彩の国動物愛護推進員になってみました

この度、Ataraxia代表の川久保は「彩の国動物愛護推進員」になってみました。

JunkoKawakubo

「なりました」でも「委嘱されました」でもないのは、
動物愛護推進員について微妙な気持ちを持っているからです。

動物愛護推進員とは、動物の正しい飼育や愛護、マナーなどについて啓発活動をしていくボランティアです。
埼玉県だけでなく全国で推進員制度が行われています。
埼玉の場合は県知事による委嘱ですが、あくまでもボランティアなので特別な権限等はありません。

この制度があるのは何年も前から知っていました。
でも応募しないでいたのは、動物愛護推進員がそれらしい活動をしているのを見たことがなかったからです。
動物関連の業者のプロフィールに「動物愛護推進員」と書いてあるのを見かけることはよくありましたが、
怪しげな業者や実力の無い人が、信頼と箔をつけるために推進員を名乗りたいだけにしか見えない、
「推進員」として活動しているかといえば、全くそれが見えてこないというケースばかりでした。
一方で行政側も、本来行政が行うべきことを推進員というボランティアに肩代わりさせているのではないか、
行政の怠慢の後押しになるだけではないのか、という疑念も持っていました。

しかしこれはあくまでも、私の周囲の、私が見える範囲での話であって
推進員として望まれる活動を積極的にしている人もいるかも知れません。
そこで、自ら推進員となり、他の推進員の方々や行政と関わりながら
動物愛護推進員の現状や行政の姿勢を見、在り方を考えてみることにしました。

 

さかのぼって、これは動物愛護推進員の採用面接の日…。

埼玉県庁での面接を終え、すぐにでも帰る予定でいたのですが
ふと気持ちがふらふらと引き寄せられて、浦和の「玉蔵院」という寺に足を運びました。
ここはもう何度も通りかかったことがありますが、中に入ったことは一度もありませんでした。

玉蔵院

玉蔵院

玉蔵院

境内の社の中に、猫が一匹…。
ひなたぼっこをしています。
首には「お守り」が。

お守りを下げた猫

きっと、この寺で可愛がられている猫なのでしょう。
この「お守り猫」の他にも、境内には何匹もの猫がいました。

道路を挟んで向かいの敷地内には、なぜか鳥獣の慰霊碑が。

動物慰霊碑
どのような経緯があってここに動物の慰霊碑があるのかは分かりませんが、
動物愛護推進員の面接の後にこれを見つけたということに、不思議なものを感じました。

敷地の外れには、いつの時代からあるのでしょうか、
朽ちかけて傾いている、古い小さな社がありました。

小さな神社

古い小さな社

その社のそばに、こんな張り紙が…。

地域猫の貼り紙

なるほど、と考えさせられました。
この日にこの場所に来たことに、ますます不思議な縁を感じます。
辞令交付式では地域猫活動についての話もありました。

また、交付式では熱意のありそうな推進員の方々も何人もいらっしゃり、お話することができました。

これから動物愛護推進員の活動を見極めて行きたいと思います。

 

 

犬と羊と芝桜~羊山公園~

2015年4月18日、埼玉県秩父市にある「羊山公園」に行ってきました。

ここは「芝桜の丘」が名所で知られているそうです。
昨年、三峯神社に行った際にたまたまそばを通りかかって知りました。
何しろすごい人出と渋滞だったのです。
「なんだ?なんだ?この公園に一体何があるんだ?」
と好奇心に駆られて寄ってみたかったのですが、あまりの混み具合に断念したのでした。

4月25日以降の土・日・祝日は交通規制が敷かれるそうなので、それよりも早目に行ったのですが
それでも公園内駐車場までの道はかなり混雑。
15分くらいは待ったでしょうか。
無事駐車できて、いざ、いざ。

芝桜の丘おおおお…

かなりの圧巻です。
天気にも恵まれ、青空の色に芝桜が映えていました。芝桜の丘

武甲山を眺めながらの景色もなかなかです。

芝桜の丘

芝桜の丘はこのようにV字型になっているので、上から見下ろす景色と下から見上げる景色が楽しめます。

羊山公園で記念撮影
記念に一枚♪

ふれあい牧場

芝桜の丘の上には「ふれあい牧場」があり、羊山公園の名の通り羊がいます。
蓮、生まれて初めて羊に遭遇。

蓮「お?なんだあれ?」

羊

羊山公園の出店出店もたくさん!
秩父にゆかりのある食べ物や工芸品から、
「広島焼」「北海道チーズ」など全然関係のないものまで!(笑)

羊山公園の見どころは芝桜だけではありません。
これだけ見て帰ってしまうともったいないですよ。
少ーし険しいのですが、小高い丘を登っていくと…

羊山公園

蓮(険しい…少し険しい…。以前にもこんなことがあったような気が…。)

羊山公園

ほら!こんなに素敵な丘が開けているのです。

葛葉稲荷丘を下ると、いい感じの鳥居が…。
登ってみましょう。

蓮(険しい…。さっき下りたばかりなのに…。)

葛葉稲荷

 おお!かの有名な葛葉稲荷です。

葛葉稲荷
ほら、蓮もお参りしなさい。

わんぱく広場

葛葉稲荷大神の隣には、「わんぱく広場」というちょっとしたアスレチックがあります。

第一駐車場のそばの登り坂。
これを延々と登っていくと…
結構汗ばんで息も乱れて…
ほどよく筋肉痛になりそうな気配があり…

羊山公園

蓮(ハァハァ…なんであたしたちのレジャーはこんなのばっかりなのかな…。)

見晴しの丘

でも、ちょっと疲れるけど登って良かったな、と思える眺望が広がっているのです!

ここは「見晴らしの丘」。
秩父の市街が一望できます。

秩父市街

感動しますよ~(´∀`)

さらに羊山公園の側には、「牧水の滝」という滝があるそうな。
行ってみましょう!

牧水の滝

ここですね!期待が高まります。
しかし、滝の音が聞こえてきませんが…

…ん…?

牧水の滝

干上がっていました!!!(≧▽≦;)

もっとも、時期が悪かっただけかも知れません。
滝の下には人工池と水車小屋もあり、池には小魚が泳いでいます。

蓮「小魚って…金魚だよね?アーモンド小魚みたいな言い方しないでよ(汗)

牧水の滝

 

ところで、見晴しの丘にはある像が立っています。

上武鉄道(現在の秩父鉄道)の創業者で初代社長、柿原萬蔵氏です。
柿原萬蔵

柿原萬蔵氏は日清戦争時の経済不況で資金繰りが厳しくなっても、
社長や役員は無報酬で、私財を投入して鉄道の工事費に充てたそうです。

末端の従業員は減給させて、上は私腹を肥やしているブラックな会社の
社長や役員に聞かせてやりたい話ですね( ̄▽ ̄)

蓮(アワワワ…)

この柿原萬蔵氏の像は2代目で、
最初に作られた像は太平洋戦争での金属の供出に出されてしまったそうです。
生前も死後も戦争で苦労されたなんて、切ないですね。

この青空の下で犬と散歩する幸せが、いつまでも続きますように。

芝桜の丘と蓮

 

 

犬、猫、小動物の「歯磨きアンケート」ご協力のお願い

犬、猫、小動物の飼い主様にお願いです。
Ataraxiaではこれら伴侶動物(ペット)のお口の健康の啓発活動の改善・向上のために
飼い主様から実際のお声を伺いたいと思っています。
そこで、簡単なアンケートを行うことにしました。

内容は動物の歯磨き事情や歯磨き教室についてです。

無記名で、ほぼ選択するだけ、全部で10問の簡単なアンケートです。
もちろん何かご意見があれば自由に書き込むこともできます。
アンケートの結果は等サイトでお知らせし、今後の活動に役立たせて頂きます。

どうぞご協力をお願いいたします!

スマートフォン等でアンケートが表示されない方は、下のリンクからお願いいたします。
https://jp.surveymonkey.com/s/TBND5HL

オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう

 

 

美容無麻酔歯石除去、ですって!?

動物の「美容無麻酔歯石除去」なんて言葉が出てきました。

犬猫等、動物のお口の健康への意識が高まるにつれ、歯石除去のニーズも高まってきました。
一方で「無麻酔歯石除去」の問題が広がっていることは、
Ataraxiaのサイトやブログなどでも折につけお話をしています。

ところが今度は「美容無麻酔歯石除去」という言葉が出てきて驚いています。
「美容」を付けることで、これは医療行為ではないということを暗にほのめかしているようです。
色々な手口にびっくりです。
人間でも、目や眉に入れ墨を入れる行為を「アートメイク」と称し、
医師の資格を持たない人が行うことがしばしば問題となっているのに似ています。

視点を変えれば、無麻酔歯石除去の危険性や為害性が知れ渡ってきたために、
こうしたやり方で逃げ道を作り、生き残ろうとしているのかも知れません。

無麻酔歯石除去や美容無麻酔歯石除去について、
中には治療目的ではなく美容目的であると謳っている所もあり、
それはペットショップやトリミングサロン、トリマーにとどまらず、獣医師でもそのように言っている人もいます。
「麻酔をかけての歯石除去は医療目的、無麻酔での歯石除去は美容目的。これが違いです」
と説明している獣医師もいます。

歯石除去の目的が麻酔の有無で区別されるなど、そんな区切りはありません。
歯石を取れば見た目もきれいになるというだけで、歯石除去という行為は医療行為です。

そして
「どちらが良いかは飼い主さん自身が決めて下さい。」
と…。

嘆かわしいです。
飼い主さんに「自己決定」させることがインフォームドコンセントだとでもはき違えているのでしょうか。
無麻酔歯石除去が動物にとって大変危険であることはもはや自明です。
獣医師はこうしたデメリットを飼い主に正しく分かりやすく説明するのが義務です。
全身麻酔をかけることとかけないこと、歯石除去を行うことと行わないこと、
それぞれのメリットとデメリットを飼い主に説明し(もちろん分かりやすく、です)
病気がある、高齢であるなど全身麻酔の負担が大きいときは
代替案なども考えながら、飼い主が納得して治療に同意できるようにすること。
それがインフォームドコンセントです。
正しい説明もせず判断を飼い主に丸投げするような所は、何かがあったときに

「あなたが決めたことですから、あなたの責任です。」

とでも言いかねません。

また、歯磨き教室を行っているトリミングサロンやペットショップ、動物病院ならば
正しい情報をくれるような気がするかも知れませんが、そうでもありません。
犬や猫の歯みがき教室が無麻酔歯石除去の宣伝とセットになっている所が増えています。
イメージに惑わされないようにしてください。

歯石除去は目的のいかんに関わらず医療行為です。
無麻酔歯石除去によってかえって歯周病が酷くなったり
あごの骨を骨折したり口の中や目や顔などを傷つけるという事故も起きています。
意識がある状態での歯石除去は、動物の心に深い恐怖不快感をもたらします。
それがたとえ、おとなしくしていたとしても、です。

あなたの大切なパートナー、大事な犬や猫を思うなら
トリミングサロンやペットショップ等で受けないで、
正しい動物歯科の知識を持つ獣医師のもとで受けて下さいね!!