ありがとう、さようなら宮沢湖ドッグラン!!

2014年9月23日(火)、私達は埼玉県飯能市の「レイクサイドパーク宮沢湖」へ再び行ってきました。

ここには以前記事にしたように、斜面むき出しのワイルドなドッグランがあり
「待て」や「呼び戻し」を行ったり、散策したりととても楽しい思い出を作ったのです。
「また来ようね」と言っておきながら、1年半以上も訪れる機会を失っていました。

ところが、レイクサイドパーク宮沢湖では解体工事を行っていて、
ドッグランも解体・閉鎖されることを犬仲間から知りました。

あの楽しかったワイルドなドッグランが…無くなる…。
トレーニングでも満足な出来を残せて嬉しかったあの場所が、無くなる…。

ドッグランは10月1日までの開園だそうで、もう残り日数がありません。
「また来ようね」と言った蓮との約束をどうしても果たしたい。
矢も楯もたまらず、宮沢湖へと向かいました。

miyazawako (3)

 

もっと鬱蒼としていたのに、何だかぽかっと開けています。
道の舗装も剥がれています。

miyazawako (2)

工期予定。
以前の記事でも書いたように、もう稼働していないような遊具や売店がありました。
冒険の森、アーチェリー、メリーゴーランド、なかよし動物園…
こんなにあったのですね。
最盛期には子供達や家族連れの笑顔があふれていたであろうに、
今は某ネズミの王国とかそんなのばかりに人気が集まってしまうのでしょうか。
寂しさがつのります。

miyazawako (4)

以前の記事で昭和の香りの遊具の写真を載せた場所のそばです。
何もない…。

 

そしてドッグラン。
あ、あああ…!!?

miyazawako (5)

10月1日までは遊べると思っていたのに、もう解体されている…!?
ショックでしばらく立ち尽くすのみ。
ああ、この場所は入口の…、あの斜面は…、など思い出と重なります。

miyazawako (6)

仕方ないので記念撮影。
蓮「解体されている場所で記念撮影ってのも、なんだかなぁ。それに何?その満面の笑みは。」

かなしみをえがおでかくしているのですよ。

 

miyazawako (7)

以前の記事で「水も空気もきれいです」と紹介した場所です。
緑の柵で覆われ、すっかり雰囲気は変わってしまいました。

仕方ないからお散歩代わりに湖の外周をぐるっと周ろうと、
とぼとぼと歩いていると…

 

んっ!?んんんっ!!?

miyazawako (8)

ドッグラン、まだありましたーーーー!!( ;∀;)

蓮「さっきのは場所を間違えていたね…(恥)」
そうだね。
どうしてこんな工事現場で記念撮影しているのだろうと、通行人の方々は不思議に思っただろうね(照)

miyazawako (9)

蓮「さあさあ、さっそく遊ぶよっ!早く入れて入れて!!」

 

二重扉の内側が壊れているので、ベンチを倒して塞いであります。
水道は前回来た時から既に壊れたままですし、整備も追いついていなかったんですね…。

 蓮「じゃ、カッコイイところ見せちゃう♪」

 

miyazawako (10)

蓮「どうせあと1週間でなくなっちゃうんだから、『蓮これにあり』の軌跡を残すよ。」
(悪いね蓮。後でマナーウォーターかけておくよ。)

miyazawako (11)

今度はまともな記念撮影になりそうです(^_^;)

今回このドッグランに来たかったのはもう一つの理由がありました。
それは、前回にできた「スーパー待て」と「スーパー呼び戻し」が今もきちんとできるか確かめることです。

蓮「えっ!?あたし、今やプロ犬だよ?疑うなんてひどいなぁ。」

と蓮は言っておりますが、犬も日々練習を重ねていないと技量が落ちるのです。
普通の呼び戻しや待ては日常的に行っていますが、このような場所で行うのはなかなか機会がないので
ぜひ確かめつつ練習をしておきたいところなのです。

さあ、レッツチャレンジ!
今回は私が蓮に指示を出している動画を撮りつつ、それをトレーナー視点でも撮るという新しい試みです。

 こちらはトレーナー視点。
上の動画の舞台裏でどうなっていたのかが分かり、面白いかと思います。
(上下の動画の再生ボタンを同時に押すと同じ時間の流れで再生でき楽しいですよ。)

 

倒木のせいで前回と同じ位置ではできませんでしたが、まぁ良しとしましょう!
この分なら前回と同じ位置からでも、まず間違いなくできていたと思います。

蓮「信じてくれてありがとう!」
蓮の日頃の努力はいつも見ているからね。

もう一度来るということ、「スーパー待て&呼び戻し」の実力を試すということ、
どちらも最後に再び叶えられて満足です。

でも、惜しむらくはこの森と斜面そのままなドッグラン…。
平地や芝のドッグランは他にいくつもありますが、こういう場所は珍しいです。
ファンも結構いるようですし、どうか再整備してまたオープンして欲しいです。

 

オマケ

宮沢湖といったらコレですよね…(笑)
miyazawako (23)

miyazawako (12)

蓮「えいっ、トチの実ゲット!」

 

 

 

 

 

 

祝・日本ケンネルカレッジ新パンフレット

蓮「何か届いたよ。」

image

おおぅ、蓮。 もしやポストから出してきてくれたのでは?

蓮「それはムリ。」

 

こちら、ペット資格通信専門校「日本ケンネルカレッジ」の新しいパンフレットです。
小さいですが、このパンフレットに掲載されました。

image ここです!(≧▽≦)

 

パンフレットには、つくばで一緒に授業を受けたり、宿泊施設で共に過ごした仲間たちが。
みんな元気で活躍しているようで、懐かしさと嬉しさで胸がいっぱいです。

日本ケンネルカレッジ様にはいつも本当に良くして頂いて、大変お世話になっております。
新パンフレットの完成、おめでとうございます。

新しいパンフレットはきれいな印刷と盛りだくさんの情報で、とても素敵なものに仕上がっています。
そう、読んでいるだけでペット業界や動物との暮らしに夢と希望が広がるような…。

ペット産業、広がっていますよね。 良くも悪くも。
動物関連資格は獣医師を除いては公的資格がないため、あちこちの団体で独自の資格を設けています。
このブログを読んで下さっている方の中にも、動物関連の資格を取りたいけれど、
どこがいいのか迷っているという方もいると思います。

いつも話していることなのですが、資格の中には教育カリキュラムやシステムが本当にずさんなところがいくつもあります。
大々的に宣伝しているので名前はよく知られているようなところでもそうです。
そういう中で、日本ケンネルカレッジは私が心から信頼を寄せ、自信をもってお勧めできるところです。

蓮「かばさんは良くないと思ったものは容赦なくこき下ろすけれど、ちょっとやそっとじゃ褒めないものね。」
蓮よ…(-_-;)

日本ケンネルカレッジの姿勢はパンフレットの内容にも表れています。
「学び」を中心軸として、動物との暮らし、動物と人との未来などについて広がっています。
多くの資格教育では 「自宅で開業!」「副収入!」「夢を形に♪」「あなたもショップオーナー」 など、
「儲かりまっせ」的な事柄を強調したものが多いと思います。
もちろん資格を仕事につなげたいのは当然のことですから悪いことではないです。
しかし、動物を扱うからには、まずは心と命のある生き物として考える姿勢を、
そして確かな知識と技術を、
さらに飼い主や動物をとりまく社会にある人とのコミュニメーションを、
こうしたことをきちんと考え、身につけられる教育であって欲しいと思います。
こういう姿勢があるかどうかが、資格取得後や仕事にした後も向上できるか否かにかかっています。
日本ケンネルカレッジの先生方やスタッフの方々は、このことを身をもって伝えて下さる方々ばかりです。
もちろん、受け身でいるだけではそれ以上のことは入ってきません。
質問をする、スクーリングに参加するなど積極的なアクションを起こすのは必須です。

パンフレットを眺めているととても感慨深いです。
私が日本ケンネルカレッジを知った頃はまだ講座数もこれほどなく、手づくり感のただよう講座でした。
それが今はこんなにも講座が増え、新たな施設も、立派なパンフレットもできました。
先生の顔が見え、温もりの伝わる手づくり感を残したまま、さらに充実した講座になっていることに
心から喜びを感じます。

…えっ、掲載されている記事が見えない?
しょうがないなぁ、では写真だけ(^^ゞ
kawakubo_renn (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DHCの犬用シャンプーの試供品を試すなりの巻

たまにはユルく日常のことでも書いてみましょう。
蓮(いつもユルい気がするけど…)

DHCの犬用シャンプーの試供品をもらいました。 リンスインシャンプーなのだそうです。

image

我が家ではもう3年くらいずっと「ベストわんシャンプー」一択なのですが、
良いものかも知れないし、せっかくなので気分一新も兼ねて使ってみました。

image

コエンザイムQ10が配合されているとか、どうのこうの…
DHC、コエンザイムQ10好きですよね。
コエンザイムQ10のブームはもう去ったと思いますが、まだ売れるのかな?

image

2個もらったので、丁度良く二度洗いできそうです。

image

泡立ちは…特に良いとはいえず。
この小さな体で短毛なのに、一度目は1パックでは少し足りないくらい。
汚れをある程度落としたため二度目では全身に行き渡りましたが、どうも洗いづらい。
泡立ちはともかく、指滑りが悪いのです。
ぬめりというか、なめらかさが、ない。
グリーン系の香りは爽やかですが、人にとっては快適でも、犬にはどうなのでしょう。

後は仕上がりに期待。
被毛にツヤが出るとか、ふかふかになるとか期待したのですが、特筆すべきこともなく…。
まぁ、少しはサラッ、フワッとしたかな?

蓮「ドライヤーー―も頑張ったんだけど…」
「さりげなく、イヤだと言っているよね?」

盛り上がりに欠けるまま、シャワータイムは終了しました(-.-)
しかも終わった後、私の手がガサガサになり、シャンプーの香りがこびりついてずっと消えず困ってしまいました。

「現品購入はなしですね…」

蓮「それってよくあるコスメレビューサイトの定番文句じゃない!」(;´Д`)

 

 

怪しい一般客としてのInterpets2014

Interpets2014に講師として参加しました!」の続きです。

Interpetsにはミニセミナー以外にも楽しみがありました。
それはまず、お友達が来てくれるかも知れないということ。
ネットでお知り合いになり、まだ直接顔を合わせたことがないお友達も来てくれる予定だったのですが、
私の持ち場にいてもきちんと会えるかどうか心配だし、早く会いたい♡

というわけで、出番の待ち時間の間に持ち場を離れ、
怪しいパワー(?)を使ってお友達を発見して背後からロックオン!
顔も知らないはずなのに急に話しかけられて、お友達はすごくゾーッとしたと思います(笑)

interpets_kojiro-(5)無事に会えたよー♪

お馴染みのイタグレ仲間のお友達も来てくれました♡

interpets2014_ig-(3)

 ミニセミナーの時間があるのでゆっくりお話する時間がありませんでしたが、 
おかげで一気にヤル気とパワーがみなぎりました。
(みなさん、ありがとう!)

もうひとつの楽しみは、私のミニセミナーが終わった後に一般の来場者として色々なブースを探索することです。

と言いつつも、まずはGREENDOG&メルセデス・ベンツブース。
私のミニセミナーの他にもしつけを用いたゲームが行われ、こちらも大人気!


interpets2014_ataraxia (17)
ドッグトレーナーの須崎 大さん。
一般客のフリをしてカメラを向けたら、パッとポーズを取ってくれました。
チクショー、カッコイイじゃないか!(≧▽≦)

 
interpets2014_ataraxia (4)
「犬の写心家」ホタパパさんによる撮影会。
いいなぁ~。
撮影してもらった人にはきっと一生ものの記念になりますよね。


interpets2014_ataraxia (25)
メルセデス・ベンツのブースの隣で高級感を放っていた、フレキシリードのブース。 

伸縮リードは使い方を誤ると危険もあるので賛否両論ですが、
正しく上手に使えばドッグトレーニングにも有用なんですよ。 
私も利用しています。
ブースの方とお話ししてみたかったけれど、もうすっかり忘れてしまったドイツ語に自信がなく…(-_-;)
蓮(きっと日本語で大丈夫だったと思うの…)

 

知らない商品を新規開拓する目的もあったのですが、やはりお気に入りのグッズのブースは気になってしまいます。

interpets2014_ataraxia (7)
つい吸い込まれてしまう、LIONのオーラルケアブース。
フジタ動物病院の高橋香先生がセミナーを行っていました。
高橋先生の行くところ行くところ私が現れるので、高橋先生もさぞやゾーッとしたと思います(笑)
それにしても、犬猫のオーラルケア(お口のお手入れ)は近年ますます関心が高まっているようで
セミナーは常に満席でした。

そして私…
「飼っているのはワンちゃんですか?猫ちゃんですか?」
と声をかけられ、
「あ、い、犬です…」
と思いっきり素人のフリをして、こんなに頂いてきてしまいました(^^;)

liondentalcare

 

インターペットなど大きなペットイベントは大企業のブースが目立ちますが、
小売店などの小さなブースにも掘り出し物があって楽しいですよ。

たとえばこちら、イタリアスペインの「Barcelonadogs」。
ラグジュアリーなカラーがいっぱい!

interpets2014_ataraxia (33)interpets2014_ataraxia (32)

おおう、お美しいお二人!
話しかけてみたかったけど…またもや言葉の壁が…。イタリア語はもっと分かりませぬ。
蓮「ガタガタぬかさんと、勉強せんかい。」
(あとね、お友達が教えてくれたんだけど…イタリアじゃないって。スペインだって。)
ありゃ~、失礼しましたm(_ _)m

 

あっ、プラーだ!

interpets2014_ataraxia (16)
プラーは私と蓮が今お気に入りのおもちゃです。
柔らかいので歯に優しく、引っ張りっこをするも良し、投げて「持ってこい」をするも良し、
軽いですから室内で遊んで壁などに当たったりしても、よほど勢いをつけていなければ大丈夫。
なんと嬉しい2個セットで、交互に使いながら犬のテンションを上げていけるという、超使えるおもちゃです。
思わずブースの方に語りかけて、蓮がプラーで遊んでいる動画まで見せてしまいました。
さらに、プラーのブースを訪れるお客さんにも動画を見せて売り込む始末。
プラーブースの方は
「歯科医でカウンセラーでドッグトレーナーを名乗る怪しい奴がやって来て、勝手にプラーを売り込んで去っていった」
と思ったかも知れません(-∀-;)

 

なんと!ミスターバックマンさんのブースが!!

interpets2014_ataraxia (35)interpets2014_ataraxia (36)
ミスターバックマンさんは横須賀の鞄屋さんで、犬猫のキャリーバッグも出しています。
もちろん私も愛用者です。
巷には可愛いキャリーバッグがたくさんありますが、ミスターバックマンさんのキャリーバッグを一言で言えば「質実剛健」。
私の大好きな言葉です。
可愛いけど安価なキャリーバッグと違い、高機能で頑丈です。
しかも修理に応じてくれるので一度買ったら買い直す必要が無いのが、お店の方にとって嬉しくも困るところだそうです。
飼い主さんがトレーニングの仕方を覚えて自分でトレーニングできるので、
リピートの必要があまりないというAtaraxiaみたいですね!
歯の治療も犬のしつけも鞄作りも、無駄なやり直しをしなくて済むようしっかり仕上げるのが職人魂ですね。
ミスターバックマンさんのスタイルにはとても共感します。
ミスターバックマンさんを応援するために、あるお約束をしてきました(^^)v

 

Hunterだぁぁ~。 ドイツの良質な犬具メーカーです。

interpets2014_ataraxia (21)
3wayリードや反射素材のグッズ、エルク革の首輪などを私も使っていますが、とてもいいものです。
もっと欲しいなぁ…。

 

ここは犬のトイレ。
普段からペットシーツの上で、さらに指示で排泄できるようにしておくと、こういう場でも役に立ちますね。

interpets2014_ataraxia (31)

 

ショーもありましたよ!

こちらはおなじみ、お父さん犬のカイくん。

interpets2014_ataraxia (37)

 

 

カッコイイ、ジュニアハンドラーのお嬢さんたち。

interpets2014_ataraxia (23)

 堂々としたハンドリング、三人とも実に立派でほれぼれしました。

 

セミナーもたくさん開かれていました。

interpets2014_ataraxia (11)

こちらは私淑しているドッグトレーナーさんのお一人、藤井聡先生のセミナー。
私がトレーナーになる前に、藤井先生の考え方も随分勉強させて頂きました。
ドッグトレーニングは本当に色々な考え方があるのです。
ある新しい考え方が出ると、それまでの考え方を古いものとして糾弾する…
そういう、トレーナー同士の派閥争いのようなものも見かけますが、
性格にも個性にも多様性のある動物を扱う以上、様々なトレーニング方法もあって然りだと思うのです。
人間もそうですよね。
厳しく叱咤激励されるのが向いている人、優しく褒められると伸びる人。
教育もトレーニングも一律である必要はないし、そうであっては多様性に対応できない。
藤井先生のセミナーを聴きながら、そのことを再確認しました。

 

さて。家で待ってくれている蓮へのお土産は…

ででん! Hunterのエルクスキンカラー!

hunter (2)

 

hunter (1)
うんうん、蓮、似合うよ~!

hunter (5)
こっちの色もいいね!

蓮「でもかばさん、あたし既にこの色と…」
hunter (4)

hunter (3)
蓮「この色も持ってる…。」

……

蓮「2本買ったの?」

うん。とっても良かったから。違う色も欲しいと思っていたから。

蓮「1本いくらしたの?」

(小声で)ごにょごにょ…

…… 蓮(アアー!orz)

 

…っ、気を立て直して!

Interpetsが終わった後にとてもとても残念だったこと。
配布されるパンフレットや飲み終わったペットボトルを、その辺に放置して行ってしまっている人が結構いたことです!

interpets2014_ataraxia (1)

 これは本当に残念!
荷物の整理をしていて、ついうっかり置き忘れてしまったなどなら仕方ないですが、
いらないからといってその辺に放置して行くのは、
飼っている動物がいらなくなったといって遺棄することと何も変わりませんよ!!
Interpetsに来られる方々は、そういうことのないマナーと良識を心得た方々であって欲しいと思います。