聖神社と和銅遺跡

2015年の終わりを目前とした12月30日、
今年最後の思い出作りと1年の感謝のためにドライブに行ってきました。
場所は埼玉県秩父市黒谷にある「聖神社」です。

蓮「また埼玉の北部を攻略だね」
埼玉、まだまだ見どころがあるのです♡

慶雲5年(708年)に我が国初の自然銅(ニギアカガネ)が秩父で発見されたことがきっかけで、
かの有名な和同開珎が作られました。
聖神社は和銅元年に創建され、ニギアカガネがご神体として奉られています。
和同開珎にゆかりがあることから「銭神様」とも呼ばれているそうです。

蓮「ということは…金運にご利益が!?」(☆∇☆)

 

hijiri_shrine (2)

聖神社

聖神社の和同開珎モニュメント

で、でかい。
どのくらい大きいかというと…

聖神社の和同開珎モニュメント

このくらい。

聖神社は狛犬さんも印象的な顔立ちをしているのです。

聖神社の狛犬
聖神社の狛犬

カ、カワイイ♡

聖神社

コンパクトな社殿ですがインパクトは十分。
絶えず参拝の方が訪れていました。

神社の近くには和銅の産地といわれる露天掘りの遺跡があります。
ついうっかり蓮の服を車に積み込むのを忘れてしまい、寒いので蓮はスリングに入れているので
片道15分という山道を登って遺跡まで行くのはどうかと少し迷いましたが、
せっかくなので行ってみることにしました。

和同遺跡の碑

この中で一番ラクしているのは~?
蓮さん!

蓮

蓮「えっ」

陽射しが出て暖かくなってきたので、蓮も少しだけ歩きます。和同遺跡までの道

のどかな山道です。
蓮「あたしの耳が、遺跡はさらに前方を右に行った方面にあることを示しているよ。」
そうなのか?

和同遺跡までの道と猫

ここを右手に降りて行くのですが、降り口に猫さんがいます。
この猫さん、人がいくら通ろうとも少しも動く気配がありません。
もしや和銅遺跡の観光を担っているつもりだったりして…(笑)

和同遺跡までの道

和同遺跡までの道

和銅遺跡までは「登って、降りる」という感じなのですね。
少し険しそうに見えますが歩いてみるとそうでもなく、ご年配の方もいらっしゃいました。

 

到着です!またあのモニュメントがあります!

和同遺跡

これが和銅を採掘した「露天掘り」の跡だそうです。

和同遺跡

和同遺跡

和同遺跡

 

聖神社には参拝者用の駐車場があるのですが、停められる台数はあまり多くありません。

聖神社駐車場
(10台程度のようです。)
12月30日だったせいか私達が着いた時には既に満車で、実は諦めて帰ろうとしていたのです。

ところが…

地元の方が声をかけて下さり、敷地内に停めさせて下さったのでした。
おかげ様で無事参拝し、遺跡も見学してくることができました。
1年の感謝を締めくくるつもりが、また思いもかけない親切を頂くことになりました。
帰り際にお礼をしに伺ったら、「また来てくださいね」とおっしゃってくださいました。
感謝の気持ちをいっぱい込めて、また必ず参拝にまいります。

人と人とのつながりと真心の温もりを感じながら、2015年を締めくくることができそうです。

なんだか、これが本当のご利益なのかも知れないね。
蓮「そうだね。金運もいいけど、もっとイイモノもらった気分だね。」

今年も一年、どうも有難うございました。
皆様もどうぞよいお年をお迎えください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す