犬の甘噛み・噛みぐせを放置しないで

最近、咬む犬の飼い主様からのご依頼が増えています。

なぜ咬むのでしょうか?

犬にとって咬むのは本能的な自然な行為です。
恐怖、威嚇、怒り、相手との力関係を確かめる、自分の力を示す、自分の要求を押し通す、など
自分の意思を伝え、自分を守るための犬にとっての手段の一つです。
咬むと自分にとって不都合がある、あるいは咬む必要などないということを学習しないと
いつまでも咬むことは無くなりません。

よく、子犬の頃に「甘噛みだから」と
子犬がじゃれついて手などを噛んでくるのをそのままにしている人がいます。
「家族にしか噛まないので」
という人もいます。

それでいいと思いますか?

たとえ力のゆるい「甘噛み」であっても、家族にしか噛んでこなくても、決してそのままにしてはいけません。
放置していると、犬は

「人の手を噛んでもいいんだ」

と学習してしまい、他の人をも噛むようになってしまうおそれがあります。
ゆるい甘噛みであっても、家族ならそれに慣れているかも知れませんが
他人にとって「犬の歯が当たった」というのは大きなショックになります。
もしそれが子供であれば、子供は言葉の表現がまだ十分ではありませんから

「かんだー!」

と言うかも知れません。
それを聞いた保護者の方はどう思うでしょう。
大問題に発展する可能性だってあるのです。

さて、犬に咬まれるのはトレーナーの恥ともいいますが、
さすがに何匹もの犬に会っていると、中にはこういうことも起きます。

犬に咬まれた傷

やられてしまいました。
受傷の翌日の状態です。
まだ生後半年にも満たない小型犬が服の上から咬んだだけでもこれです。
仕事上こういうことは起きうるので問題にしていませんが、
誰かの飼い犬が一般の人を咬んでこのような傷を作ってしまったらどうなることでしょう。

また、犬は甘噛みをしながら相手の反応や力関係を確かめているといいます。
子犬の甘噛みを放置していると、成長とともに顎の力もだんだん強くなり
人はやがて噛まれることに恐怖感を感じるようになってきます。
犬は人が恐怖を感じ怯えていることを察知します。

噛みつく力が強くなる→人が怯える→犬は自分の要求を咬むことで押し通そうとする→いうことを聞かなくなる→手に負えなくなる

というサイクルができはじめ、
その内に咬まれることが怖くて犬を構わなくなり、
トレーニングの機会も減り、
犬とのコミュニケーションも取らなくなり、
やがて犬をかわいいと思えなくなり、
虐待や遺棄、殺処分

などという最悪の結果を招きかねません。
これでは人も犬も不幸になってしまいますね。

犬の噛み癖は甘く見ず、決して放置しないで、
しっかりとトレーニングしてやめさせるようにしましょう。

 

 

犬も歩くよ袋田の滝

蓮、何をしているの?

蓮「去年のゴールデンウィークを振り返っているんだよ。」

おぉ、思えば「ふ」の始まりだったかも知れないねぇ…

 

「ふ」その1

2014年5月2日、茨城県久慈郡大子町の「袋田の滝」に行きました。
袋田の滝は、華厳の滝、那智の滝に並ぶ日本三大瀑布・三名瀑の一つに挙げられることもある名瀑布です。
ドライブがてら行ってみようということで、景色を楽しむために高速ではなく一般道で向かいました。

ところが…

ビーフライン

一見のどかなこの「ビーフライン」がなかなか曲者。
起伏が激しく、カーブもあり、普段は車酔いしない蓮さんも結構つらそう。
途中で車を停めて休ませてあげたくても、停車できる側道もなく、後続車も微妙に来るので
運転している私も蓮もかなり神経のすり減る往路でした。

蓮「あれはしんどかった…。」

あ、ちなみに犬を車に乗せるときは安全のためにきちんとケージに入れてくださいね。
リードも付けずに車内でフリーにしているのは事故を招き危険ですよ。

 

駐車場は袋田の滝から少し離れているのですが、混雑の可能性を考えて
袋田第二駐車場を利用させて頂きました。
入口はこの看板が目印です。

袋田第2駐車場

 

袋田第二駐車場

午前中の早い時間に着いたので、ゴールデンウィークでも空いています。
良かった良かった。

さて、ここから袋田の滝までは1.5kmほど距離があります。
道の途中途中で「あと何km」の石版が埋まっていますし、
蓮(石版って…マイルストーンと呼ぼうよ…)
景色もとても良いのでお散歩がてらにちょうど良いです。

マイルストーン

袋田の景色

 

袋田の滝と鯉のぼり

5月でしたので沿道には鯉のぼりがズラーリ!

いのしし料理

す、すごい看板が…。いのししの剥製です…。

こんな具合で、袋田の滝まで歩くのも全く退屈しません。

 

いよいよ到着。この「袋田の滝トンネル」の向こうに滝がある(と思う)のです。
行ってみます!!(ドキドキ)

袋田の滝トンネル

 

袋田の滝トンネル

トンネルのカーブの先が見えなくて、ちょっとスリルがあります。

袋田の滝トンネル

意外と長-い…。

袋田の滝トンネル胎内観音

トンネルの長さに心細くなってきたところに胎内観音が祀られているものだから
ますます心細くなってきます(笑)

トンネルの途中に、今はメインで使われていなさそうな観瀑台が。
うぉっ、ここから見るだけでも滝の規模がいかに大きいか分かります。
早く行きたい!!

袋田の滝

蓮「えー、何か言ったー!?水の音がすごくて聞こえないよー!」

 

袋田の滝

どおおおおおおおおおおおおお!!

観瀑台、着きました!!
滝がまさに眼前です!!水しぶきもバシバシ飛んできます!!
こんな所にいたら滝に飲み込まれてしまうのではないかと思うほどの迫力です。

時が経つのも忘れて見入ってしまいますが、
観瀑台そばのエレベーターを昇ると、もっと上の方の新観瀑台に行くことができます。

袋田の滝エレベーター

ただし、犬などペットはエレベーターに乗れません
上に行きたい方は誰かと一緒に行き、交代で見に行くといいでしょう。
そんなに時間はかかりませんし、待ち時間も滝を見たり、
近くで祀られている不動尊にお参りをしたりできます。

四度の滝不動尊

エレベーターを昇ると、さらに上の観瀑台への階段があります。

袋田の滝新観瀑台
そこからの滝の景色は…

袋田の滝

ふおおおおおおおおお!!

滝の全貌が一望できます。

周りの断崖もすごい!

袋田の滝断崖

 

 

さて、来たトンネルを少し戻ると、吊り橋につながります。

袋田の滝吊り橋

 

袋田の滝吊り橋

蓮さん、恐いんじゃないかね?
蓮「こわくないもん!」
でもカーミングシグナル出ているよ?(笑)
蓮「初めて来たから、ちょっと緊張しているだけだもん!」

吊り橋からは、袋田の滝を見下ろすことができます。

袋田の滝

 

また、この滝につながる渓流もとてもいい感じです。

袋田の滝渓流

袋田の滝に来たからには、吊り橋も渡ってみることをおすすめします。

吊り橋の向こうには、風情のあるお土産屋さんなどが軒を連ねています。

袋田の滝の土産店

 

古民家みたい!お食事処です。

袋田の滝のお店

 

この階段を上ると、さらに「生瀬の滝」という滝があるそうで、
行ってみたい気持ちが山々でしたが、
蓮連れでこの階段を上り下りするのは危険だろうと思い諦めました。
何しろ片道20分なのだそうです^^;

生瀬の滝階段

 

それに私達にはもう一か所、目的の場所があったからなのでした。
それは次回に続きます。

蓮「なんだか旅ブログと化していない!?(◎_◎;)」