犬のてんかんとサプリメントについて考えてみよう

愛犬のてんかんでお悩みの飼い主さんは、かなりたくさんいらっしゃるようです。

治療についても、

「薬の副作用で愛犬がふらついたりボーッとしているのを見るのが辛い。」 「肝臓に負担をかけると聞いたので怖い。」

などの声をよく聞きます。

この気持ちは私もとてもよく理解できます。

また人によっては、終わりが見えずいつまで続くとも分からない治療は 経済的に負担が大きいという飼い主さんもいらっしゃることでしょう。

てんかんの治療が必要になる目安としては、

  • 月に1回以上(または3か月に2回以上)の発作がある
  • 3か月に1回以上の発作があり、発作の間隔が短くなってきている
  • 1日にに2回以上発作が起きる
  • 1回の発作が30分以上続いたり、意識状態が完全に回復する前に次の発作が起こったりする状態(てんかん重積)

が言われています。

てんかんの発作は次の発作の原因となると言われています。
また、今回の発作は前回の発作の結果であるとも言われているのです。
つまり、てんかんは適切な治療をしなければ、徐々に進行する病気なのです。
ですから経過観察の間もできるだけ発作を抑えたいものです。

そこで、ホリスティックケア・カウンセラーとしての知識から、ハーブのサプリメントを試してみることにしました。

てんかんに効果があるとされるハーブは

スカルキャップ…神経の鎮静作用、抗けいれん作用

ゴツコーラ…血流改善、鎮静作用、脳の機能改善

バレリアン…鎮静作用、抗けいれん作用

イチョウ…脳の血流改善

パッションフラワー…鎮静作用、抗けいれん作用

がよく知られています。 これらが含まれているサプリメントを探して、実際に試してみました。

 

<その1> ヒルトンハーブ トランキリティ

愛犬がてんかんの飼い主さんの間で有名なサプリのようです。
上記の成分のうち、スカルキャップゴツコーラバレリアンが使用されています。
効果の程は効いているのか効いていないのか特に実感はありませんでしたが、
ハーブを乾燥させて砕いた「そのまんま」なので、自然なものだという安心感があります。

ハーブの香りが強いので、パートナーによっては食べたがらない子もいるかも知れません。

 

<その2> ビガープラス バイタル

犬専用プレミアムサプリメント ビガープラス バイタル

ヒルトンハーブ トランキリティの次にこれを試してみました。

イチョウ葉が含まれています。
イチョウ葉は脳の血流を改善するとされ、脳の老化防止や認知症対策で人にも用いられています。
しかし血流改善がてんかんに効くのだろうか…。
疑問を持ちつつ、お値段を見てさらにビックリ!
ぼったくりじゃないのか…?
わらにもすがりたい飼い主さんの心理を利用した商品ではないのか…?
半信半疑がつのりますが、エイヤっと注文してみたら、これがなかなかどうしていいんです。

嫌なにおいや味もないし、発作間隔が随分と延びました。

<その3> アズミラ カーム&リラックス

ビガープラスも良かったのですが、いかんせんお値段が(;´∀`)

ビガープラス並の効果があり、それでいてお手頃な価格ならそれに越したことはありません。
で、口コミ等を利用して探してみたのがこれです。
スカルキャップバレリアンが使用されています。
液体で、スポイトのついたボトルに入っているので、使う際に手間がありません。
味はとても苦いのですが、与えるのは少量なのでフードに混ぜてしまえば影響なし。
1回に与えるのが数滴なので、とても長持ちします。

肝心な効果も、ビガープラスに匹敵するくらい発作間隔を延ばすことができました。

以上、Ataraxiaで実際に試したサプリメントをご紹介してみました。
この記事を読んで下さっている方の中には、
パートナーのてんかんでお悩みの飼い主さんもいらっしゃるかも知れません。
ハーブやサプリメントは体質改善や治療の補助として使う分には良いと思いますが 
それを過信しないようにご注意下さい。
てんかんに限らず、薬は副作用の心配もつきまとうものですが
薬を止めてしまってサプリメントに頼り切ることは、決してパートナーのためにはなりません。
かかりつけの獣医さんとご相談の上、パートナーのために一番良い選択は何なのかを考えてあげて欲しいと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す