拾い食いは管理不足から

誤食ばかりしているワンちゃんがいます。
ちょっとシャレにならないようなものまで食べて、緊急で動物病院に行き、
吐き出させたり胃洗浄を行ったりということを度々繰り返しているようです。
なぜこうも誤食が多いのかといぶかしく思い聞いてみると、
このワンちゃんはお散歩のときに何か口にしてしまうことが多いそうです。

「ハッと気が付いてふと見ると、もう口をモグモグしているんですよね。」

とは飼い主さんの弁。

さて。お散歩の時も犬から目を離さずにきちんと管理していますか?
お散歩時に誤食をしてしまう犬の飼い主さんに意外と多いのが、

  • スマホや携帯をいじっている
  • 誰かと立ち話に興じている
  • 伸びるリードで散歩させている

などです。
つまりは犬から目を離してしまっているんですね。
「まさかこんなものを食べるとは思わなくて…」
「犬は動物だから本能的に、口にしてはいけないものは分かると思っていました」
という言葉もよく聞くのですが、口にしてはいけないものが本能的に分かるなら、
よくある 「犬に食べさせてはいけないリスト」 などわざわざ作らなくてもいいわけです。
特に子犬の頃は、何でも口にすることでそれが何かを知ろうとします。
(人間だって赤ん坊のときはそうでしょう?)

ですから、犬が誤食をしないためには、人間が管理してあげなければなりません
犬の誤食はいわば、飼い主の管理不足が原因ともいえるのです。
そこでやはり、「拾い食いをしないいつけ」をしてあげる必要があるのです。

まずは、「拾い食いをしそうになったら止めさせる」方法をご紹介します。
ポイントは
1. 落ちているものを食べようとした瞬間、即座に「いけない」「だめ」等の声をかけ止めさせること
2. 止めさせたら、止めたことに対してよーく褒めること
です。 以下の動画をご覧ください。
映像では分かりにくいですが、地面に骨タイプの食べ物が落ちています。
それを口にしようとした瞬間、「いけない」と言いながらリードを引いて阻止しました。
動画には入っていませんが、この後メチャクチャ褒めています。
蓮「かばさんはね、あたしにメロメロ甘甘なところを人に見せたくないんだよ(笑)」

これを繰り返していくと…
このように、リードを引かなくても言葉だけの指示で止めるようになります。
まだ蓮には「叱られた!」という気持ちが強く出ていて、表情が冴えませんね。
でもやがて…

 

こんな風に、「いけない」の合図で進んで止めるようになります。
この、しぶしぶ止めるのではなく、自分で進んで止めるようになる秘訣に、
「止めたことに対してよく褒める」 があるのです。

「褒める」については、意外ときちんとできていないことが多いようです。 このことはまた記事にしていきます。

愛犬の拾い食いでお困りの飼い主さんは、まず 犬から目を離さないこと、
そして止めさせて、褒める」ことに留意してみて下さい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

拾い食いは管理不足から」への4件のフィードバック

  1. こんばんは。
    うちもスノークが拾い食い女王様なので困っています。
    散歩中はいけない、とリードを引くことでマスターし大丈夫なのですが、実家の山奥などでノーリードにするとバイキングと化してしまいます。
    主に草、人間用のガムなど・・・。
    きちんと指示が入っていれば、ノーリードで遠くに居ても、聞くようになりますか?

    そういえば褒めてなかったなぁ~と反省しています。
    次からはしっかり褒めなくっちゃ!ですね。

    • こんばんは~(^^)
      スノークちゃん、そうでしでしたか。
      でもリードでの合図をマスターしたのですから、教えれば分かるコなんですね♪

      …バイキング(笑)
      お散歩中、人の目があれば大丈夫だけれど、フリーになるとイケナイコトをしてしまうのはよくあることですね。
      特にガム等人間のおかしなどは誘惑が強いので、
      飼い主が見ていなければコレ幸いにパクッといってしまいやすいです。

      確かにきちんと指示が入っていれば、ノーリードだろうと遠く離れていようと聞くようにはなります。
      それには飼い主側にもトレーニングに対する取り組みと根気がかなり要求されますが…^^;

      一度口にしてしまったものを出させるトレーニングもしておくといいですし、
      できれば「人間の許可がなければ落ちているものを口にしない」ということを教え込めるといいですね。
      今回ご紹介した方法を粘り強く続けていくことで、そのことを犬みずから察してくれることもあります。

      まずは「お褒め」、やってみて下さい。
      褒めがうまく行くと、トレーニング成果も上がりますし、
      パートナーとの心もグンと通い合えるようになることうけあいですヨ!(#^^#)

  2. 蓮ちゃん、働いてますね~(笑)
    ウチはてつくんも、えるさんも、あまり興味が無いのか1度の「ダメだよー」でやらなくなってくれたので楽でした。(よっぽど怖い顔したかな??)ホントにダメ飼主向きの子たちでありがたいのですが従妹や友人の家の子は、どうしてもやめられず苦労してる子、多いです。いつもとんでも無いもの、かじってます(^^ゞ「どんだけ腹へっとるん!?」と何度叫んだことか…(*^^)性格とかがあるんですかね~。でもやっぱり諦めず繰り返し教えていかないと命にかかわりますもんね。褒めて教えたらいいんですね!!言っておきます!
    ウチはヒトのほうがミス多いです。チョコレートやスナック菓子をえるさんの届くところに無防備に置いて出掛けてしまって後でドキッ!とします。従妹に言わせると考えられない悪逆無道らしいです(笑)どっちもどっちですね~

    • 蓮さん、私より仕事してくれています(笑)
      叱られる姿を公開するのは蓮にとっては不本意でしょうが、
      叱られて成長するところを見て、どこかの誰かが犬のしつけを頑張ってくれれば報われるというものです( ̄ー ̄)
      rulyさん、ぜひそのワンちゃんの飼い主さん達に、誤食を防ぐしつけの大切さを伝えて下さい。

      ちなみに誤食する傾向には犬種や気質との関係が見られるそうです。
      私も今まで飼ってきた犬は拾い食いをしなかったのですが、
      蓮はよっぽどしつけを頑張らないとパクッとやってしまう子でしたので本当に大変でした。
      そんな蓮でも今では制止できるようになったのですから、「みんな頑張ればできる!」と応援したいです(^^)

      誤食を防ぐのは「しつけ」と「管理」の2本柱が肝心だなと思います。
      ヒトのミスもついうっかり…ありますよね。
      えるさんは「ダメだよー」で分かってくれたり、ついうっかり何か置いておいてしまっても大丈夫だったり、
      やっぱりrulyさんとフォローし合っているんだなァと微笑ましくなります♪
      …しかし悪逆無道とは(笑)

コメントを残す