動物業界の人のために高齢者に犬猫を飼わせる?

朝日新聞sippoのサイトにこのような記事が掲載されました。

第12回 高齢者に犬を飼わせたい業界の思惑 「規制強化で大量遺棄」http://sippolife.jp/column/2015113000001.html

この記事を読んで、ちょっとひどいのではないかと思いました。
「ペットとの共生推進協議会」と名付けられた会の主催でこのような方向性で話が盛り上がったのだとしたら幻滅です。

彩の国動物愛護推進員の研修でも、ある獣医師が
「犬猫の飼育数が減少しているのは繁殖制限のせいだ」
「これを何とかして食い止めなければならない」
「我々の生活がかかっている」
と語り、愛玩動物飼養管理士の講習でも講師が同様のことを語り、
それは違うだろうと閉口したことがありました。

犬猫の繁殖制限は、不適切な交配により健康上問題のある個体が産まれるのを防ぐ他に
飼い手が見つからず放棄・遺棄された個体がさらに繁殖してしまうことや
それらの結果として殺処分にいたる個体を防ぐことが目的です。

自治体が犬猫の引き取りを拒否できるようになったのは、
繁殖業者による「大量生産」により殺処分される犬猫を減らす、すなわち
「蛇口をしめる」のが目的であるはずです。
どんなに桶やたらいを用意しても、蛇口から水が出っ放しではやがて追いつかなくなります。
犬猫の引き取り先や保護先にも限度があるのです。

確かに動物に携わる人の生活も無視するわけにはいきません。
しかし、そのためだけに高齢者に動物を「飼わせる」ようにするということは、
動物業界の人々のことだけしか考えていない利己的な行為ではないでしょうか。

犬猫を手放すとなると、引き取り先を探す困難という問題が生じます。
高齢者とて誰もが無慈悲に動物を放棄しているわけではありません。
高齢になると体力の低下、思考能力の低下、社会的なつながりの減少、経済力の低下などにより
社会的資源を充分に受けられなくなることがあります。
その結果、自分の力では引き取り先を見つけることができず、泣く泣く放棄・遺棄しているケースもあるのです。
飼い主に手放された犬・猫には多大な心理的負担が生じるのは記事にもある通りです。

安易に高齢者に犬・猫など動物を「飼わせよう」とすることは、高齢者と動物を「利用」し、
高齢者も動物も傷つけ犠牲にすることにつながります。

私は歯科医師ですが、歯科医院数の増加や齲蝕(虫歯)の減少などにより
歯科医療業界の伸び悩みが世間でも知られています。
しかし私達歯科医師や歯科衛生士、歯科医療従事者は、国民が虫歯や歯周病になるように仕向けたりなどせず、
予防や機能回復や公衆衛生に力を注いでいます。
動物業界に携わる人もしかり、
動物と人とお互いの尊厳と福祉を保てるよう働きかけて欲しいものです。

 

1.無麻酔歯石除去の問題~1.歯科医学の面から その3 エックス線撮影ができない問題~

1.歯科医学の面から 

その3 エックス線撮影ができない問題

犬猫などの「無麻酔歯石除去」ではポリッシングができず、
かえって歯石が付きやすい状態になってしまうことを前回お話しいたしました。
(前回の記事→「無麻酔歯石除去の問題~1.歯科医学の面から その2 ポリッシングができない問題 ~」)

今回はさらに大きな危険につながる、「エックス線撮影ができない問題」についてお話しいたします。

人間の歯科の場合は、歯周病の治療の際にはエックス線撮影(レントゲン撮影)を行います。
それにより肉眼では見えない部分の歯石の付着、その部位や量、大きさ、
歯の根の形、
歯周病による歯槽骨の吸収の度合い、吸収されている部位、形などを知ることができます。
私も歯科医として診療している中で、
表面から見るとあまり歯周病が進行していなさそうに見えるのに
エックス線画像で確認すると歯周ポケットのとても深い所に歯石がごっそり付いている
というケースをいくつも診たことがあります。
エックス線撮影をしなければこれらの歯石は見落とされてしまったことでしょう。
(「無麻酔歯石除去の問題~1. 歯科医学の面から その1 歯肉縁下歯石が取れない問題~
も併せてお読みください。)

さらに、歯周病におかされると歯槽骨(しそうこつ)という、歯を支えている骨がしだいに吸収されてなくなっていき、
やがてはあごの骨までも吸収が進んでいきます。

犬の顎骨(正常)

青い線が概ね正常な犬の顎(下顎)の骨のラインです。
これが歯周病におかされて吸収されると、たとえば下の絵の赤いラインのようになります。

犬の顎骨(吸収像)
犬猫、特に猫や小型犬のあごの骨はもともと非常に細く、
そこに歯周病による顎骨の吸収が起きると、残された骨の太さ(厚さ)はほんの2~3mmとなってしまいます。

ちょっと想像がつかない?
では少しリアルな絵で見てみましょう。

犬の顎骨エックス線写真風

蓮「ねえ…この絵は?」
描いた。
蓮「は!?」

先ほどの赤いラインまで歯槽骨が吸収された状態をエックス線撮影すると、
こんな風に写ります。
こんな状態で歯石取りのために力を加えでもしたら、
あごの骨は簡単に折れてしまいます。
事実、歯周病にかかっている犬猫の顎骨の骨折は珍しくはなく、
「ほんの少しぶつけただけで…」
「一緒に飼っている他の犬とじゃれ合っているうちに…」
など、本当にふとしたはずみで骨折してしまいます。
そして、他所で受けた歯石除去の処置によって骨折した犬猫が他院に回されてくるということも昨今増えているといいます。

歯周治療でのエックス線撮影が、治療の上でも安全の上でも重要なのがお分かりいただけるかと思います。

動物病院、トリミングサロン、ペットショップ、出張サービスなど無麻酔歯石除去を行っているところは色々ありますが、
トリミングサロンやペットショップ、出張サービスなどでは当然エックス線撮影ができません。
結果、歯周病が進行しているのに気付かず処置をして
歯周病の悪化につながるばかりか、骨折など
かえってひどい事態に至らしめてしまうことがあるのです。
エックス線撮影による検査は歯周病治療に欠かせません。
そして何度も言いますが歯石除去は医療行為であり、治療と予防の一環です。
犬・猫などの歯石除去は、きちんと検査を行う動物病院で受けるようにしましょう。

次回、「犬をはじめとする動物の無麻酔歯石除去の問題をドッグトレーニング・歯科医療・心理学の面から語る その2. 無麻酔歯石除去の問題~犬猫など動物の心理としつけの面から~」に続きます。