アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー合格

20130219103625.jpg

蓮 「かばさん、何か届いたよ。」

おお、これは!

IMG_20130219_202858.jpg

ジャ~~~ン!!
なんとこの度、ホリスティックケア・カウンセラー」の上位資格である
アドバンス・ホリスティックケア・カウンセラー」に合格したのです!!

西洋医学バリバリの私ですが
多くの飼い主さんが、手作り食やアロマセラピー、マッサージなどの健康法に興味を持っていることを考え、
思うところあってホリスティックケアを勉強しました。
ホリスティックケア・カウンセラー資格を取得したものの、勉強の過程では西洋医学との矛盾やエビデンス(根拠)の乏しさに気づき、
それがどうしても気にかかってしまいました。

私はどの立場で仕事をする時も、「根拠があること」を身上としています。
患者さんやクライエントさん、飼い主さんにいい加減なことは伝えたくないからです。

「こんな根拠の乏しいものは信用ならない」と背を向けるのは簡単ですが
私の場合、「実際のところはどうなのだろうか」ととことん追求したくなるのです。
また、よく知りもせずに批判することは好ましくないことだと思っています。

そこで、さらに上位に進み、自分の納得が行くところまで疑問を追求してみることにしたのでした。

蓮 「そういえばかばさん、どこかにお勉強しにコツコツ通っていたよね。」

そうです…

 

DSC_0101.jpg

代官山の坂道を上り…

DSC_0102.jpg

DAIKANYAMA T-SITEへ。

DSC_0110.jpg

ここがかの有名なGREEN DOG代官山です。

DSC_0105.jpg

巨大な犬のオブジェが!ドッグランから飛び出しています!!

こ~んなオシャレな場所で、内心気後れしてクラクラしながらも
個性豊かで素敵な仲間に恵まれながら、講習を受ける日々を過ごしていたのでした。

朝に教室に入っても…

 

DSC_0093.jpg

出る頃には真っ暗。 仕事や勉強が終わって外に出ると真っ暗って、寂しいんですよね。

そんな日々を経て、恐怖の試験!!!
この試験がまた、並大抵の試験ではないのです。
確認テスト程度のものだろうと高を括っていたら大間違い。
アドバイス・ホリスティックケア・カウンセラーを名乗り飼い主さんにアドバイスをができるようになるためには
それ相応の難易度の試験であってもらわなくては困るのですが、
やはり自分が落ちるのは避けたいものです。

忙しかったり体調が悪かったりで、まるで勉強をする時間も取れず、
時間が取れなかったことがさらに緊張を高め、試験期間が終わるまでは心が休まりませんでした。

 そして…

合格の通知!!

講座の方からは

「非の打ちどころのない内容で、 合否判定会議の試験官全員が納得の合格でした」

という、一生心に残る有り難いお言葉を頂きました(´Д⊂ヽ

肝心の当初疑問に抱いていたことは、アドバンスコースを受けたことにより
講座の方や講師の先生方の忌憚のないご意見を伺うことができたお陰で、 自分なりに落とし所を見つけることができました。
それは妥協でも迎合でもなく、「根拠に基づく」という私のポリシーはそのままに、
さらに飼い主さんとパートナーの為になる引き出しを増やすという形に発展できたと実感しています。

蓮 「かばさんの新しいスタートが始まるんだね。」

……

蓮 「かばさん!?かばさん!!?」

はっ!(゚Ω゚;) 

蓮 「脅かさないでよもぅ~。目を閉じたまま動かないから、虹の橋に行っちゃったかと思ったよ!」

やめてよ縁起でもない。しみじみと回想に浸っていただけだよ。 思い出が走馬灯のようにグルグルなんてしていないんだからね。

 

資格を取ってこれでゴールだと気を抜かないよう、 せっかく努力して得た知識を無駄にしないよう、
これまでの思い出をここに記して、次への決意としたいと思います。

 

 

うんちが出ないのはコーもモンだい

ある日の朝方、うーーんとふんばるも、どうしても出なかったのです。

いきなり唐突でしたね。

蓮のウンチが出ないのです。

こんなことは初めてでした。

結局、その日は何度かふんばりましたが出ず。 少し心配になってくる私。 蓮はもっと不安そうな様子です。

うんちが出ない.jpg

お散歩でもふんばってみましたが、出ない…。

蓮のお尻01_07_2.jpg

泣きつく蓮。 「かばさーん。あたし、うんちが出ないよぅ。」

お尻を見てみると、肛門の左側がこんもりと膨らんでいます。

蓮のお尻01_07.jpg

触ると固い。 これは…もしかすると出口の寸前でで固い便が引っかかっていて 中から押しているために出ないのでは?

これ以上便が出ないのを我慢させるのも良くないので、動物病院へ。 そこで受けた処置は、ナントと言うかやっぱりというか、

摘便

つまり、先生が蓮のお尻の穴に指を入れて、詰まった便を掻き出すのです。

病気や高齢で自力排泄ができない場合によく行われる処置ですが、
蓮、まさか2歳半の若い身空でこんな処置を受けるとは…(;´Д`)

詰まっていたと思われる便を出してもらい、 その日の夕方はまた自分で排泄ができました。

ああ、良かった良かった。

と、思ったのですが…

翌日、また出ないのです。

排便姿勢を取る度に、出ますように出ますようにと願うようになってしまいました。
健康に、正常に戻って欲しいという願いや焦りというのは辛いものです。

願いを込めて、そっと尻を覗き込む…

ん?んん? 赤くなっていないか?

便が引っかかっていて赤くなったとしても、昨日の処置で発赤は引くはず。 なのに発赤がひどくなっているぞ。

これってもしかして、肛門腺が腫れているのでは?

蓮の肛門腺は自宅で私が定期的にしぼっていますが、なかなか出ません。
蓮の肛門腺液は液体ではなく、固体に近いくらいのペースト状なのです。
だから詰まってしまう危険が高く、注意してきたつもりでした。

詰まってしまったか?

昨日行った獣医さんを再び訪れます。 状況を話すと、確かに肛門腺かも知れないとのこと。

歯科でも歯肉が膿んで腫れて来る患者さんが結構いますが、 そういう時は切って膿を出す処置をします。
「ギャー」って?もちろん麻酔をしますよ。

「もし中で化膿していたら、切開・排膿でしょうか?」
「そうですね。腫れがひどくなって破裂するよりは、膿を出してやった方が治りも早くてきれいなので。」

確かにその通りだと思います。

「その場合は局所麻酔ですか?」
「いえ…麻酔の注射をしている方がかえって痛いので、一気にいきます」

確かにその通りだと思います(泣笑)

局所麻酔の注射をプスプスと何度も刺せば刺される痛みは数回。
それならば、膿を出すために太めの針をブスッと1回刺せば、痛みは1回です。

一応、獣医さんと動物看護士さんが肛門腺を代わる代わる絞ってみてくれましたが、
血性の浸出液のようなものが出ただけで、膿も肛門腺液も出ませんでした。
獣医さんがおっしゃるに、「たまってはいなさそう」とのこと。

歯科で歯肉が腫れた場合の切開・排膿の目安は、 触って波動を感じる、
つまり「ぼよんぼよんと中に液体が溜まっている感触があること」です。
十分に溜まっていない状態で切っても、膿が出ないので無駄なのです。

蓮も同じでした。
「抗生物質を飲んでも腫れが引かず、ぼよぼよとした感触になったら来てください。 (切りますからー!)」 でした。

ううっ、破裂するのも切って膿を出すのもかわいそう。 どうか抗生物質よ効いておくれーー!!

で、翌日…

蓮のお尻01_08.jpg キタナイ画像でスミマセン

まだ赤く腫れています。 効いて効いて効いてきいてきいてきいてきいて

蓮「かばさん、うるさいよ…」

さらに服用すること3日…

蓮のお尻01_11.jpg もっとキタナイ画像でホントスミマセン

黄色い膿が排出されています。 まだ少し赤いですが、腫れが引いてきて、腫れていた部分はしぼんだ感じになってきました。

ヤッタ!

こうして1週間後には、正常なお尻に戻ったのでした。

ひどい目にあった.jpg

蓮「ひどい目にあった上に、かばさんに恥ずかしい写真を公開されて、もう人前に出られないよ。」

ごめんね蓮。 こうして症例をお伝えするのも私達の役目。 パートナードッグとしてのお勤めご苦労さん!

結局、肛門腺液が溜まっていたわけではなく、
何らかの原因で感染を起こし腫れてしまったのだろうということでした。
しかし肛門腺液が溜まると腫れたり破裂したりすることがありますので、
これを読んで下さっている方のワンちゃんも、定期的に絞ってあげて下さいね。

 

 

犬のシャンプー、どんなシャンプー?

今日は蓮のシャンプーをしました。 お気に入りのシャンプーが届いたのです。
もうずっと使っているものですが、新しいものが手に入ると気分も新鮮になりますね。

蓮の愛用シャンプーはこれです。

ベストわんシャンプー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃ~ん! その名も「ベストわんシャンプー」!!

イタリアン・グレーハウンドのブリーダーさんである CHエリーの店 EVERY ONEさんで企画販売されている商品です。
チャンピオン・エリー様のご尊顔が。気高く美しいですぴかぴか(新しい)

蓮は幸いなことに皮膚は丈夫です。
運悪く発作と歯のトラブルには悩まされてしまいましたが、それ以外の健康上の問題はなく、嬉しいことです。
「一病息災」で、かえって健康に気遣えるとも言えます。
しかしアレルギー等がないからといって、安全性に信頼の置けないシャンプーを使う気にはなれません。

犬はよく自分の体を舐めていますね。
披毛にシャンプーの成分が残留しやすいと、その時に体内に入ることになります。

市販のシャンプーもあたかも自然であるかのような謳い文句のものがたくさんあります。
自然派 天然成分使用 などなど…。
でもこう書いてあっても、化学合成の成分に天然成分を入れただけかも知れません。
これでは何の意味もありません。

この「ベストわんシャンプー」は、泡切れが良くてスッキリです。
そして成分がすごい。

オリーブ油、ココナツ油、パーム油、ホホバ油、タイソープ、植物混合エキス、ヒノキチオール、植物性ワックス

これでもかというほどの完全無添加です。当然、い~い香りの香料も入っていません。
えっ、残念? そうでしょうか。
犬の嗅覚は人間よりもずっと優れています
それに人間が良い香りと思うものでも、犬にとっては別に良い香りではないかも知れません
好きではない香りが始終体から感じられたら、人間だって嫌ですよね。
そう、犬用シャンプーの「良い香り」は人間のために過ぎないのです。

おっと、このシャンプーが好き過ぎてつい熱く語ってしまいました。

シャンプー中の蓮

 

 

 

 

 

 

 

 


蓮 「泡立ちは少ないからすすぎやすいし、洗い上がりはサッパ
リでなめらかだよ。」

蓮の入浴

 

 

 

 

 

 

 

 


蓮 「春はもうすぐだけどまだ寒いから、みんなも湯冷めしないようによ~く温まってね」

 

 

宮沢湖のワイルドなドッグランでスーパー待て!

楽しすぎるレイクサイドパーク宮沢湖のドッグラン。

もっともっと色々チャレンジしたくなりますが、蓮さんに少しお疲れの様子が見えてきました。

ドッグトレーニングでは、犬も人も「楽しい!もっとやりたい!」と思うところで止めておくのがポイントです。

美味しいものも食べ過ぎるとウッときますが、食べ足りないとまた食べたくなるでしょう?

せっかく遠くまで来たのだし、湖の周りが遊歩道のようになっているので、 ちょっと散策してみましょう。

miyazawako

水も空気もきれいです。

miyazawako_2

またしても昭和の香りの遊具が…。

昔は家族連れで賑わったのでしょうね。 売店も今は閉じてしまっています。 なんだか寂しいな…。

さて、ぐるりと一周して、またドッグランに戻って来ました。 蓮さんやれる?

私の狙いはただ呼び戻すだけでなく、待たせることです。

知らない場所。高低差。距離。藪(笑) この条件下で果たして蓮さんはやり遂げてくれるでしょうか!?

み、道が険しい…。 私が転びそうです(-_-;)

とても良い感じにできかけたのですが、上ったところにある大型犬用のドッグランにいる犬に 気を取られてしまっています。

残念ですが、失格です。 もう一度!

今度はうまくできたね!

スタートしてすぐ、「かばさんはどこだっけ?」と再確認してからまた走り出しています。

むしろ私が疲れてきました。声が上ずって震えています(笑)

ところで、「待て」をかけてから私が「そうだよ~」「イイコだね~」と励ましていることにお気付きでしょうか。

よく、「待て」をかけたものの犬が動いてしまうのを阻止したくて、

何度も何度も 「待て!待てだよ、まてまてまて…待てっ!」 と連呼しているのを見かけますが、

指示はあくまでも1回」 です。

その代わり、「待て」の状態でいることをこのように褒め、励まします

それでは最後に、蓮を高所で待たせから呼んでみましょう。

やりましたーー!

私も蓮も大満足して、ドッグランを後にしました。

ところでこのドッグラン、暖かい季節には虫や蚊が出そうですね。

景色は春からが美しくなり楽しめそうですが、 ドッグラン目当てなら秋~冬が落ち着いて遊べそうです。

また来ようね、蓮!!

 

おまけ シュール!!(笑) レイクサイドパーク宮沢湖はこんなに親切です(∩´∀`)∩

miyazawa_tochinomi(1)

 

 

宮沢湖のワイルドなドッグランでスーパー呼び戻し!

前回の記事で「イチョウ葉」について触れましたが、犬にも認知症があるのをご存知でしょうか。
特に柴犬などの和犬に多いそうです。

認知症を防ぐためには、変化に富んだ刺激のある生活をすることが大切です。
認知症予防に限らず、様々な経験をすることがストレスを解消し、
社会性や情操の発達に役立つのは言うまでもありません。
人も犬も同じですね。

そんなわけで、我が家では今まで行ったことのない所でも出来る限りどんどんチャレンジするようにしています。

今回は埼玉県飯能市にある「レイクサイドパーク宮沢湖」に行ってきました!

ここにはワイルドなドッグランがあるそうなのです。
森をそのままドッグランにしたような感じで、平地ではなく斜面だとか。
蓮は山や林が大好きです。
斜面なら足腰を鍛えるにも良さそうですね。
これは行ってみるしかありません。

着きました!広々とした駐車場です。看板に昭和のにおいが感じられます(笑)

駐車場から歩くこと約10分、ここがドッグランの入口です。
向かって左手が小型犬、右側が中型・大型犬の入口です。
おおぉ、森…というか、林…。そそられます!
さあ行こう蓮!!

とってもかわいいポメラニアンの男の子が先に遊んでいました。ままずはご挨拶。よろしくね♪

このドッグランは平地がほとんどなく、ひたすら斜面です。
しかもジグザグ状の斜面になっていて、立ち枯れた木などが残っていて足場も険しい。
うーんワイルド! 野生に還ったみたいで血が騒ぎます!!

蓮「かばさんが野生に還ってどうするの…」

そうでした。 野生の血ではなくて、トレーナーの血が騒ぐに改めます(^^ゞ

さて、これだけの広さ(高低差)があれば、やってみたくなるのが「スーパー呼び戻し」。
まずは近距離から

まずまずの出来です。少し距離を延ばしてまたやってみます。

悪くない!悪くないぞ蓮!!
では次に、私が低い所に降りて、高い所にいる蓮を呼んでみます。
私がどこにいるか分からないので、犬笛を吹いて合図しています。

犬笛なので音がほとんど入っていませんが、蓮がハッとなって駆け出すのが犬笛を吹いた瞬間です。

こんな具合で、私も蓮もノリノリです。

楽しすぎて私のトレーナー熱はさらにヒートアップし、トレーニングはさらにエスカレート(?)していくのです。

(次回に続きます)

 

 

犬のてんかんとサプリメントについて考えてみよう

愛犬のてんかんでお悩みの飼い主さんは、かなりたくさんいらっしゃるようです。

治療についても、

「薬の副作用で愛犬がふらついたりボーッとしているのを見るのが辛い。」 「肝臓に負担をかけると聞いたので怖い。」

などの声をよく聞きます。

この気持ちは私もとてもよく理解できます。

また人によっては、終わりが見えずいつまで続くとも分からない治療は 経済的に負担が大きいという飼い主さんもいらっしゃることでしょう。

てんかんの治療が必要になる目安としては、

  • 月に1回以上(または3か月に2回以上)の発作がある
  • 3か月に1回以上の発作があり、発作の間隔が短くなってきている
  • 1日にに2回以上発作が起きる
  • 1回の発作が30分以上続いたり、意識状態が完全に回復する前に次の発作が起こったりする状態(てんかん重積)

が言われています。

てんかんの発作は次の発作の原因となると言われています。
また、今回の発作は前回の発作の結果であるとも言われているのです。
つまり、てんかんは適切な治療をしなければ、徐々に進行する病気なのです。
ですから経過観察の間もできるだけ発作を抑えたいものです。

そこで、ホリスティックケア・カウンセラーとしての知識から、ハーブのサプリメントを試してみることにしました。

てんかんに効果があるとされるハーブは

スカルキャップ…神経の鎮静作用、抗けいれん作用

ゴツコーラ…血流改善、鎮静作用、脳の機能改善

バレリアン…鎮静作用、抗けいれん作用

イチョウ…脳の血流改善

パッションフラワー…鎮静作用、抗けいれん作用

がよく知られています。 これらが含まれているサプリメントを探して、実際に試してみました。

 

<その1> ヒルトンハーブ トランキリティ

愛犬がてんかんの飼い主さんの間で有名なサプリのようです。
上記の成分のうち、スカルキャップゴツコーラバレリアンが使用されています。
効果の程は効いているのか効いていないのか特に実感はありませんでしたが、
ハーブを乾燥させて砕いた「そのまんま」なので、自然なものだという安心感があります。

ハーブの香りが強いので、パートナーによっては食べたがらない子もいるかも知れません。

 

<その2> ビガープラス バイタル

犬専用プレミアムサプリメント ビガープラス バイタル

ヒルトンハーブ トランキリティの次にこれを試してみました。

イチョウ葉が含まれています。
イチョウ葉は脳の血流を改善するとされ、脳の老化防止や認知症対策で人にも用いられています。
しかし血流改善がてんかんに効くのだろうか…。
疑問を持ちつつ、お値段を見てさらにビックリ!
ぼったくりじゃないのか…?
わらにもすがりたい飼い主さんの心理を利用した商品ではないのか…?
半信半疑がつのりますが、エイヤっと注文してみたら、これがなかなかどうしていいんです。

嫌なにおいや味もないし、発作間隔が随分と延びました。

<その3> アズミラ カーム&リラックス

ビガープラスも良かったのですが、いかんせんお値段が(;´∀`)

ビガープラス並の効果があり、それでいてお手頃な価格ならそれに越したことはありません。
で、口コミ等を利用して探してみたのがこれです。
スカルキャップバレリアンが使用されています。
液体で、スポイトのついたボトルに入っているので、使う際に手間がありません。
味はとても苦いのですが、与えるのは少量なのでフードに混ぜてしまえば影響なし。
1回に与えるのが数滴なので、とても長持ちします。

肝心な効果も、ビガープラスに匹敵するくらい発作間隔を延ばすことができました。

以上、Ataraxiaで実際に試したサプリメントをご紹介してみました。
この記事を読んで下さっている方の中には、
パートナーのてんかんでお悩みの飼い主さんもいらっしゃるかも知れません。
ハーブやサプリメントは体質改善や治療の補助として使う分には良いと思いますが 
それを過信しないようにご注意下さい。
てんかんに限らず、薬は副作用の心配もつきまとうものですが
薬を止めてしまってサプリメントに頼り切ることは、決してパートナーのためにはなりません。
かかりつけの獣医さんとご相談の上、パートナーのために一番良い選択は何なのかを考えてあげて欲しいと思います。