Ataraxia売店でワンツーカラー(エリザベスカラー)が買えます

以前「エリザベスカラー練習のすすめ」や「エリザベスカラーについてのアンケートのご報告」で
エリザベスカラーを普段の健康なうちから練習しておくと良いことや、
40%もの飼い主さんが、パートナー(ペット)がエリザベスカラーに慣れる前に
着けるのを止めてしまっていたことをお話いたしました。

Ataraxiaではエリザベスカラーをパートナーに必須の、備えておきたいアイテムとして提唱しています。
犬の首輪、ハーネス、リードや猫の爪とぎ、トイレと同等の、
パートナーと暮らす上で一つ持っておきたいものです。

ところで皆さんはパートナーのための「救急箱」、包帯や薬などの応急手当て用品は用意してありますか?
動物病院に行くからいらない?
すぐに動物病院を受診できるとは限りません。
動物は自分の意志で患部を触らないようにすることができません。
例えば目の疾患や怪我など、患部を気にして引っかいてしまうことがあります。
もしもの時の応急処置にエリザベスカラーがあると、こうした悪化を防ぐことができます。
しかし、痛みや苦しみを感じている時にいきなり不慣れなものを着けられたのでは
動物にとって一層のストレスになります。
その姿を見るのは飼い主にとってもストレスです。
そこで、元気なうちにエリザベスカラーに慣れさせておくことをお勧めしています。

以前ご紹介した「ワンツーカラー」は軽くて透明度が高く、
動物にも負担が少ないのでお勧めのエリザベスカラーなのですが、
かかりつけの動物病院で取り扱いが無かったり、入手しづらかったりすることもあると聞きました。
そこでこの度、おなじみ株式会社ヒューベス様のご厚意により
Ataraxiaでワンツーカラーを販売できることになりました!

こちらのページでは、ワンツーカラーを使って下さっているワンちゃんをご紹介しています。
→「ワンツーカラー(エリザベスカラー)ご使用の犬さんご紹介

ぶっちゃけ、エリザベスカラーなんて(何でも良ければ)ペットショップやホームセンターでも手に入ります。
でもワンツーカラーは本当に良いものですから、ご希望の方が誰でも簡単に入手できるようにしたい。
買えるだけではあまり意味がありません。
なるべく多くの飼い主様とパートナーにエリザベスカラーの練習をしてもらい、
「1匹に1枚」を常備してもらいたい。
そこで、Ataraxiaのネットショップを作り、オンライン販売することにしました。

名付けて「Ataraxia売店」。
http://atar-axia.shop-pro.jp/

蓮「うわァ…(もうちょっとひねるとかしようよ…)(;´∀`)」

リニューアルしました!!
Ataraxia販売部 https://ataraxia.theshop.jp/

 「エリザベスカラーなんて滅多に使わないから、高いものはイヤ」
という声にお応えするために、価格はできるだけ抑えてあります。
形状から送料がかかってしまうのは致し方ないのですが、
梱包にリサイクル材を使用して本体価格が抑えられるように努力しています。

さらに!
Ataraxiaでのワンツーカラー販売の目的は
「日頃から練習をして、『マイエリザベスカラー』を1匹に1枚常備」
ですので、スペシャルな大特典として
Ataraxia完全オリジナルの「エリザベスカラーの練習用DVD」をお付けします!!

蓮(某テレビショッピングみたいになってきた…)

Ataraxiaエリザベスカラー練習用DVD

Ataraxiaエリザベスカラー練習用DVD

 

このDVDはエリザベスカラーに慣れるまでの方法をステップを追って動画で解説しています。
動画に合わせた分かりやすい字幕付きです。
これまでエリザベスカラーを使ったことのない飼い主様や、
パートナーに慣れさせたいけれどどうしたら良いか分からなかった飼い主様
遠方でAtaraxiaのレッスンを受けられなかった方にもお勧めです。

このDVDはワンツーカラーをお求めの方だけの特典ですので、単体での販売は致しません。

あなたも、ワンツーカラーとAtaraxiaのDVDで、愛するパートナーの「もしもへの備え」をしておきませんか?

Ataraxia売店」「Ataraxia販売部」でお待ちしています!!

 

【おまけ】
進撃のアタラクシア
(有名なあのシーンより。分かる人にだけ分かるネタで済みません(笑))

進撃のアタラクシア
蓮(残念なのはかばさんの仕事力だ。こんなの描いていないで!仕事は!?もう~)

 

 

第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会でドキドキ

2015年3月1日(日)、第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会に参加してきました。

日本小動物歯科研究会とは、動物の歯科医学の知識・技術の向上と啓発のために活動している会で
会員には獣医師はじめ動物看護師、歯科医師や歯科技工士もいるのです!
私もお仲間に加えて頂き、今回の参加を楽しみにしていました。

会場は品川フロントビル。

品川フロントビル

 この日の私は聴衆に徹し、ただひたすら聴いて勉強するつもりで、
ある意味では気軽に会場に入りました。

席を確保し、一旦場を外して戻ってくると、隣にはフジタ動物病院の高橋香先生が
にこやかな笑みを浮かべています。
イベントで高橋先生がいらっしゃる所という所に私が現れるので
高橋先生ストーカーみたいになっていますが、違うぞ。今回は(も)偶然だぞ。
しかし、この妙なご縁には笑ってしまいます。

このように穏やかな空気の中で会が開始。
歯周疾患にかかった小動物の口腔内からみられる多剤耐性菌についてや、
小動物の歯の疾患に対するBacteroides属(バクテロイデスぞく)の菌の関与など、
出だしから私の興味を激しく揺さぶるものが続きます。

私は歯科医としては歯周治療に力を入れていたので、
歯周疾患の多い犬猫の歯科にはとりわけ興味が掻き立てられます。
ナントカ菌とかカントカ菌なんて、一般の人にはちんぷんかんぷんかも知れませんが
齲蝕(うしょく、虫歯のこと)や歯周病などは細菌が関与して引き起こしているものなので、
歯科に携わるということは細菌への関心も高まるものなのです。

そして、高橋先生の
「イヌとヒトの歯周病原細菌における宿主特異性を規定する遺伝子因子の探索」

こういうの知りたかった!(・∀・)
人も犬も歯周病にかかります。
歯周病の原因となる細菌は人と犬とで同じものもあれば、違うものもあります。
(語ると長くなるので割愛します。)
高橋先生の演題をとても平ったく言えば、
人と犬の歯周病の主な原因菌の遺伝子的な違いを調べ
人と犬、それぞれへの感染について検討するというものです。

「人獣共通感染症」や「ズーノーシス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
文字通り、人と動物との間でお互いに伝染したり、されたりする感染症のことです。
犬の歯周病について、人⇔犬の相互感染が起きるのかどうか
私はずっと気になっていました。
このことに関して大きな示唆を与えてくれる、素晴らしい調査でした。

さらに…来ました。
センターヴィル動物病院の中野康子先生による
「無麻酔下でスケーリング(歯石除去)を行った結果、重度の歯周病にかかった犬の例」

全身麻酔をせずに行う歯石除去、通称「無麻酔歯石除去」。
本当にこれ、問題になっているんですよね…。
私もこの危険性為害性(害をなすこと)についてはかねてより警鐘を鳴らしており
時々Twitterでつぶやいたり、
このサイトでも啓発のための記事を書いている途中なのですが、
なかなか忙しくて公開に至れず、じれったく思っているところです。

中野先生の発表が終わった後も、会場に重い空気が流れたような気がしました。
司会を務めていらした、フジタ動物病院の藤田桂一先生も
無麻酔歯石除去への懸念を意見されていらっしゃいました。

(うんうん、そうだそうだ。)
頷きながら藤田先生のお話を聞いていると、

「~そこで、無麻酔による歯石除去について、今日会場にある方が来ています。」
おっ?
「その方は歯科医師でドッグトレーナーでもあります。」
いいっ!?
藤田先生の方を見ると…

「一言お話頂いて、いいですか?(ニコッ☆)」

藤田先生が私に神々しい笑顔とビームを放っています。
オオオオ…
聴衆と勉強に徹する、なんて気軽に構えていたら、すごい機会を頂戴してしまいました。

なんという光栄でしょう。
突然のことで準備していなかったので話はあまりまとまっていなかったと思いますが、
昨今問題になっている無麻酔歯石除去の中でも、
「無麻酔歯石除去の資格」なるものを付与したり、
それで「資格」を得た人がビジネスとして行っている問題について提言させて頂きました。

無麻酔歯石除去の資格ビジネスについては、
このサイトでもまた別の機会でお話できればと思っていますが
一般の飼い主さんの間では「全身麻酔=危険」、「無麻酔=安全」という一部誤解が浸透しています。
「無麻酔歯石除去」なる商法は、このイメージを利用しています。
動物歯科を正しく行っている動物病院などでも、歯石除去と麻酔の必要性についてお話をされているようですが
飼い主間での情報伝達や無麻酔歯石除去業者の宣伝の勢いの方が強く、
誤った認識と危険な無麻酔歯石除去がどんどん広まっていくことを私はとても危惧しています。

また、ご質問も頂き
スケーリング(歯石除去)をすることでかえって歯周組織を痛めているのではないか
という疑問に対する意見や、
無麻酔では歯石縁下歯石(歯周ポケットの中に付いている歯石のこと)の除去ができない問題(大きな問題です)、
食生活や唾液の性状によって歯石沈着に違いがあること
などについてもお話させて頂きました。

本当に、語り出すと言いたいことは数えきれないほどあり
ならばいずれ私も演者として何か発表したいと思うくらいでした。

語り足りないながらも、私の話に興味を持って下さった
獣医師の先生や歯科技工士さん、業者の方々もいらっしゃり、
その後の貴重なつながりを頂けました。

 2014年9月の日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)に参加したときも思いましたが、
獣医師の先生が、動物の歯科について、人間の歯科顔負けに熱心に取り組んでいらっしゃることに
感銘と言葉にならない胸の高まりを覚えました。
多分私は、嬉しいのだと思います。
人間の歯科医療の世界は、お世辞にもいい環境とは言えません。
獣医療界の方々が歯科に取り組んでいる姿はとても真摯で、
人間の歯科の世界に倦んでしまう気持ちをリフレッシュさせてくれるのです。
それに気のせいか、獣医学の集まりは温かいのです…。

歯科医師として。カウンセラーとして。ドッグトレーナーとして。動物看護師として。その他(笑)。
何の人だか良く分からないと言われますが、
色々やっている私だからこそできるものがあるはずと、気持ちも新たになりました。
こうしちゃいられません。
伴侶動物の歯科と正しいお手入れについて、
歯みがき(口腔ケア)を通じたコミュニケーションとトレーニングについて、
今後も力を入れて提言していきます!!

第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会 川久保

 

話題のお話から思うこと~子供が産まれたら、ペットは~

Twitterで、@kait_yuna さんの描いたお話が話題になっています。
お話としてはありきたりなものかも知れません。
しかし、最後のコマで幼い子供が描かれています。

この犬がこういう運命をたどる原因として子供の存在を示唆したのか、
それともたまたま描いただけなのか分かりませんが、
私の下にも「子供が産まれて動物に手がかけられなくなった」という話がよく寄せられます。

子供が産まれて大変なのは、よく分かります。
でも、私がいつも残念に思うのは
それまで愛情をかけていた動物のはずなのに、子供が産まれた途端に、
子育てで忙しいから、子供が大事だから、と
まるでその動物が悪者になったかのように、動物を手放すのがさも当然のように言い放つようになってしまう方が少なくないことです。

子育てで時間がないのに、動物にさらに時間を割かれると忌々しく思うこともあるでしょう。
子供が動物にアレルギーなどを発症すると、その動物は
「大事な我が子」を害するものという認識に変わってしまうこともあるようです。

子供は大事です。それは当然です。
けれども、この@kait_yunaさんのお話で描かれているように

「かわいいね、この子にする」

と思ったことを忘れないで欲しいと思います。
その人が今可愛がっているそのポジションに、以前はその動物がいたのです。

そして、動物を迎える際はその後の将来設計やライフスタイルを見据えて検討して欲しいのです。

結婚して、夢いっぱいの二人の生活が始まり、
二人の間にかわいい動物がいたらと思うのでしょう。
しかし、その後に二人の子供を持つか否か、子供を持つならいつごろなのか、経済的には大丈夫なのか、
そういう見通しができて初めて、大人として、飼い主や親となるにふさわしいと言えるのではないでしょうか。

「子供が産まれて動物を飼い続けることができなくなった」
という声が寄せられる一方で、私の周りには幼子を育てながらも
動物のお世話にも奮闘している方々もたくさんいます。
私の目には、とても素敵なお父さん・お母さんです。
こうして子供も大事にする、動物も大事にする親の姿勢を見て、触れて育つことは
子供にとってもきっとプラスに働くことでしょう。

まとめサイトのリンクを張っておきます。

http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/52124024.html

コメント一覧の色々な意見も、人の視点や善悪の意識が様々であることを考えさせられます。