犬とおもちゃと遊び方

ドッグオーナーの皆様、愛犬とおもちゃで遊んでいますか?
 
ちょっとこの動画をご覧ください。

  
これ、何も特別なことは教えていないのです。
おもちゃで遊ぶときに、おもちゃに名前を付けて呼んでいたことと
「持ってきて」(持来)を教えただけです。
おもちゃの名前を自然と犬が覚えて、こんなこともできるようになるのです。
 
よく飼い主さんから
「犬におもちゃを与えてもすぐに飽きてしまう」
ということを聞きます。
 
その一因は「一人遊びで与えっぱなしで一緒に遊んであげていない」
ことではないでしょうか。
 
そもそも犬のオモチャは、一人遊びでは噛むか破壊するかしかないので
飽きて当然です。
「すぐ飽きるので与えない」
という飼い主さんもいますが、それでは可哀相です。
 
動画の中で「スイカ」というおもちゃが出てきますが
これは蓮を我が家に迎えたときに一緒に持ってきたもので
もう7年以上も使っていることになります。

蓮とスイカのおもちゃ

でも動画を見ると全然飽きていませんよね。
「スイカ持ってきて」
というと嬉しそうに持ってきます。
 
おもちゃで一緒に遊んでもらえることが
おもちゃへの良い印象づけと、飽きさせないことにつながっているのです。
 
おもちゃは与えっぱなしはNG。
もちろん犬がひとりで過ごすときのおもちゃはあった方が良いですが、
漫然と与えてひとり遊びだけをさせていたり、
ナントカチーズとかナントカボーンのような硬いものをかじらせ続けるのはもっての外です。
おもちゃを使って、飼い主さんと一緒に遊んであげてください。