良いおこないに見られる攻撃性

自己を「悪者は許さない。誹謗中傷をすることも辞さない」と位置づけている人を見かけます。

私は攻撃性のある人とは関わらないようにしています。
一見、良いことを言ったり良い活動をしているようであったりしても、
その背後に攻撃性が見え隠れしていることがあります。
自分が考える「正義」や「良いこと」にそぐわないものをこき下ろしたり罵倒したり嘲ったり、
こういうものが見えるときには注意を払わなければいけません。

きつい言葉や過激な言葉で悪者や敵対者を攻撃する人には支持が集まりがちです。
人が心の奥に持っていて表に出すことのできない、
対象を攻撃したい願望を代弁してくれるからです。
攻撃性のある人の言動はそうした形での共感を招きやすいのです。

しかし注意しなければならないのは、
この「代弁者」でいてくれる攻撃性のある人の「正義」や「信念」が、
いつでもあなたの「正義」や「信念」と一致するわけではない、味方ではないということです。
もしあなたの正義や信念や行動が攻撃性の高い人に認められなかったとき、
その攻撃性は一転してあなたに向きます。
今まで仲が良かったのだからそんなはずはない、自分は特別などと思ってはいけません。
自分の思う正義や信念を表現するには、何も相手を攻撃する必要などないのです。
それでも攻撃をするということは、他のものを理解しよう、対話しよう、受け入れようとする気持ちが無いか少ないという狭量さを表しているのですから。
さらに掘り下げて考えると、「良いこと」や「良い活動」をしているように見えますが、
その真の動機はどこにあるのでしょうか。

よく、メンタルを病んだ人はカウンセラーになるべきではない(なれない)といいます。
まともなカウンセラーならこのことに頷けるはずです。
例えば「親子関係で確執を抱えて…」「不登校になった経験があって…」など、
問題を抱えたことのある人は同じ問題で悩んでいる人のことが良く分かるので
親身になって相談に乗ってくれると思われがちです。
しかし、カウンセラー自身が心の中に抱えた葛藤や傷、トラウマを
健全かつ完全に克服していないと、
クライエントの悩みに自分の葛藤や恨みや怒りや悲しみなどを重ねてしまい、
誤った感情移入をしてしまうおそれがあるのです。
こうなるとクライエントの問題とカウンセラーの問題との境界がなくなり、
カウンセラーとして適切な立ち位置を取ったり支援したりができなくなります。

話を戻します。
一見「良いこと」や「良い活動」をしているように見えるその人の動機は、
「自分もかつてその問題で悩んだことがあるから」
「同じようなことで苦しめられたことがあるから」
ではないでしょうか。
それを健全に克服できて、完全に消化(昇華)した立場で関われるのなら良いのです。
しかし、その言動や活動の中で垣間見える攻撃性は、
かつて自分を苦しめた問題や相手や対象を重ねて見ているという可能性はないでしょうか。
当時の相手の代わりに現在の対象を攻撃することで「やり返し」をしているかも知れません。
そうだとすれば、その言動や活動は困っている人や悩んでいる人や社会などのためではなく、
「自分のため」に過ぎないのです。

Ataraxiaを大リニューアルしました

リニューアルに際し、これまで個人で請けていたカウンセリングをAtaraxiaとして始めることにしました。
これはAtaraxiaを始めた当初から計画にあったことではありましたが、遂に実行に移すことにしました。
動物と人との関わりを見ていくにつれ、やはり動物の幸せを左右するのは人、 飼い主の安定・不安定なのだと実感しました。
普通の暮らしをして普通に動物を飼っているようであっても、
ちょっとしたしつけのトラブルが飼い主さんの精神状態と大きく関わっていたり、
飼い主さんの生活上の不安が動物の問題を深刻化させているようなことがたくさんあります。
動物が幸せになるためには人が安定すること、人が幸せになるためには動物が安定すること。
世間では、人への医療や援助は崇高なもので、動物についてはそれよりも下位のものと思われている節があります。
Ataraxiaでは、人も、動物も「心の平安」を目指します。
従来では人への援助と動物への援助は全く違う業界、業種でしたが、あえてこれを区別せずに手がけます。
元々、心理面やカウンセリングは私の本領です。
人のための動物でもなく、動物のための人でもなく。

人も、動物も、幸せになるために。

Ataraxiaの新しいチャレンジ、どうぞ応援よろしくお願い致します。

 

 

インスタントに問題解決を求める人達

犬を飼っている方々からは色々なご相談を寄せられます。
そこでしばしば感じるのは、 手軽で簡単に問題を解決する方法を求めている方々が少なくないことです。

よくあるのが、
「うちの犬の噛みつきを止めさせたいんだけど、どうすれば止めさせられますか?」
といった類の質問です。

たとえば犬が噛みつくのにしても、色々な原因や背景が考えられます。
子犬の頃の甘噛みの癖が抜けなかった、社会化が不十分だった、噛みついて遊ばせる癖をつけてしまった、
あるいは飼い主との信頼関係、主従関係、人間に対する嫌悪感、恐怖などなど…。
こういった、その犬の成育歴や人との関わり、これまで行ってきたしつけなど総合的に伺ってから問題の原因と対策を考えるものです。

当然、これらのことを伺う必要性をお話ししていくのですが、
そうするとみるみるテンションの下がっていく飼い主さんがいるのです。

こういった方々は、問題に対してインスタントに答えが出ることを求めているのですね。

Q. 「犬が噛みついたときはどうすればいいですか?」
A. 「噛みつかれたらその手をゲンコツにして、犬がオエッとなるくらい口の奥まで突っ込みましょう。」

のように。

話は変わりますが、私は元々歯科医師でした。
今でこそ歯と歯肉の健康と体の健康に関連があることが一般的にも知られ、
歯科治療での問診で全身の病気の有無などについて伺うことにも疑問を持たれなくなりましたが、
かつては

「なんで歯の治療で体のことまで聞かれなきゃならないの」
「悪い歯だけチャッチャッと治してくれればいいんだよ」

という患者さんも少なくありませんでした。
現在でもこういう姿勢の患者さんはいらっしゃいますが、
概してこういう方は自分自身の健康についてもあまり意識を払わないタイプが多いようです。

さらに私は学校でのカウンセラーも行っていましたが、ここでも同じようなことを経験しました。
例えば

「娘が不登校なんですが、どうしたら学校に行くようになりますか?」

という親御さんからのご相談です。

子供が不登校になってしまったのも何らかの原因があるわけです。
こういうときは親御さんの相談だけでなく、不登校になったご本人のカウンセリングや
学校や周囲などへの働きかけも必要です。
ところが親御さんによっては、まるでどこかに「不登校解除スイッチ」でもあるかのごとく
「これをしたら不登校が解決する」 という方法を求めているのです。
そして悲しいかな、こういうケースの不登校は、原因が親や家庭にあることも少なくないんですね。

話を戻しますと、これら「犬と飼い主さんの話」「患者さんの話」「子供と親御さんの話」には類似点があります。
それは、

問題の原因や背景、環境まで深く考えて取り組む姿勢があるか否か

ということです。
言い換えれば、これらの人々は方法論しか求めていないのです。
(カウンセリングでは問題の原因にはあえてアプローチしないという方法もありますが、
ここではそれについての論は省きます。)

冒頭で例に挙げた「噛みつく犬」で言えば、 元々人間への不信やトラウマがあった場合は別として、
飼い主さんが方法論だけでなく、犬と人との関わり方や環境づくりに気を配る人であれば
こうはならなかったかも知れません。

歯の治療にしても、全身の健康状態や生活習慣に気を配っていれば、
口腔内の健康状態ももっと良かったかもしれません。

不登校の例にしても、親として子供ともっと向き合い、子供を操作するのではなく
子供の気持ちをよく汲み取り、家族を機能させるようにできれば、状況は違っていたかも知れません。

起きてしまった問題の多くは、手軽に簡単に解決できるようなものではなく、
それが「問題」となって表面に出るまでに蓄積されたものの分だけ、
解決に時間も労力もかかるものだと心得て欲しいと思います。

だからこそ、小さな異変を放置せず、問題が問題になる前に対処することも意識して欲しいのです。

私は、そのお手伝いをするために活動しています。