蓮の歯が折れた!~犬の歯が折れたら~

それは2012年11月25日の夜。

「犬の歯磨きは楽しいよ!」の続きとして、具体的な歯磨きへの慣らし方を書く予定でいたのですが
思わぬハプニングが…。

いつものように蓮の歯を磨いていたところ、
右上の奥歯(第4前臼歯)の尖っている所(咬頭(こうとう)といいます)が欠けているのに気付きました。
よーく見ると、欠けた面にポツンとピンク色の点が…。

ここで歯のお話をしますと、歯の中には歯髄(しずい)という、神経や血管が通っている部分があります。
歯が折れたり、欠けたり、虫歯になったりして、歯髄が露出した状態を露髄(ろずい)」といいます。

露髄してしまうと細菌が歯の中に入り込み、歯髄に炎症を起こし、やがて根の先に膿をつくり、
ひどくなると膿が出口を求めて歯肉や顔面に「瘻孔(ろうこう)」という穴を開けてしまうことがあります。
こうなるともちろん歯は抜歯になります。

しかし早いうちであれば「抜髄(ばつずい)」という処置を行い、
歯の根の中の「根管(こんかん)」の中にまでに入り込んだ細菌や感染した歯髄を除去し、
「根管充填(こんかんじゅうてん)」という根管の中を封鎖する処置を行うことで、歯の保存が可能です。
つまり抜歯せずに済むのです。

私は元々歯科医師なのでよく解るのですが、このピンク色の点は露髄しているか、露髄一歩手前…。
露髄してしまった場合の厄介さ、恐ろしさもよく心得ているだけに、
できれば露髄していて欲しくないと心から思いました。

人間であれば今の状態なら「覆髄(ふくずい)」という歯髄を保護する処置をして、欠けた部分をレジンで修復して…
と治療の手順も頭に浮かび、そのようにするところなのですが、相手は犬。
やはり獣医さんに診察してもらうのが一番と、翌日朝一番でかかりつけの動物病院に行きました。

かかりつけの先生の診断では、
「欠けているだけで露髄はしていないので、経過観察でよいでしょう」
ということでした。
しかしどうしても収まらない、私の歯科医師としての感覚が。

人間であれば、これだけ大きく欠けて露髄寸前まで来ていれば、相当しみたり痛いレベル。
歯髄の保護は必要だし、欠けた所からさらに欠けてくるおそれもあるので
欠けた部分を修復し、今残っている歯の部分も保護しなければなりません。
しかし人間なら局所麻酔で行える処置でも犬の場合は全身麻酔をかけなければならず、
負担やリスクを考えると、欠けた歯にそこまでするよりは経過観察で…というのも一理あります。

でも。

万が一露髄していたり、露髄寸前で放置しておくことで歯髄炎(しずいえん)を起こしたら、
そちらの方がリスクが高く、蓮を苦しめることになるのです。

蓮をひっくり返して、何度も何度も欠けた歯をのぞき込みました。
心の中のどこかでは、このままで済めばいいのにという思いはあったのです。
治療をするとなれば、全身麻酔のリスクや、
犬の歯内治療という特別な治療を行っている動物病院を探さねばならないのですから。

蓮の歯を見ながら、純粋に歯科医師としての自分の目と感覚にゆだねました。
そして意を決しました。

…やっぱりこのままでは駄目だ。

受診することに決めた動物病院は我が家からかなり遠く、しかも雨でした。
知らない遠方に雨の中を車で行くのは少し不安がありましたが、
手をこまねいている内にどんどん悪くなってしまうかも知れません。
犬はあまり痛みを表現しませんが、痛いはずなのです。

こんなとき、パートナーを助けてあげられるのは飼い主だけです。
パートナーは飼い主を頼るしかないのです。
なのに飼い主に行動力がなかったり、面倒くさがったりしたら…?

これは子供が急に発病したり、ケガをしたりしたときなど、人間にもしばしばあることです。
「こんな時に熱を出すなんて…」 忙しいときなど、つい苛立ってしまう気持ちはよく理解できます。
それは仕方のないことかもしれません。
でも、そういう気持ちは心の奥に飲み込んで、病気の子供のために動くのが親というものです。

さらに可哀相なのが、経済的な事情で満足な医療にかかれないことがあるということです。
私が相談員をしていた学校でもありました。
校内の歯科検診で「要治療」と言われているにもかかわらず、
お金がないからという理由で、 親に治療費を出してもらえない子供たちがいました…。

今や犬は家族の一員です。
犬(パートナー)が不意の病気やけがになったときに
受診できる動物病院を探しておく必要性は以前もこのブログで書きましたが、
お金に関しても備えておく必要があります。
お金がなくて治療ができないなんて、目も当てられないほど悲しいではありませんか…。

蓮を助けられるのは私だけ。
遠かろうと、雨だろうと、そんなのは関係ない。
私は蓮を車に乗せ、目指す動物病院へ向かいました。

診察して下さったのは院長先生で、小動物の歯の治療でご高名で相当数の実績のある方です。
院長先生の診断と治療の説明は、すべて私の納得のいくものでした。

「犬だから仕方ない」 「動物だから大丈夫」
よくこう言う人がいますが、こんな昔の人の古い考えで目の前のパートナーの苦しみに目をつぶり、
今できるはずの治療をしないということは、私にとって考えられません。
愛するパートナーには最善のことをできるようにしておく。 それが飼い主の責任ではないでしょうか。
「犬だから仕方ない」 どう仕方ないんです?
「動物だから大丈夫」 なぜそう思うのですか?動物も痛みを感じるし、病気やけがで死にます。

私は蓮の歯科治療をお願いすることにしました。

さて、犬の歯について。
犬の歯が欠けたり、折れたりすることは、実はとても多いのです。

犬の歯は人間が思っているほどそんなに丈夫ではありません。
よく「歯やあごを丈夫にする」「歯垢や歯石が取れる」という名目で硬いオヤツやおもちゃが市販されており、
それを信じて与えている飼い主さんも少なくないですが、あまり推奨されることではありません。

まず第1に、すでに生えている歯が、硬いものを噛むことによって丈夫になるなんてことはあり得ないからです。
硬いものを噛めば噛むほど、どんどん歯がすり減るだけです。

第2に、歯が折れる危険があるということです。
犬の歯が折れた原因として、ヒヅメ、アキレス、骨がこの順に多いそうです。
これらは「歯石取りの効果があるから」といって与えている飼い主さん、多いですよね…。
果たしてそうでしょうか。

第3の理由は、硬いオヤツやおもちゃは歯垢除去・歯石除去には不十分だからです。
噛むことにより唾液の分泌が促され、口の中を唾液で洗い流すという効果は確かにあります。
硬いオヤツやおもちゃが歯面をこするという効果も期待はできますが、
歯面に当たった部分しか清掃できません。
噛むのに関与しなかった歯や、歯周ポケットの中までは掃除できないのです。

歯石予防にはきちんと歯磨きをするのに勝るものはありません。

私も蓮には硬いオヤツやおもちゃは与えないようにし、細心の注意を払ってきました。
それにもかかわらず、このように欠けてしまったのです。
硬いオヤツやおもちゃを与えている飼い主さんは、何か起きる前に止めることをお勧めします

何度も言いますが、犬の歯が折れることは多いのです。
歯が折れてしまうと、専門的な治療ができる獣医さんを探さねばならず、
検査や治療で莫大な費用もかかります
肝心なパートナーはと言えば、
歯は折れてしまうし、全身麻酔で治療を受けねばならないしで、負担しかありません

「うちの子は大丈夫」 これは絶対にあり得ないのです。
飼い主さん、よーく考えて下さいね。 

 

犬の歯磨きは楽しいよ!

愛犬の歯磨き、できていますか? 苦労されている方も多いようですね。

嫌がってちっともうまく行かない、無理にしようとすると噛まれてしまう、歯ブラシを見せただけで逃げて行く…

そんな飼い主さんも多いようです。 少し長いですが、まずはこの動画をご覧ください。

「歯みがきするよ」と言うと、喜んで飛んで来ているのがお分かり頂けるかと思います。

そして、歯磨き中も暴れたり抵抗したりしていないのが見て取れるかと思います。

「ドッグトレーナーが飼っている犬だから特別なんでしょう?」

このように言われることもあるのですが、そんなことはありません。

蓮は以前はひどい噛みつき犬でしかも警戒心が強く、

歯磨きなど到底できそうにないと途方に暮れるほどだったのです。

噛みつきの抑制を教え、何とか歯みがきにチャレンジできそうだと思ったのは

もう1歳になろうかという頃でした。

動画でもご覧頂けるように、今は歯磨きが大好きです。

さて、このようになるためには必要なステップがいくつかあります。

 

1. 身体のどこでも触れる関係になっているでしょうか

これができていない飼い主さんはかなりいます。

少なくとも愛犬が飼い主さんに抱っこされるのを嫌がらないこと、

マズル(口)に触っても平気なことが必要です。

歯みがきではどうしても愛犬の体と口に触る必要があるので、

触られるのを嫌がる状態では、どんなに歯みがきに良い印象を与えようとしても難しいのです。

 

2. 歯磨きに良い印象だけ与えること

「歯を磨かなければ」という焦りのあまり、「磨けさえすれば良い」とばかりに

多少無理に抑えつけてでも磨いてしまう飼い主さんもいます。

でもこれでは、愛犬が歯みがき好きになるはずはないですよね。

歯みがき、爪切りなどを愛犬が嫌がらず受け入れるようにするためには 決して強制してはいけません。

そして、歯ブラシや歯磨きに良い印象だけを与えて行くのです。

 

いかがでしょうか。

「うちの犬にも歯磨きしたい!」

「具体的にはどうやるの?」

という方は、お気軽にご相談くださいね!

 

 

比べないで

犬のしつけについて飼い主さんとお話をしていると、よく耳にすることがあります。
それは、つい自分の犬と他の犬を比べてしまうということです。
特に子犬期からまだ若い時期の犬の飼い主さんは、こういうことが多いようです。

「お友達の犬はとても頭が良くて何でもできるのに、うちの犬は何もできなくて…」
「以前飼っていた犬は無駄吠えを全然しなかったんです。でもこのコはすぐ吠えるんです。」
「こんなに教えているのにちっとも覚えない。同じ年頃の犬はもうできるのに…」

私は歯科医や学校でのカウンセラーとして、お子様を持つ親御さんのご相談にも応じてきました。
そういった経緯もあり常々思うのですが、犬を育てるという事と子育ては本当によく似た点がたくさんあります。

子を持つ親、特に母親は、自分の子供の成長をつい同年齢の他の子と比較してしまいがちです。
そもそも人は他人と自分を比較することにより社会の中での自分の程度を推し量るものなので
自分の子供を他と比べるのも無理からぬ話ではあるのですが、 比べて、何を量っているのでしょうか?

自分の子が他の子よりも進んでいたり、優れているときは安心します。
しかしそうでない場合は、その子の未熟さや能力の低さを嘆いたり、自分の親としての至らなさを責めたりします。

さて、飼い主さんの場合はどうでしょうか。
まず、他の犬と自分の犬を比べて焦りを感じている飼い主さんは、
他の飼い主がしっかりしつけをできているにもかかわらず自分は出来ていないという、
飼い主としての至らなさや無力さを感じているという傾向が見られます。
また、「うちの犬はバカなんですよ」と言ってしまうことにより、
しつけができていないことへの言い訳をすると同時に、自分の犬への諦めを自分自身にもたらしている様子も見受けられます。

再び人への例えに戻してみましょう。

あなたは子供や学生の頃、他の子や兄弟と比較をされて嫌な思いをしたことはありませんでしたか。
怒りや、恥ずかしさや、寂しさを感じはしなかったでしょうか。

犬は他の犬と自分が比較されているということは理解できないでしょう。
しかし、飼い主さんが自分に対して抱いている不満はしっかり感じ取ります。
「もう…この子は!」
「だめだねぇ」
こんな言葉や態度は犬の自信を失わせ、悲しい思いをさせます。
トレーニングも嫌いになってしまいます。

犬のトレーニングは上手に行えば飼い主さんも犬もとても楽しいものなのです。
どうか他の犬と比べず、焦りや恥ずかしさやいら立ちを感じてもぐっとこらえて、
愛するパートナーのために表に出さないであげて下さい。
他との比較はあくまでも、おおよその程度を知る一つの目安にとどめておく方が良いでしょう。

愛犬は主人である飼い主さん、あなただけを見ています。
どうぞ飼い主さんも、目の前のパートナーに無償の愛を注いであげて下さい。

 

 

襲ってくる、寂しい時間

今日はお散歩日和の休日でした。
愛犬と行楽を楽しまれた方、愛猫と一緒に日向ぼっこを楽しまれた方など
いろいろな過ごし方をされたかと思います。

我がパートナーの蓮はイタリアン・グレーハウンドという犬種で、
オーナーの間では大変な寒がりで知られています。
そのため、お散歩に行く時間を季節によって大幅に変え、冬場はできるだけ暖かい時間に行かないといけません。
そのため、冬が来ると「ああ、昼頃にお散歩に行きたいなぁ」と思うようになります。

さて、ペット(パートナー)を失くした人の話ですが
一日の中で、とても寂しい気持ちに襲われる時間帯があることがあります。

そう、パートナーと何かをして過ごしていた時間です。

「あの子にご飯をあげる時間だ」 「今頃は毎日散歩をしていた時間なのに…」

など、思い出してしまうのです。

こんな時は、「パートナーとのための時間」という感覚から、
「自分のための時間」という考え方にに切り替えると良いようです。
ご飯を与えていた時間は読書の時間にする。
散歩に行っていた時間はゆっくり入浴する時間にする。
このように考え方と過ごし方を切り替えていくことによって、
悲しみが時間によって思い出されていた状態から、 少しずつ解放されていくことが期待できます。

 

 

子供を犬に慣らす。犬を子供に慣らす。

今日の日中は晴れてとても暖かい日でした。
私も蓮のお気に入りの公園までお散歩に出かけました。
そこで、とても素敵な体験をしました…。

蓮

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんを連れた女性が、「犬に近付いてもいいですか」と声をかけて下さったのです。
赤ちゃんはおそらくお孫さんでしょうか。

犬と歩いていると、よく小さなお子様連れの方に出会います。
お子様を犬に慣らしたくて近付けてくる方も少なくありません。

しかし、犬にとって「人間の子供」は、人間の大人とは別の生物と認識されていると言われています。
犬自身が子犬の頃から、人間の子供とふれあう機会が十分にあり慣れていればいいのですが、
そのような機会のなかった犬の場合、突如子供に近付かれると警戒して跳びかかったり、噛みついたりするおそれもあるのです。

子供を犬に慣れさせ、犬は怖いものではないということを覚えさせると同時に、
すべての犬が安全な犬とは限らないということも教えなければなりません。
しかし、そこができていない親御さんが多いように思えます。
小学生くらいの子供になると、犬をみかけると不用意に近付いて手を出してくる子が結構います。

そして、これと同じことが犬の飼い主にも言えます。
犬を子供に慣れさせ、怖いものではないということを学ばせなければなりません。
「うちは小さな子供と接する機会はないからそんな必要はない」 と思っているようなお宅でも、
散歩に出かければ子供は周りにたくさんいます。
子供に危害を加えないという安全のためももちろんですし、
子供に慣れていない状態でのお散歩は、愛犬にとって恐怖やストレスになることもあるのです。

今日お会いした女性は、子供を犬に慣れさせ、危険も教えるということをとても良くご存じの方でした。
赤ちゃんは蓮に興味津々で喜んでくれたようですし、子供好きの蓮もとても楽しませて頂きました。

人も犬も、お互いをよく知り、なじんだ社会になるといいですね。