんか。
口臭のない爽やかなお口ならスキンシップも楽しめますね。
そして言うまでもなく、自分の歯で何でも食べられることは財産です。
特に、食べることに喜びを見出す動物にとっては大きなことです。
何でも食べられることは栄養をバランス良くとり全身の健康に大いに役立ちますし、
しっかり噛めることは脳の老化を予防し、身体能力の維持にも役立つことが分かっています。
何でも食べられること、健康でいることは
ひいては飼い主さんの手間や負担を減らすことにつながります。

信頼のおける歯磨きレッスンを

飼い主さんの犬猫へのお口のケアの意識が高まるにつれ、
ペットショップやトリミングサロン、動物病院など
あらゆるところで歯磨きレッスンや教室が開かれています。
しかし残念なことに、間違った知識や方法が伝えられていることも少なくありません。
また、犬の性格や個性、それまでのしつけの程度を考慮しない画一的な話しかされないため
教えられた方法を実際に行うのは難しいということも多く見られます。

Ataraxiaの川久保は(おそらく日本で唯一の)歯科医師ドッグトレーナー動物看護師、そしてカウンセラーです。
飼い主様のお悩みを聴きながら、正しい知識に基づいたお口の健康と歯磨きについてお伝えいたします。
そればかりでなく、愛犬との絆を深め、しつけにも役立ち、
人と犬との最高のコミュニケーションとリラクゼーションになる歯磨きレッスンを行います。
犬の歯磨きは難しそうと思われがちですが、
大きな問題を抱えた犬でない限り、きちんとした手順を踏んで無理なく行えばどんな愛犬でもできるようになります。
しかもAtaraxiaがお伝えするのは、愛犬が喜んで歯磨きをするようになる方法です。
あなたも歯磨きを通じて愛犬とのコミュニケーションを深めつつ
愛犬をもっともっと健康にしてあげませんか。



歯磨きのデモ動画です。
磨きにくい奥歯も、抵抗せずリラックスした姿勢と表情で受けているのがお分かり頂けるかと思います。

ご注意

1.歯石除去はれっきとした医療行為です。
動物の医療行為は獣医師のみが許されているものであり、
歯石除去もきちんと麻酔下で獣医師のみが行うべきものです。
Ataraxiaではこうした獣医療行為は一切おこないませんし、医薬品の斡旋も致しません。
☆治療が必要な動物につきましては、専門医療機関をご紹介いたします。

2.基本的なしつけができていない、咬みつく、暴れて手におえない、などの場合は
ドッグトレーニング(犬のしつけ)コースからの受講をお勧めする場合があります。

動物病院スタッフ様へのアドバイス・コンサルテーション承ります

犬猫の歯磨き指導を始めてみたいので具体的な方法を知りたい、
おこなってはいるけれどどうもうまく行かない、など
動物の歯磨き指導、オーラルケアを行う動物病院様へのアドバイスやコンサルテーションも承っております。
獣医師の先生方、動物看護師の方々を対象としております。
患者さんへのニーズに応えるために
他院との差別化のために
獣医師の先生や動物看護師の方のキャリア形成のために
どうぞお役立てください。
詳細はお気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FAQ

ドッグトレーニング、歯磨きレッスンを受けられる犬の条件は?
  1. お住まいの市区町村で飼い犬の登録をしていること
  2. 年1回の狂犬病予防接種を受けていること
  3. 混合ワクチン接種を受けていること

が条件です。ご契約時に

  1. 鑑札(もしくは行政区発行の愛犬手帳など登録番号が証明できるもの)
  2. 狂犬病予防接種注射済票
  3. 混合ワクチン接種証明書

をご提示いただきます。
(生後90日に満たない犬の場合は、生後91日以降に速やかに登録と予防接種をお願いいたします。)
病気、老齢等で予防接種を受けることのできない犬の場合は狂犬病予防注射猶予証明書のご提示が必要です。
混合ワクチンを毎年接種していない場合は抗体検査報告書をご提示ください。

  • 上記がご提示できない場合
  • ペット(犬猫)不可物件で飼われている場合

はご契約をいたしかねますのでご了承ください。

犬の歯磨きレッスンは何回かかりますか

一般的な「犬の歯磨き教室」では、歯磨きの方法を聞き、
ぬいぐるみやトレーニングの済んだ犬を使ったデモを見るだけで1回で終わる所が多いですが
Ataraxiaでは愛犬が歯磨きを嫌がらず、むしろ自分から喜んで受け入れられるよう
基本のしつけから段階を追ってトレーニングしていきます。
回数がかかると思われるかも知れませんが、結果的にはこの方が
飼い主さんも愛犬も今後のお手入れが楽しく容易にできるようになります。
具体的な回数は愛犬と飼い主さんの習熟度によって違いますので、ご相談ください。

 

ブログ