ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

良いおこないに見られる攻撃性

自己を「悪者は許さない。誹謗中傷をすることも辞さない」と位置づけている人を見かけます。

私は攻撃性のある人とは関わらないようにしています。
一見、良いことを言ったり良い活動をしているようであったりしても、
その背後に攻撃性が見え隠れしていることがあります。
自分が考える「正義」や「良いこと」にそぐわないものをこき下ろしたり罵倒したり嘲ったり、
こういうものが見えるときには注意を払わなければいけません。

きつい言葉や過激な言葉で悪者や敵対者を攻撃する人には支持が集まりがちです。
人が心の奥に持っていて表に出すことのできない、
対象を攻撃したい願望を代弁してくれるからです。
攻撃性のある人の言動はそうした形での共感を招きやすいのです。

しかし注意しなければならないのは、
この「代弁者」でいてくれる攻撃性のある人の「正義」や「信念」が、
いつでもあなたの「正義」や「信念」と一致するわけではない、味方ではないということです。
もしあなたの正義や信念や行動が攻撃性の高い人に認められなかったとき、
その攻撃性は一転してあなたに向きます。
今まで仲が良かったのだからそんなはずはない、自分は特別などと思ってはいけません。
自分の思う正義や信念を表現するには、何も相手を攻撃する必要などないのです。
それでも攻撃をするということは、他のものを理解しよう、対話しよう、受け入れようとする気持ちが無いか少ないという狭量さを表しているのですから。
さらに掘り下げて考えると、「良いこと」や「良い活動」をしているように見えますが、
その真の動機はどこにあるのでしょうか。

よく、メンタルを病んだ人はカウンセラーになるべきではない(なれない)といいます。
まともなカウンセラーならこのことに頷けるはずです。
例えば「親子関係で確執を抱えて…」「不登校になった経験があって…」など、
問題を抱えたことのある人は同じ問題で悩んでいる人のことが良く分かるので
親身になって相談に乗ってくれると思われがちです。
しかし、カウンセラー自身が心の中に抱えた葛藤や傷、トラウマを
健全かつ完全に克服していないと、
クライエントの悩みに自分の葛藤や恨みや怒りや悲しみなどを重ねてしまい、
誤った感情移入をしてしまうおそれがあるのです。
こうなるとクライエントの問題とカウンセラーの問題との境界がなくなり、
カウンセラーとして適切な立ち位置を取ったり支援したりができなくなります。

話を戻します。
一見「良いこと」や「良い活動」をしているように見えるその人の動機は、
「自分もかつてその問題で悩んだことがあるから」
「同じようなことで苦しめられたことがあるから」
ではないでしょうか。
それを健全に克服できて、完全に消化(昇華)した立場で関われるのなら良いのです。
しかし、その言動や活動の中で垣間見える攻撃性は、
かつて自分を苦しめた問題や相手や対象を重ねて見ているという可能性はないでしょうか。
当時の相手の代わりに現在の対象を攻撃することで「やり返し」をしているかも知れません。
そうだとすれば、その言動や活動は困っている人や悩んでいる人や社会などのためではなく、
「自分のため」に過ぎないのです。

待望の「HBクワット-MC 原液」お取り扱い開始

そろそろ今年の終わりも近付いてきましたね。
年末の大掃除のご予定はいかがですか。
うちではいつも日にちの余裕がなくなって大掃除をしきれないまま新年を迎えてしまうので、
今年は早めに掃除に着手しています。

蓮

蓮「やればできるじゃん!」
(くっ…そういう蓮さんは随分くつろいでいますね…)

さて、お掃除といえば大人気のHBクワット-MCに、
かねてよりご要望の多かった「原液」がラインナップに加わりました。

これまでスプレーボトルでご購入頂いた方々から、
「スプレーボトルを使い終わった後の詰め替え用が欲しい」
「スプレーボトルごと買い替えるのはもったいない」
「大量に使うので原液が欲しい」
「洗濯にも使いたい」
などのお声を頂いておりました。

ご愛用頂いているからこそのありがたいご要望ですから、
ようやくお応えできることを大変うれしく思っています。

原液はタッパーやバットのような容器に入れて希釈し、器具などを浸漬する使い方ができます。
スプレーよりも細かいところまでしっかり薬液を行き渡らせることができます。
洗濯の仕上げに使うことで、リネン類の消臭・除菌ができるのも便利です。
もちろん、薄めてスプレーボトルの詰め替え用にもお使いください。

原液は2リットルのタンクボトルです。
計量と希釈にとても便利な、50㏄の計量カップとハンドポンプが付いてきます。

HBクワットMC
タンクボトルのキャップを外し、このようにハンドポンプをセットして使います。

HBクワットMC

我が家では、HBクワット-MCはペット用品だけでなく
トイレなど生活区域でのお掃除にも日常的に使っています。
一度使うと、清潔感とスッキリ感と手軽さで手放せなくなります。
これからますます気温も下がり、空気も乾燥してきます。
衛生のために、健康で新年を迎えるため年末のお掃除にも、
HBクワット-MC(原液・スプレーボトル)シリーズをぜひお役立てください。

 

 

⛄ウィンターキャンペーン実施中!!⛄

12月1日(金)~12月31日(日)の期間にて、「
ウィンターキャンペーン2017 5%オフクーポンプレゼント」を実施中です。
HBクワット-MC原液は高価ですから、この機会をぜひご利用ください。

・キャンペーン期間
2017年12月1日(金)~2017年12月31日(日)23時59分まで

・クーポン詳細
利用回数:1人1回
下限金額:1,000円
割引金額:5%オフ
クーポンコード:winter2017

・他クーポンとの併用はできません。
・本クーポンは、送料を除いたご注文金額が1,000円以上の場合にのみ、ご利用いただけます(送料分にはご利用できません)。
・本クーポンは、おひとり様1回限り有効です。
・Apple Payをご利用の場合、クーポンは使用できません。

 

★原液は2リットルでの販売ですが、少量、詰め替え等をご希望の方は
以下のフォームからお問い合わせください。

企業様・事業所様等へ、ご依頼の前にお願い~必ずお読みください

まずは、お打合せやご契約のお話の前に、
ご依頼を検討されている業務の内容と料金を詳しくお知らせ下さい。
業務の内容と報酬が分からなければ、そのご依頼をお受けできるかどうか判断のしようがないからです。
「お会いしてお話しします」
とおっしゃる方も一部いらっしゃいますが、
お会いするには時間的なコストもかかります。
こちらまで足を運んでくださる方もいらっしゃいますが、
こちらが出向くことを要求する方もいらっしゃいます。
こうなると時間的なコストだけでなく交通費などもかかります。
小さなことを言うと思われるかもしれませんが、
ご提示頂いたお話がお受けできないものであった場合、当方にとっては無駄足となり、
日当分の損失となるということをご理解頂きたいと思います。
当方は守秘義務を厳守しております。
たとえご契約前のものであっても、伺ったお話や企画中のお仕事について
他に明かすことはございません。

また、新しいプロジェクトの企画立案に関するご相談をされたいという場合や
ご依頼がまだ具体的でなく、具体化するためにご相談したいというケースなども含め、
ご相談に要した時間、知識、技術分の料金を頂戴いたします(1)
ご相談は無料ではありません。
新しい事業やプロジェクトを興し、それで利益を上げようというのですから、
そのことについての相談に対して無償であるのはおかしな話です。

これは当方だけの問題ではなく、
医師、弁護士、法曹関係、研究者、その他様々な専門家や相談業務従事者が
しばしば無償で相談や知識提供・技術提供を求められていることを
非常に憂慮してのことです。

Win-Winという言葉が以前流行りました。
安く、あるいは無料で何かを入手すれば「Win」と思うかも知れませんが、
提供させられた方は「Lose」で、
不満や不信など、どこかに歪みが生じます。
また、顧客や患者、クライエントなどサービス提供対象とのWin-Winを築くために、
関与している第三者がLoseになるのも良くありません。
言うまでもなくサービス提供対象がLoseになるなどもっての外です。
関与するすべての人がお互いに信頼を置き、気持ちよく良い仕事ができるためにも
AtaraxiaではTotal Winを目指しており、
Total Winを目指せる方とのみお取引させて頂きます。

以前のブログ
「困った相談者たち」(←リンク)
にも詳しく述べておりますので、ご依頼の前にご一読をお願い致します。

(1)交通費がかかる場合は別途申し受けます。

 

犬と人の安全でおいしいおやつ「別府犬八工房」シリーズ

Ataraxia販売部では、続々と新しいラインナップをご紹介していますが、
今日は「11月11日」。
ワンワンにちなんで、犬と人の安全でおいしいオヤツ、「別府犬八工房」をご紹介します!

「人が食べられないものや残り物をペットの犬に与える」、そんな時代は過去のものになりました。
ペットは大切な家族の一員。
大切な家族に、人が食べられないような、原材料の不確かなものを与えるのは不安です。

「別府犬八工房」の原材料は、私たち人が食べられる原材料を使用。
それも豊かな自然と食材に恵まれた九州産が中心です。
品質管理の徹底した工場で加工、余計な着色、風味付けは行わず、食材の自然本来のおいしさを味わえるオヤツです。
メーカーと原材料の生産者が直接言葉を交わして確かめた商品。
これはAtaraxia販売部のポリシーとも同じです。
Ataraxia販売部がメーカーの方と直接お話しして「本当に良い」と思ったものしか取り扱わないのと同じく、
別府犬八工房も「ペットにとって本当にいい物を提供したい」という想いで作られています。

それではご紹介します。
別府犬八工房シリーズ!!

まずは大分県産ハーブ鶏を使用した「鶏から」シリーズ。


左上から時計回りに、
「鶏から ササミ」
「鶏から レバー」
「鶏から ムネ肉」
「鶏から 砂ずり」※砂ずりとは砂肝のことです

 

鹿児島県産さつまいもを使用した「芋から」シリーズ。
「芋から チップス」

 


「芋から スティック」。

別府犬八工房は人も食べられる原材料で作られていますが、
芋からシリーズは人のオヤツとしても実に美味しい!!
愛犬と一緒にパリポリ楽しめます。

 

別府犬八工房と、豆乳おからクッキーで有名な「ホオリイ」のコラボ商品である「豆乳おからクッキー」シリーズ。
「豆乳おからクッキー ベリーベリー」

 


「豆乳おからクッキー チーズ」

ホオリイの豆乳おからクッキーはダイエットでも有名になりました。
別府犬八工房のおからクッキーも、人が食べてもおいしいクッキーです。
ダイエット中の飼い主様に朗報!?

 

別府犬八工房とリトルソルトのコラボ商品。
リトルソルトとは大分市南大字の、パンやお菓子の販売、レッスン販売、材料や器具の販売も行っているお店です。


「別府犬八工房×Little Salt さつまいもクッキー」

 


「別府犬八工房×Little Salt くろめボーロ」

さつまいもクッキーとくろめボーロも、もちろん人も食べられます。

 

別府犬八工房のひとつの楽しみ方は、人と犬とが一緒に同じオヤツを食べるという共有間、一体感もあるかと思います。
犬には良くないと分かっている食べ物だけど、人が食べているときに犬が欲しがるのでついついあげてしまう…
そういう方のお悩み解決の一つの手段にもなると思います。
もちろん、欲しがるものをみだりに与えないトレーニングも忘れずに。

愛犬との楽しくてかけがえのないコミュニケーションタイムに、
「別府犬八工房」をおひとついかがでしょうか。


蓮「とってもおいしいよ!」

 

 

犬のシャンプーセミナーに参加しました

プロのトリマーさんによるシャンプーセミナーに参加してきました。
Ataraxiaでは日頃、歯磨きについて

「誰でもできると思われているけど、実はできていない」

と示唆していますが、シャンプーも同じようなことが言えると思うのです。

シャンプーの成分は?
効果は?
安全性は?
毛や皮膚に与える影響は?
シャンプーとコンディショナーの関係は?
望ましい洗い方は?
保湿は?
皮膚にトラブルがある場合は?

など、考えてみれば考えるべきことはたくさんあるのです。
それなのに日頃「なんとなく」「できている気になって」行っているのは、
日常の中で当たり前になっている、誰もがする特別ではない作業であることと
多少ダメージを受けても肌は回復するし、毛もまた生えてくると、
取り返しがつくような気がするからではないでしょうか。
(この点は歯や歯磨きとは違いますが、昔は
「乳歯はまた生えてくるから虫歯になってもいい」と放置された時代がありました。)

でも、乳歯の虫歯が口腔内の環境や後続の永久歯に大きな影響を及ぼすように、
肌や毛へのダメージも軽視するべきではありません。
もの言えぬパートナーなら尚のことです。

なので、プロのトリマーさんはどのようにシャンプーをしているのか
機会があれば一度学んでみたいと思っていたのです。

プロのトリマーさんによるシャンプーは
思った通り「目から鱗」で
ああやはり、できているつもりだけれどできていなかったとか、
もっと良いやり方があったということを気付かせてくれました。

それにしても、なんの分野でもプロの技術は

「おおーすごーい!!」°˖✧(Φ∀Φ)✧˖°

と感激して目が輝いてしまいますね。

 

そして早速、蓮をシャンプーして実践。

蓮「なんか、見様見真似感がすごいんだけど?」

気にするでない。
あらゆる「まなび」は「まねび」、つまり真似すること、模倣から始まるのだ。
どうだね。泡立てるのが少しは上手になったでしょう?」

プロの方法(の真似)でシャンプーをしてみましたら、
私の従来の洗い方よりも蓮が気持ちよさそうで、
仕上がりも被毛がよりふんわりやわらかく、汚れはしっかりきちんと落ちている感じになりました。
以前よりも被毛にダメージを与えないで洗えたためかと思います。

何の世界においても
理論と経験に基づいた正しい方法を身に付け、
そこで止まらずにより良い方法を求めていくのは大切なこと、と
再度実感したのでした。