迷子の柴犬さんの保護(3)

2014年5月30日(後編)

DSC_0523私への甘えが出てきた柴さん。

保健所や警察との調整で午前中から午後の前半まで潰れてしまいましたが、
夕方にまた蓮と柴さんを連れて飼い主さん探しへ。
道行く人、特に犬を飼っている人に声をかけまくります。

「この辺りで、飼っている柴犬がいなくなったという方をご存知ありませんか?」

「この柴犬を見たことありませんか?」
では駄目なのです。
柴犬は数が多く、飼い主以外にはみんな同じように見えるので区別がつきません。

「いえ…聞いたことありませんけど…」
「そうですか…。実はこの犬なんですけど、迷子になっているのを保護しました。
オレンジ色と黄緑色の首輪をしています。
もしそういう話を聞くことがありましたらよろしくお願いします。」

こんなやり取りを延々と繰り返しました。
いくら聞いても手応え無し。段々疲れてきました。
そこへ犬を連れた一人の男性が。誰が手がかりを持っているか分かりません。
疲れたけれど可能性を逃さないために声をかけてみました。
すると…。

「あれ?この子かなぁ?見たことある気がするよ。外で飼われている、あの子じゃないかなぁ?」

と!!
この親切な男性は、心当たりのあるそのお宅まで私達を連れて行ってくれました。

DSC_0525
行こう!行こう!!

そこは私も通りがかったことがあり、確かに外で柴犬を飼っていました。

(そこなの?そこなの?この柴さんは、前に会ったことのあるあの子なの?)

そのお宅に行くと、いつも外に繋がれているはずの柴犬さんが居ません。
ここが君の家なの…!?

親切な男性も「ここだろ?ここがお前の家だろ?」
と言っていましたが、柴さんの態度や表情は特に変わらず。

DSC_0532

親切な男性のワンちゃん。穏やかで懐の大きなイイ男♡

 

DSC_0529可愛がってもらってデヘデヘの柴さん。
蓮(いいなぁ…)

住人の方はお留守でした。
夜になったら再度訪れることにしてその場は立ち去りましたが、
期待と、やっぱり近くに住んでいる犬なんじゃない、という可笑しさと、
これで柴さんを無事お返しできれば楽になれる、という気持ちで目の前が明るくなってくるのを感じました。

念のため聞き込みとチラシ配りも継続しましたが、何だかちょっとウキウキして、
少し関係が近まって仲良くなった蓮と柴さんが微笑ましく、
(おうちに帰ったら寂しくなるねぇ)
なんて思ってみたり。

DSC_0538

 

蓮「いないいない~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0537

蓮「ばあっ☆」

 

なにやっとんねん。

 

 

 

 

 

 

 

次に、地域の他の動物病院にチラシの掲示をお願いに行きました。

受診したことのない動物病院ですので、厚かましいお願いかと心苦しかったのですが
こちらの獣医さん、とてもとても丁寧で親身になって下さいました。
お願いをしに行っているにも関わらず、たくさんのお土産まで頂き、
話の流れで私が訊いた動物用の薬のことまで教えて下さいました。
(保坂獣医科病院様、どうも有り難うございました!)

hosaka_omiyage

何だか凄いぞ、いろんな人が親切に助けてくれるぞ。
通りすがりの人、犬を飼っている方、警察の方、獣医さん。
Twitterでも、「プリントアウトできるチラシがあれば配ってみます」と応援して下さる方が。
こんなに大勢で様々な方が力を貸してくれる事態なんて、これまであったでしょうか。

「犬も歩けば棒に当たる」

これには悪い意味も良い意味もありますが、
この日の私には良い方の意味としてしみじみと感じられました。
沢山の人が手を差し伸べてくれた。
思わぬ人のつながりが得られた。
人の優しさと温かさを感じることができた。
柴さんはそれを私に、キラッキラした人の心の宝を私に見せてくれました。

「きみはもしかして、幸せを運ぶ『ここ掘れワンワン』な犬なのかい…?」

それから1時間半ほど聞き込みとチラシ配りをしている間に、先程の男性から留守電が入っていました。
私達が去った後、再び確認して下さったのです。
するとこのお宅の柴さんと飼い主さんはお散歩に出ていて、先程帰って来たということでした。

あーあ、「ふりだしにもどる」かぁ。
少し落胆しましたが、元気も回復していました。
ここで「いっかいやすみ」までするわけにはいきません。
家に帰り、チラシをダウンロード用に手直し、サイトにアップロードできた時点でもう日付が変わるそばでした。

そしてこの日、一方では別のことが動き始めていたのでした…。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す