桜の季節に

今年も桜の季節がやってきたね。

君と満開の桜の中をお散歩した日、 1年目は新鮮で私は舞い上がっていたよ。
君は生まれて初めて迎える春の空気、花々の景色と香りに戸惑っていたね。
散っていく桜も少しも惜しくはなかった。

sakura2011(1)sakura2011(2)

 

2年目は私はドッグトレーナーの修行に出ていて、君に寂しい思いばかりさせていた。
それを取り戻すように桜の中を一緒に歩いたっけ。
君と一緒にいられる時間がとても手放し難かった。

sakura2012 (1) sakura2012 (5)

3年目、君も立派なパートナードッグになっていた。
桜が咲き誇る中を、訓練教材の動画作りに協力してくれたね。
せっかく桜がきれいなのにお仕事モードで悪かったなと思っている。

sakura2013 (1)

sakura2013 (2)

そして今年、よく見ると君の毛に白いものが増えたようだ。
白い毛が出るのが早い犬種とはいえ、苦労をかけているのかなと心配になる。
「一緒にお仕事をしているんだよ」と言ってくれているような気がするけど、 今年の春は仕事を忘れて、のんびりとオシャレでも楽しませてあげよう。

桜の季節は少し不安になるんだ。 あと何回こうして君と桜の中を歩けるのだろう。 あと何年こうして君と桜の季節を数えて暮らせるのだろう。

だから、桜の季節は少し焦ってしまう。 君と一緒にいる時間も、お仕事も、オシャレも。

ああ、桜が散るのが惜しい。 さあ、蓮、出かけようか。今日も一緒に行こう。

sakura2014

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

桜の季節に」への2件のフィードバック

  1. なんだか、涙がでちゃいました。

    思い出が増えるほど切なくなりますね。
    だからこそ、毎日をより大切にしなきゃ。

    • 思い出が増えるほど、愛着が増すほど、切なさは増す一方ですよね。
      たとえばペットロスは動物との間に「やり残した感」があると深まってしまうことがあります。
      毎日は当たり前のように訪れるけれど、本当はそうではないんですよね。
      私達の1日分は犬にとって4日分。
      一日一日を、私達の為だけでなく、犬達の為にも大切にしてあげたいですね(´v`)

コメントを残す