その言葉は通じていますか

飼い主さんとお話をしていると、よく聞く言葉があります。

「うちの犬、〇〇をしちゃうんで困っているんですよ。『ダメ』って言うんですけどね~。」

つまり「ダメ」と言うにも関わらず犬が悪さをしてしまうと。
飼い主さんは「ダメ」と言うことで、きちんとしつけをしているつもりになっているんですね

「『ダメ』と言うと、ワンちゃんはどんな反応をしますか?」
「聞かないですね~。」
「では、『ダメ』という言葉の意味が分かっていないのではないですか?」
「え…」

こう言うと飼い主さんは意外そうな顔をします。

私達は言葉を当たり前に使えているがために、
犬にもその言葉が通じると錯覚し、思い込んでいることが往々にしてあるのです。

こんな空想をしてみて下さい。
もしもあなたの乗っている宇宙船がどこかの星に不時着したとします。
そこには宇宙人が住んでいるのですが、言葉が通じません。

あなたは飢えて、その星に生えている草を食べようとしました。
すると宇宙人が 「ベレビバ!」 と叫びながらその草を奪い取りました。

あなたはきっとびっくりするでしょう。
訳が分からないと思いながらも、またその草を食べようとしました。
すると宇宙人がすかさず 「ベレビバ!!」 と叫んで邪魔をするのです。

いくらその草を食べようとしても、宇宙人がやってきて「ベレビバ」と言い阻止されてしまいます。

そんなある時、あなたはきれいな泉を見つけます。
泉の水を飲んでみようかとしたその時、また宇宙人が言うのです。
「ベレビバ!!」
あなたはきっとハッとして飲むのを止めるでしょう。

そして泉をよく見ると、魚が腹を見せて浮いていました。 泉の水は毒だったのです。

そこであなたは気付きます。
「ベレビバ」 とは、「だめ」とか「いけない」という意味だったのだと。
あの草もきっと食べてはいけないものだったのでしょう。

たった一言の言葉を覚えるのに、なんと長い道のりでしょう。
しかし我々も生まれたばかりの頃は、 こうして状況からの判断や試行錯誤を繰り返しながら言葉を覚えてきたのです。

このように考えると、わずか数歳でしかない犬が、ましてや人間ですらない犬が、
最初から言葉を理解できないのは至極当然
のことなのです。

それではどうすれば良いのでしょうか。
思い浮かべて下さい。
子供の生まれたお父さんやお母さんが、自分を指さしながら一言一言「パパ」「ママ」と教えている様子を。
子供が「パーパ」「マーマ」などと口にすると、お父さんやお母さんは大喜びします。
そんな親の姿を見て子供は嬉しくなり、その目に映っている相手をまた「パパ」「ママ」と呼んでみる…
こうして繰り返されているうちに言葉を覚えていくのですよね。

犬に対しても同じです。
「ダメ」ならダメな状況を作り、その行為を止めなければいけないということを
根気よく根気よく教えていかなければ解らないのです

口先だけで「ダメ」と言って、飼い主の義務を果たしたつもりになってはいませんか。

 

 

縁石deドッグウォーク!

ここらで一息ついてドッグトレーニングの小ネタをば…。

ツイッターで教えて頂いた小技 「縁石ウォーク」!!

道路の脇で手軽にできるドッグウォークです。
いつものお散歩にちょっとした刺激が加わっていいですね(´∀`)☆

蓮には「上がって」「伝って」「降りて」の指示と、
人の手を追従するということを教えてありますのでスムーズですが、
初めてチャレンジするにはオヤツ等で引きつけながら行うといいと思います。

手順は以下の通りです。

1. まずオヤツを手に持ちます。
2. 犬の鼻先に近付け、犬が縁石に上がるようにオヤツで誘導します。
3. 犬が上がるとほぼ同時のタイミングで「上がって」など、自分で決めた指示をかぶせます。
4. 上がったらそこで降りないように手でそっと押さえ、静かによく褒めてあげます。
(覚えるまではオヤツのご褒美をあげてもいいでしょう。)

これができるようになったら、

5. オヤツを持った手で誘導し、縁石の上を歩かせます。
6. このときに「歩いて」「伝って」など、指示をかぶせます。 上手に歩けたらまた褒めてあげて下さい。

という具合に教えていきます。

チャレンジする際は、くれぐれも車の通りの多い所は避けて下さいね!

 

 

缶詰を買いに~デビフ

寒い冬が北方から、イタグレ主従の棲んでいる町へもやってきました。
或朝玄関から飼い犬のイタグレが出ようとしましたが、
「あっ」と叫んで鼻を押さえながらかばさんのところへころげて来ました。

…その日は寒い寒い日でした。 蓮と買い物に出かけようとしましたが、
あまりにも寒いので、珍しく蓮をスリングに入れて出かけました。

スリングでお出かけ.jpg

よそのイタグレさんがスリングに入ってお出かけしている姿をよく見かけますが、
我が家では基本的に「独歩患者は歩けー!」のノリです。

蓮 「野戦病院じゃないんだから…。」

あんまりにもスリングが気持ち良かったのか、どうしても出ようとしないので
車内では「スリングごとカルソニックの刑」です(笑)

スリングでカルソニック.jpg おとなしく受刑中。まんざらでもないらしい。

さて、向かう先はペットショップ。
大恩ある犬用ミニブログ「ファーピース」で、デビフの「うちのコの手作りレシピキャンペーンを行っているので、
それに参加すべく、デビフの缶詰を買いに行こうというのです。

いざ店内.jpg

ずずずいっと店内へ。やって来ました!

デビフ発見.jpg デビフ発見!

デビフに釘付け.jpg おっおっ。

蓮さん、デビフにさっそく釘付けです。

甘ちゃん.jpg いっぱい買ってね、かばさん♡

この、この…甘ちゃんめ~(*´ω`)
かわいこぶりおって!コイツゥ~(≧▽≦)
うい奴!なんでも買ってやるぞ、ヨシヨシ。
(もうすっかり骨抜きです。ドッグトレーナー形無しです(笑))

ラムさつまいも.jpg こんなのどうかな? 蓮 「いいね!」

牛肉角切りシチュー.jpg 牛肉角切りシチューだって。 蓮 「頂きましょう!」

とろ~りレバー.jpg とろ~りレバーだってよ。 蓮 「食べる!」

数チェック.jpg 蓮 「3個、か…」

こやつ、数をチェックしております。 さぁ、もういいでしょう。買って帰るよ。

やだやだもっと.jpg 蓮 「やだやだもっと!もっと買って!」

…なんてワガママなんだ。

そんなこんなで蓮様の言う通り、缶詰をゲットして来ましたよ。

………が、缶詰を買ったものの、忙しさにかまけてなかなか調理に移れず。
頭の中では壮大な構想だけは浮かぶのです。

せっかくアドバンス・ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取ったのだから、その知識の粋を集めたものを作ってやろう!

とか、

最近私の周囲では愛犬のてんかんに悩む人が多いので、てんかん持ちの子に適した食事を考えてみよう!

など。

私の悪いクセでして、大きなことを色々考えて、壮大になるあまり
実行するのが難しくなってしまうのです。

そうこうしている内に、キャンペーンも締切日。
駆け込みになるけど、作る!! 蓮、私は作るよ!!

待つ蓮.jpg

キッチンのゲートの外で見守る蓮。 期待と不安が入り混じった目で完成を待っています。

そして…

犬用プレートごはん.jpg

ジャジャジャ~ン!! 名付けて「デビフ リゾットのプレート」!!

蓮 「いつも、忙しいだの疲れただの言っているけど、追い込まれればできるんだよね。
だったら普段だってできるはずなのにね。」

はいはいその通りですよ。

材料や調理のプロセスなどは、こちらをご覧下さい。
http://www.furpeace.com/statuses/154977

我が家では手作り食にすることは滅多にありません。ドライフードに半生肉をトッピングする程度です。
缶詰やレトルトも月に1度くらいです。
(それには理由がありますが、そのことに関してはまたいずれ。)

蓮さん、食べてくれるかな?

いただきます.jpg
蓮 「なんかよくわからないけど、すごくイイニオイがする!早く食べたいーー!」

よし!

おいしいよ.jpg
蓮 「頂きますッ!!」

デビフの缶詰を使った手作りごはん、ものすごく美味しかったようです。
いつになくがっついて食べてくれました。 私も、重い腰を上げて作った甲斐がありました

オマケ動画

蓮ってば、律儀にお行儀よく三角食べをするんですよ(笑)