初詣は聖地巡礼~鷲宮神社~

2017年、皆様は初詣には行かれましたか。

私は一時期、初詣などの行事に無関心になっていたのですが
蓮を迎えてからは、こうした行事を犬と楽しむという方向で関心を取り戻し
毎年初詣に行くようになりました。

さてそこで困るのが、犬同伴可か否かということ。

昔から一部を除いては神社仏閣は動物の立ち入りは禁止でした。
近年はペットブームなどの影響か、ペット同伴での参拝が可能になったり
ペットの祈願も行っている所が出てきましたが、禁止の所は禁止です。
「あの神社はOKだったのに~」
などゴネたりせず、その場所のルールに従わなくてはなりません。

またブログなどを見ていると、犬禁止のお寺や神社なのに連れて行って
「何も言われませんでしたよ」
と書いているものも見かけます。

注意されなかった=許可されている

というわけではないですよね。

お寺や神社や他の参拝客も実は苦々しく思っていながら、注意できずにいるだけかも知れません。

で、私達は「犬同伴可」を前提にいつも出かける先を探すのですが、
そろそろ近場ではレパートリーが尽きてきました。
ましてや神社仏閣となると…

が!

埼玉県久喜市の「鷲宮神社」が犬同伴可ということで、
今年の初詣はここに行くことにしました。

Ataraxia聖地巡礼マンガ

こちらの鷲宮神社は、マンガ・アニメ「らき☆すた」の舞台となった場所だそうで、
ファンの方々にとって聖地となっているそうなんですね~。
「らき☆すた」も見たことがないのでどんな具合なのか調べてみると、
アニメ効果で参拝客がものすっっごく増えたとか。
街中にアニメ絡みのものが色々あるとか。

面白そう!行ってみます。
いざ、聖地巡礼!!

鷲宮神社参道に続く道

参道に続く道です。
この車の列は神社脇の駐車場を目指す車のようです。
混雑を避けて1月6日に行ったのですが、まだまだ車はこんなに混んでいます。

鷲宮神社そばの店

あっ!本当だ!アニメショップじゃないのにお店がアニメっぽい!!

らき☆すたの旗

お、おお~…(圧倒)

なんだか観光(?)の目的がすり替わってきてしまっているような気もしますが、
参拝といきましょう。

鷲宮神社鳥居

鷲宮神社参道

6日ともなると出店も開いていないところが多いですね。

鷲宮神社拝殿

拝殿です。
横に数列並べるようになっていましたが、
参拝の人はもう多くなく、並ばずに拝めました。

こちらは様々な神様が合祀されていて、
すべての神様にお参りしないと不公平な気がしてしまう私は、
律儀に(?)一つ一つの社をお参りして回りました。

 

蓮「だから、お参りは少し時間がかかったよね。」
お参りされない神様がいると、その神様が悲しむんじゃないかと思って…(^^;
蓮「で、写真も全部載せるんだ?」
載せない社があると、そこの神様が悲しむんじゃないかと思って…(^^;

鷲宮神社の孔雀

孔雀さんがいました。
ひよこが産まれたのだそうです。
孔雀の卵の孵化って難しそうなイメージなのですが、どうなんでしょうね。
おめでとうございます!!(と、孔雀さんに言ってみる 😀 )

鷲宮神社の神輿

立派なお神輿がありました。「千貫神輿」というそうです。
「土師祭」でねり歩くそうなので調べてみたら、なんだかすごい公式(!)サイトが出てきました。
http://www.wasimiya.org/hajisai/
やはり「聖地」なのですね!!(;・∀・)

光天之池

この「光天之池」は、長年のうちに埋もれていた池を復元したものだそうなのですが、
復元作業の時に湧水とともに龍のような霧が出現したと言われています。
復元作業が平成11年だそうなので、それほど昔の話ではないですよね。
そんなことがあったなんて!

一通りお参りして廻ったので、おみくじを引いてお守りを受けて帰ります。
蓮はといえば、お参りの間は他の方々や神様にご迷惑とならないよう、念のため境内で待っていました。

蓮「体が冷えちゃったなあ~。温かいものが飲みたいな」

そこで気になっていた、このお店…
ややっ、甘酒ですと!!

大酉茶屋

大酉茶屋さん。
建物は由緒正しそうなのに、どこかポップな感じがします。
看板のフォント(?)のせいですかね…(;´∀`)
久喜市商工会鷲宮支所が運営しているそうです。
1階は物販と飲食店、2階はラジオ放送もしているとか。
商工会、活気があるなあ。

大酉茶屋の甘酒

美味しい甘酒を一杯♡

神社の駐車場には「痛車」が停まっていて、その車と帰りに偶然すれ違うなど
なかなか楽しい思いもしました。

鷲宮神社がこの街にもたらしている経済効果、相当なものだと思います。
これも鷺宮神社のご祭神のご利益でしょうか。
私達もこの一年、ちょっと期待しちゃおうかな~と思う初詣でした。

聖神社と和銅遺跡

2015年の終わりを目前とした12月30日、
今年最後の思い出作りと1年の感謝のためにドライブに行ってきました。
場所は埼玉県秩父市黒谷にある「聖神社」です。

蓮「また埼玉の北部を攻略だね」
埼玉、まだまだ見どころがあるのです♡

慶雲5年(708年)に我が国初の自然銅(ニギアカガネ)が秩父で発見されたことがきっかけで、
かの有名な和同開珎が作られました。
聖神社は和銅元年に創建され、ニギアカガネがご神体として奉られています。
和同開珎にゆかりがあることから「銭神様」とも呼ばれているそうです。

蓮「ということは…金運にご利益が!?」(☆∇☆)

 

hijiri_shrine (2)

聖神社

聖神社の和同開珎モニュメント

で、でかい。
どのくらい大きいかというと…

聖神社の和同開珎モニュメント

このくらい。

聖神社は狛犬さんも印象的な顔立ちをしているのです。

聖神社の狛犬
聖神社の狛犬

カ、カワイイ♡

聖神社

コンパクトな社殿ですがインパクトは十分。
絶えず参拝の方が訪れていました。

神社の近くには和銅の産地といわれる露天掘りの遺跡があります。
ついうっかり蓮の服を車に積み込むのを忘れてしまい、寒いので蓮はスリングに入れているので
片道15分という山道を登って遺跡まで行くのはどうかと少し迷いましたが、
せっかくなので行ってみることにしました。

和同遺跡の碑

この中で一番ラクしているのは~?
蓮さん!

蓮

蓮「えっ」

陽射しが出て暖かくなってきたので、蓮も少しだけ歩きます。和同遺跡までの道

のどかな山道です。
蓮「あたしの耳が、遺跡はさらに前方を右に行った方面にあることを示しているよ。」
そうなのか?

和同遺跡までの道と猫

ここを右手に降りて行くのですが、降り口に猫さんがいます。
この猫さん、人がいくら通ろうとも少しも動く気配がありません。
もしや和銅遺跡の観光を担っているつもりだったりして…(笑)

和同遺跡までの道

和同遺跡までの道

和銅遺跡までは「登って、降りる」という感じなのですね。
少し険しそうに見えますが歩いてみるとそうでもなく、ご年配の方もいらっしゃいました。

 

到着です!またあのモニュメントがあります!

和同遺跡

これが和銅を採掘した「露天掘り」の跡だそうです。

和同遺跡

和同遺跡

和同遺跡

 

聖神社には参拝者用の駐車場があるのですが、停められる台数はあまり多くありません。

聖神社駐車場
(10台程度のようです。)
12月30日だったせいか私達が着いた時には既に満車で、実は諦めて帰ろうとしていたのです。

ところが…

地元の方が声をかけて下さり、敷地内に停めさせて下さったのでした。
おかげ様で無事参拝し、遺跡も見学してくることができました。
1年の感謝を締めくくるつもりが、また思いもかけない親切を頂くことになりました。
帰り際にお礼をしに伺ったら、「また来てくださいね」とおっしゃってくださいました。
感謝の気持ちをいっぱい込めて、また必ず参拝にまいります。

人と人とのつながりと真心の温もりを感じながら、2015年を締めくくることができそうです。

なんだか、これが本当のご利益なのかも知れないね。
蓮「そうだね。金運もいいけど、もっとイイモノもらった気分だね。」

今年も一年、どうも有難うございました。
皆様もどうぞよいお年をお迎えください。

 

 

春日部市のドッグランイソベに行ってみました

今回はオフの日の日記です。
今日はそれまで行ったことのないドッグランに行ってみたいね、ということで
埼玉県春日部市木崎にある
ドッグランイソベ
を目指してみました。

道中、案内の看板があるわけではないので少し心配になりながらも、
カーナビが指示する場所まで来たら、大きな赤い大弾幕横断幕がかかっているので一目で分かりました。
入口の岩に白いペンキで案内の矢印が書いてあるなど、最初からインパクトがあり
私の心を早くも揺さぶるのでした…。

春日部ドッグランイソベ

駐車場から入口を見た景色です。
それはいいんですが、え、松…?石灯籠…?タヌキ…?

入口のゲートを入ると左手には和風の池が。え、池…?

戸惑いを隠しつつ手続きをするべく建物へ。

春日部ドッグランイソベ

 

何系なのか私にはちょっと分かりません!(;´Д`)

出てきたのは仙人風の男性。
今回は登録も必要だと思ったので、狂犬病や混合ワクチンの注射済証明書や
鑑札などもバッチリフル装備で来たのですが、

「あの…登録は…」

と言うと仙人風の男性、

「予防接種、しているでしょ?いいよ~」

と穏やかにニコヤカに…。

えぇ、確認しなくていいんですか…。
取りあえず1回分の利用料を前金で1000円支払います。
他にもフリーパスなどがある様子。

建物の向かいにも何やら色々あって…

ドッグランイソベ 石窯

気になる焼却炉とか…(ゴゴゴゴゴゴ)

蓮「ちょ、ちょっと!あれは焼却炉じゃなくて石窯だよ!」

「えっ、そうなの?」

蓮「ホント、そういうの詳しくないんだもんなぁ~」

石窯だそうです。
昔観たホラー映画の影響で、この手のものはみんな焼却炉に見えてしまいます(^^;)

そう言われますと確かに、建物の向かいは広場になっていて、バーベキュー等もできるそうです。
ここも犬をフリーにしていても良いらしく、この場所だけでも結構遊べてしまいます。

春日部ドッグランイソベ

 

犬モードのかわいい水道とか。

春日部ドッグランイソベ 蛇口

 

本格的な大きいプールもありました!
今日はプールをやっていなくてちょっと残念。

春日部ドッグランイソベ プール

うん、ドッグランらしいじゃないか。
ようやく微妙な動揺も静まって、いざドッグランエリアへ。

春日部ドッグランイソベ

ドッグランエリアは3か所。
芝生は私達が主に利用しているドッグランの中では一番きれいに整備されていました。

奥のすみっこがそこはかとなく和風ですが、気にしてはイケナイ。

春日部ドッグランイソベ

 

わらわら。お友達もたくさん来ましたよ。

Ataraxia_蓮 (2)

 

イタグレさんも!
穏やかなイケメン、ジャック君。
ジャック君

ノリの明るいウルフ君。

ウルフ君

 

Ataraxia_蓮 (8)

蓮がいつにないモテ期。
イタグレの男の子、ウルフ君に気に入ってもらえました。

ウルフ君「蓮ちゃ~ん、遊んで~♡」
蓮「ウフフ、ここまでいらっしゃ~い♪」

蓮とウルフ君

イチャイチャ。
飼い主、もはや置いてけぼり状態(笑)

蓮とウルフ君

何だかんだでナイスコンビネーション。
気の合うお友達ができて良かったね。

川久保&蓮

と言いつつ、立場の回復を図る飼い主。

「蓮よ、私のことを忘れてはいないかな?」

蓮「そ、そんなことない!」

しからば愛を確かめるべくドッグトレーニングをば。

脚側行進

脚側行進とか…

脚側の伏臥

脚側の伏臥など。

蓮(今日はオフの日だと言わなかったっけか。)

いつもパートナードッグとして頑張ってもらっていますが、
たまには普通の犬として、こんな風に犬らしく走り、遊んでくれると嬉しいものです。

蓮

 

色々な要素が一緒くたに詰まっていて、ある意味カオスなドッグランでしたが
楽しい一日を過ご…

おっと、トイレに行きたくなりました。
簡易トイレがありますよ。入ってみましょう。

トイレ

 

………Σ(゚∀゚;)!!!!

最後の最後になって、再びいい意味で裏切られました!
やっぱりカオスです(笑)
この衝撃は、ぜひあなたの目で確かめて体感してみてください。

 

犬も歩くよ袋田の滝

蓮、何をしているの?

蓮「去年のゴールデンウィークを振り返っているんだよ。」

おぉ、思えば「ふ」の始まりだったかも知れないねぇ…

 

「ふ」その1

2014年5月2日、茨城県久慈郡大子町の「袋田の滝」に行きました。
袋田の滝は、華厳の滝、那智の滝に並ぶ日本三大瀑布・三名瀑の一つに挙げられることもある名瀑布です。
ドライブがてら行ってみようということで、景色を楽しむために高速ではなく一般道で向かいました。

ところが…

ビーフライン

一見のどかなこの「ビーフライン」がなかなか曲者。
起伏が激しく、カーブもあり、普段は車酔いしない蓮さんも結構つらそう。
途中で車を停めて休ませてあげたくても、停車できる側道もなく、後続車も微妙に来るので
運転している私も蓮もかなり神経のすり減る往路でした。

蓮「あれはしんどかった…。」

あ、ちなみに犬を車に乗せるときは安全のためにきちんとケージに入れてくださいね。
リードも付けずに車内でフリーにしているのは事故を招き危険ですよ。

 

駐車場は袋田の滝から少し離れているのですが、混雑の可能性を考えて
袋田第二駐車場を利用させて頂きました。
入口はこの看板が目印です。

袋田第2駐車場

 

袋田第二駐車場

午前中の早い時間に着いたので、ゴールデンウィークでも空いています。
良かった良かった。

さて、ここから袋田の滝までは1.5kmほど距離があります。
道の途中途中で「あと何km」の石版が埋まっていますし、
蓮(石版って…マイルストーンと呼ぼうよ…)
景色もとても良いのでお散歩がてらにちょうど良いです。

マイルストーン

袋田の景色

 

袋田の滝と鯉のぼり

5月でしたので沿道には鯉のぼりがズラーリ!

いのしし料理

す、すごい看板が…。いのししの剥製です…。

こんな具合で、袋田の滝まで歩くのも全く退屈しません。

 

いよいよ到着。この「袋田の滝トンネル」の向こうに滝がある(と思う)のです。
行ってみます!!(ドキドキ)

袋田の滝トンネル

 

袋田の滝トンネル

トンネルのカーブの先が見えなくて、ちょっとスリルがあります。

袋田の滝トンネル

意外と長-い…。

袋田の滝トンネル胎内観音

トンネルの長さに心細くなってきたところに胎内観音が祀られているものだから
ますます心細くなってきます(笑)

トンネルの途中に、今はメインで使われていなさそうな観瀑台が。
うぉっ、ここから見るだけでも滝の規模がいかに大きいか分かります。
早く行きたい!!

袋田の滝

蓮「えー、何か言ったー!?水の音がすごくて聞こえないよー!」

 

袋田の滝

どおおおおおおおおおおおおお!!

観瀑台、着きました!!
滝がまさに眼前です!!水しぶきもバシバシ飛んできます!!
こんな所にいたら滝に飲み込まれてしまうのではないかと思うほどの迫力です。

時が経つのも忘れて見入ってしまいますが、
観瀑台そばのエレベーターを昇ると、もっと上の方の新観瀑台に行くことができます。

袋田の滝エレベーター

ただし、犬などペットはエレベーターに乗れません
上に行きたい方は誰かと一緒に行き、交代で見に行くといいでしょう。
そんなに時間はかかりませんし、待ち時間も滝を見たり、
近くで祀られている不動尊にお参りをしたりできます。

四度の滝不動尊

エレベーターを昇ると、さらに上の観瀑台への階段があります。

袋田の滝新観瀑台
そこからの滝の景色は…

袋田の滝

ふおおおおおおおおお!!

滝の全貌が一望できます。

周りの断崖もすごい!

袋田の滝断崖

 

 

さて、来たトンネルを少し戻ると、吊り橋につながります。

袋田の滝吊り橋

 

袋田の滝吊り橋

蓮さん、恐いんじゃないかね?
蓮「こわくないもん!」
でもカーミングシグナル出ているよ?(笑)
蓮「初めて来たから、ちょっと緊張しているだけだもん!」

吊り橋からは、袋田の滝を見下ろすことができます。

袋田の滝

 

また、この滝につながる渓流もとてもいい感じです。

袋田の滝渓流

袋田の滝に来たからには、吊り橋も渡ってみることをおすすめします。

吊り橋の向こうには、風情のあるお土産屋さんなどが軒を連ねています。

袋田の滝の土産店

 

古民家みたい!お食事処です。

袋田の滝のお店

 

この階段を上ると、さらに「生瀬の滝」という滝があるそうで、
行ってみたい気持ちが山々でしたが、
蓮連れでこの階段を上り下りするのは危険だろうと思い諦めました。
何しろ片道20分なのだそうです^^;

生瀬の滝階段

 

それに私達にはもう一か所、目的の場所があったからなのでした。
それは次回に続きます。

蓮「なんだか旅ブログと化していない!?(◎_◎;)」

 

 

 

犬と羊と芝桜~羊山公園~

2015年4月18日、埼玉県秩父市にある「羊山公園」に行ってきました。

ここは「芝桜の丘」が名所で知られているそうです。
昨年、三峯神社に行った際にたまたまそばを通りかかって知りました。
何しろすごい人出と渋滞だったのです。
「なんだ?なんだ?この公園に一体何があるんだ?」
と好奇心に駆られて寄ってみたかったのですが、あまりの混み具合に断念したのでした。

4月25日以降の土・日・祝日は交通規制が敷かれるそうなので、それよりも早目に行ったのですが
それでも公園内駐車場までの道はかなり混雑。
15分くらいは待ったでしょうか。
無事駐車できて、いざ、いざ。

芝桜の丘おおおお…

かなりの圧巻です。
天気にも恵まれ、青空の色に芝桜が映えていました。芝桜の丘

武甲山を眺めながらの景色もなかなかです。

芝桜の丘

芝桜の丘はこのようにV字型になっているので、上から見下ろす景色と下から見上げる景色が楽しめます。

羊山公園で記念撮影
記念に一枚♪

ふれあい牧場

芝桜の丘の上には「ふれあい牧場」があり、羊山公園の名の通り羊がいます。
蓮、生まれて初めて羊に遭遇。

蓮「お?なんだあれ?」

羊

羊山公園の出店出店もたくさん!
秩父にゆかりのある食べ物や工芸品から、
「広島焼」「北海道チーズ」など全然関係のないものまで!(笑)

羊山公園の見どころは芝桜だけではありません。
これだけ見て帰ってしまうともったいないですよ。
少ーし険しいのですが、小高い丘を登っていくと…

羊山公園

蓮(険しい…少し険しい…。以前にもこんなことがあったような気が…。)

羊山公園

ほら!こんなに素敵な丘が開けているのです。

葛葉稲荷丘を下ると、いい感じの鳥居が…。
登ってみましょう。

蓮(険しい…。さっき下りたばかりなのに…。)

葛葉稲荷

 おお!かの有名な葛葉稲荷です。

葛葉稲荷
ほら、蓮もお参りしなさい。

わんぱく広場

葛葉稲荷大神の隣には、「わんぱく広場」というちょっとしたアスレチックがあります。

第一駐車場のそばの登り坂。
これを延々と登っていくと…
結構汗ばんで息も乱れて…
ほどよく筋肉痛になりそうな気配があり…

羊山公園

蓮(ハァハァ…なんであたしたちのレジャーはこんなのばっかりなのかな…。)

見晴しの丘

でも、ちょっと疲れるけど登って良かったな、と思える眺望が広がっているのです!

ここは「見晴らしの丘」。
秩父の市街が一望できます。

秩父市街

感動しますよ~(´∀`)

さらに羊山公園の側には、「牧水の滝」という滝があるそうな。
行ってみましょう!

牧水の滝

ここですね!期待が高まります。
しかし、滝の音が聞こえてきませんが…

…ん…?

牧水の滝

干上がっていました!!!(≧▽≦;)

もっとも、時期が悪かっただけかも知れません。
滝の下には人工池と水車小屋もあり、池には小魚が泳いでいます。

蓮「小魚って…金魚だよね?アーモンド小魚みたいな言い方しないでよ(汗)

牧水の滝

 

ところで、見晴しの丘にはある像が立っています。

上武鉄道(現在の秩父鉄道)の創業者で初代社長、柿原萬蔵氏です。
柿原萬蔵

柿原萬蔵氏は日清戦争時の経済不況で資金繰りが厳しくなっても、
社長や役員は無報酬で、私財を投入して鉄道の工事費に充てたそうです。

末端の従業員は減給させて、上は私腹を肥やしているブラックな会社の
社長や役員に聞かせてやりたい話ですね( ̄▽ ̄)

蓮(アワワワ…)

この柿原萬蔵氏の像は2代目で、
最初に作られた像は太平洋戦争での金属の供出に出されてしまったそうです。
生前も死後も戦争で苦労されたなんて、切ないですね。

この青空の下で犬と散歩する幸せが、いつまでも続きますように。

芝桜の丘と蓮

 

 

ありがとう、さようなら宮沢湖ドッグラン!!

2014年9月23日(火)、私達は埼玉県飯能市の「レイクサイドパーク宮沢湖」へ再び行ってきました。

ここには以前記事にしたように、斜面むき出しのワイルドなドッグランがあり
「待て」や「呼び戻し」を行ったり、散策したりととても楽しい思い出を作ったのです。
「また来ようね」と言っておきながら、1年半以上も訪れる機会を失っていました。

ところが、レイクサイドパーク宮沢湖では解体工事を行っていて、
ドッグランも解体・閉鎖されることを犬仲間から知りました。

あの楽しかったワイルドなドッグランが…無くなる…。
トレーニングでも満足な出来を残せて嬉しかったあの場所が、無くなる…。

ドッグランは10月1日までの開園だそうで、もう残り日数がありません。
「また来ようね」と言った蓮との約束をどうしても果たしたい。
矢も楯もたまらず、宮沢湖へと向かいました。

miyazawako (3)

 

もっと鬱蒼としていたのに、何だかぽかっと開けています。
道の舗装も剥がれています。

miyazawako (2)

工期予定。
以前の記事でも書いたように、もう稼働していないような遊具や売店がありました。
冒険の森、アーチェリー、メリーゴーランド、なかよし動物園…
こんなにあったのですね。
最盛期には子供達や家族連れの笑顔があふれていたであろうに、
今は某ネズミの王国とかそんなのばかりに人気が集まってしまうのでしょうか。
寂しさがつのります。

miyazawako (4)

以前の記事で昭和の香りの遊具の写真を載せた場所のそばです。
何もない…。

 

そしてドッグラン。
あ、あああ…!!?

miyazawako (5)

10月1日までは遊べると思っていたのに、もう解体されている…!?
ショックでしばらく立ち尽くすのみ。
ああ、この場所は入口の…、あの斜面は…、など思い出と重なります。

miyazawako (6)

仕方ないので記念撮影。
蓮「解体されている場所で記念撮影ってのも、なんだかなぁ。それに何?その満面の笑みは。」

かなしみをえがおでかくしているのですよ。

 

miyazawako (7)

以前の記事で「水も空気もきれいです」と紹介した場所です。
緑の柵で覆われ、すっかり雰囲気は変わってしまいました。

仕方ないからお散歩代わりに湖の外周をぐるっと周ろうと、
とぼとぼと歩いていると…

 

んっ!?んんんっ!!?

miyazawako (8)

ドッグラン、まだありましたーーーー!!( ;∀;)

蓮「さっきのは場所を間違えていたね…(恥)」
そうだね。
どうしてこんな工事現場で記念撮影しているのだろうと、通行人の方々は不思議に思っただろうね(照)

miyazawako (9)

蓮「さあさあ、さっそく遊ぶよっ!早く入れて入れて!!」

 

二重扉の内側が壊れているので、ベンチを倒して塞いであります。
水道は前回来た時から既に壊れたままですし、整備も追いついていなかったんですね…。

 蓮「じゃ、カッコイイところ見せちゃう♪」

 

miyazawako (10)

蓮「どうせあと1週間でなくなっちゃうんだから、『蓮これにあり』の軌跡を残すよ。」
(悪いね蓮。後でマナーウォーターかけておくよ。)

miyazawako (11)

今度はまともな記念撮影になりそうです(^_^;)

今回このドッグランに来たかったのはもう一つの理由がありました。
それは、前回にできた「スーパー待て」と「スーパー呼び戻し」が今もきちんとできるか確かめることです。

蓮「えっ!?あたし、今やプロ犬だよ?疑うなんてひどいなぁ。」

と蓮は言っておりますが、犬も日々練習を重ねていないと技量が落ちるのです。
普通の呼び戻しや待ては日常的に行っていますが、このような場所で行うのはなかなか機会がないので
ぜひ確かめつつ練習をしておきたいところなのです。

さあ、レッツチャレンジ!
今回は私が蓮に指示を出している動画を撮りつつ、それをトレーナー視点でも撮るという新しい試みです。

 こちらはトレーナー視点。
上の動画の舞台裏でどうなっていたのかが分かり、面白いかと思います。
(上下の動画の再生ボタンを同時に押すと同じ時間の流れで再生でき楽しいですよ。)

 

倒木のせいで前回と同じ位置ではできませんでしたが、まぁ良しとしましょう!
この分なら前回と同じ位置からでも、まず間違いなくできていたと思います。

蓮「信じてくれてありがとう!」
蓮の日頃の努力はいつも見ているからね。

もう一度来るということ、「スーパー待て&呼び戻し」の実力を試すということ、
どちらも最後に再び叶えられて満足です。

でも、惜しむらくはこの森と斜面そのままなドッグラン…。
平地や芝のドッグランは他にいくつもありますが、こういう場所は珍しいです。
ファンも結構いるようですし、どうか再整備してまたオープンして欲しいです。

 

オマケ

宮沢湖といったらコレですよね…(笑)
miyazawako (23)

miyazawako (12)

蓮「えいっ、トチの実ゲット!」

 

 

 

 

 

 

三峯神社(続き)~奥宮といも田楽~

三峯神社、続きです。
以前の記事はこちら

ここを登っていくと小高い丘のようになっていて、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の像があります。

mitsumine_shrine (30)

 

どん!!

 

mitsumine_shrine (32)

 

 

さて、三峯神社にはたくさんの社が祀られていますが、まだ最後に残っています。
この像の丘を降りて次に向かう先は、奥宮…

奥宮とは三峯三山の一つ、ある妙法ケ岳の山上に祀られている宮です。
ここから1時間半程のハイキングコース登山を経て辿り着けるとか。
そこからの景色は絶景らしく、三峯神社に来たからにはすべての社をコンプリートしたいですよね。
でも、とてもそこまで行かれそうにない…という人々の為に、遠くから奥宮を参拝できる場所があります。

mitsumine_shrine (36)

遥拝殿です。

ここに展望台風の場所が設えられていて、そこから遠く奥宮を拝むことができるのです。

mitsumine_shrine (58)

mitsumine_shrine (37)

 

遥拝殿からの景色。おそらく右手の山道を行くのでしょう。
奥宮は見えもしません。
行ってみたかったのですが、犬連れで行かれる道かどうか怪しかったので断念しました。

(本来なら犬の方が山道には強いはずなんだけどね…ねぇ、蓮?)
蓮「………」

 

お参りの後は腹ごしらえをしますよ~!
秩父では「芋田楽」が名物らしく、三峯神社入り口にものぼりが出ていたので、食べてみます!

いも田楽
おいしそう!!

「芋田楽」とは奥秩父大滝村の特産品だそうで、中津川いもを使用しているそうです。
ただのじゃがいもではないんですね。

いも田楽と蓮
蓮「はぁ~、おいしそうだなぁ~。でも、うちでは人間さんの食べ物は禁止だからなぁ~」

mitsumine_shrine (41)


特産品らしいし、ここまで来て何ももらえないのも可哀想だからね。

これはただのイモだから、少しあげるよ。
(さっき、ただのじゃがいもではないと自分で言ったくせに!w)

蓮「くんくん、イイニオイ…」

 

 

 

 

mitsumine_shrine (42)

 

蓮「つつしんで、いただきますっ♪

 

 

 

 

 

イワナ

こちらはイワナ。お腹に余裕があればこれも食べたかったなぁ。

mitsumine_shrine (43)

 

ちなみに芋田楽、たいそうな人気商品のようで
私達が食べた後すぐに売り切れになってしまいました。
食べたい方は、売っているのを見かけたら迷わずゲットですよ!

 

 

 

 

 

mitsumine_shrine (45)

 

この緩やかな坂道を下っていくと、資料館と「三峯神領民家」があります。

mitsumine_shrine (46)


蓮「資料館…見たい…」

蓮、お勉強好きなのは感心だけど、犬は駄目なんだよ。

 

 

 

 

 

mitsumine_shrine (47)


蓮「見たいなぁ…」

あーあ、とうとう入口まで来ちゃったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

mitsumine_shrine (48)


蓮「かばさん、なんで犬はすぐ立ち入り禁止になってしまうん?」

蓮よ、火垂るの墓じゃないんだから…(~_~;)

 

この資料館、小ぶりではありますが
埼玉県に生息する野生動物のはく製や、秩父の山で採れる鉱物(あの平賀源内も採取に来たそうですよ)、
鳥とその鳴き声などが展示されていて、一見の価値ありです。

蓮「あーあ、あたしも人間だったらなー」

 

 

 

 

三峯神領民家

こちらが三峯神領民家。
江戸時代、三峯神社の神領に住む人は神社に年貢を納め、神社での労働に従事していたそうです。
この神社はその神領からこの場所に移築されたものです。

 

埼玉にこんな素晴らしい神社があるとは全く知りませんでした。
これも蓮が導いてくれたものの一つですね。

参拝の記念に、犬のお守りを二つ買って帰りました。
一つは犬型のもの、もう一つは犬の焼印の入った「出先お守り」です。
出張で仕事をすることの多い私達の安全を守って下さると思います。

 

ところで、三峯神社への道の途中に小さなヘリポートがあり、
そこで絶えずヘリが発着し、何かを運んでいました。
支援物資のようです。
秩父の奥地では2月の大雪による雪害で孤立してしまった地域があります。
地元や自衛隊の皆様の働きで復旧が行われていますが、
いまだ通行止めの道路もあり、不便をしている地域もあるだろうと思われます。
一日も早い復旧と、地域の皆様の安全な暮らしを願って止みません。

mitsumine_shrine (51)

 

 

 

ドキッ!丸ごと山犬!狛犬だらけの三峯神社

2014年のゴールデンウィークは私達にとって「修行休暇」、
そこで修行にふさわしい場所に行って来ました!

まず第一弾は、埼玉県秩父市にある「三峯神社」。
ここは「お犬様」への信仰があるそうで、詣でに行くドッグトレーナーもいるそうです。
私達も行ってみなくちゃね。

さてこちら、行くまでがだいぶ険しいのです。
県道?これが県道!?と言いたくなるような細くて曲がりくねった山道を抜けて行きます。
ダムの上を走って行くんですよ…。

mitsumine_shrine (60)
これがダム。この上が1車線の道になっています。

詣でるのって大変なんだね。昔の人はどうしていたんだろうね。
こんな大変な思いをしたんだから、拝む気持ちも深まるってもんだよね。
…と、ぶつぶつ心の中でつぶやきながら、

やっと着きました!!!

mitsumine_shrine (1)
これが駐車場から見た景色。気付いてみると随分高い所まで登って来たものです。

mitsumine_shrine (2)
この階段を上がっていくようです。天気も良く花もきれいです。
さあ行こう!

mitsumine_shrine (4)
蓮「ぬふっ、楽しみー♪」

mitsumine_shrine (6)
ここが境内入口です。珍しい「三ツ鳥居」が特徴です。

mitsumine_shrine (9)
狛犬がより「犬っぽい」です。
ここでは御眷属信仰として、山犬(狼)が狛犬とされているそうです。

蓮(そういえば、このゴールデンウィークはモノマネの修行って…このことだったのか…)

mitsumine_shrine (10)
圧巻です。地元の深い信仰を集めているのが分かります。

mitsumine_shrine (11)

ここには大変美しい「随身門」があるのですが、おそらく2月の大雪のせいでしょうか
屋根が壊れてしまって立ち入り禁止になっています。
残念です。一日も早い復旧をお祈りいたします。

mitsumine_shrine (63)
随身門の前を護る狛犬です。うーん、犬っぽい…。

 

mitsumine_shrine (14)
「摂末社」です。
23社もの神社が祀られています。
どこも一度は聞いたことがあるか、行ったことのある神社ばかり。
三峯神社だけで日本全国の神社の参拝ができてしまいそう(^_^;)

mitsumine_shrine (62)
こちらは「国常立神社」の前の狛犬。
さらに犬っぽさが増したような…。
特に左側、フレンチ・ブルドッグやパグなどの短頭種を彷彿とさせます(笑)

 

mitsumine_shrine (16)

本殿と拝殿です。

mitsumine_shrine (67)

拝殿への入り口。

mitsumine_shrine (18)

拝殿。
この三峯神社にきて大変驚き感心したのは、参拝客の皆さんがとても参拝マナーが良いことです。
観光客が多いとどうしても参拝の作法がおろそかな人も増えがちですが、
ここは老若男女とも皆さん作法が素晴らしい…!
私も参拝作法は心得ているつもりでしたが、皆さんがスマートにこなすのが素敵で
「あっ、私ももう少し勉強し直してみようかな」
と思うほどでした。

mitsumine_shrine (64)
こちら、拝殿両脇の御神木の側におわす狛犬。
イ、イタグレっぽい…!!

mitsumine_shrine (54)
このご神木はパワーを授けて下さるそうなのですが、みんなが触るのでその部分がすり減ってしまって可哀想。
それに気のせいか、少しお疲れな気もします。
よーし、たまには元気をあげるよ。私から、パワー注入!!

蓮(枯れないかな…大丈夫かな…)

mitsumine_shrine (65)
階段の途中のイタグレさ…もとい、狛犬さんは2体とも骨折(?)の痕が。

蓮「イタグレは骨折が多いものね。気を付けて頑張ってね」

(蓮…これは山犬。イタグレではないよ…)

mitsumine_shrine (25)

mitsumine_shrine (68)

柴犬か秋田犬っぽい狛犬に見送られて、三峯神社参拝の記事は後半に続きます!

 

 

わいわいペットフェスタ2014に行って来ました

2014年3月8日・9日、さいたまスーパーアリーナで開催された
わいわいペットフェスタ」に行って来ました。

蓮「お台場の『グッドライフ=ドッグライフカーニバル』では、あたし、自宅待機って言われちゃったものね」

いつも山や森っぽい所ばかり攻めている私達なので、こういうイベントは気分一新で楽しみです。

petfesta2014 (1)
蓮「う~ん、都会の風…♪」
(都会という程でもないんだけどネ(笑))

 

開場時間とほぼ同時に到着したのですが、すでに続々と人が集まっています。

petfesta2014 (4)

会場に入ると早速イタグレさん達に遭遇~♡

petfesta2014 (6)petfesta2014 (7)

 

広い広い会場にはたくさんのブースがぎっしりと並んで、上には各企業のバルーンが浮かんでいます。
会の規模の大きさを伺わせますね。期待がムクムク膨らんできます。

petfesta2014 (38)

 

Honda dogで車の展示をしていますよ。

petfesta2014 (33)petfesta2014 (34)

 

カッコイイですね~!
私の車はHonda車ではないですが、Hondaが提供する犬と車のカーライフはなかなか充実していて楽しそうです。

キャリーに乗って記念撮影をすると景品がもらえるというイベントがあったので、やってみました☆

petfesta2014 (35)petfesta2014 (36)

 

 

 

 

 

 

 

 

いいなぁ、こういう犬用にカスタマイズした車でピクニック、憧れます。

 

petfesta2014 (13)

petfesta2014 (14)

ここはフードコート。「B級グルメ」のお店が軒を連ねています。
お昼時になると混雑すると思われるので、早めに食べておくことにしました。

どれも美味しそうで迷いましたが、「アボカドタコライス」を。

petfesta2014 (16)
蓮「蛸ライスっていうのかぁ…おいしそうだねぇ…」
(蓮、蛸じゃない…。)

petfesta2014 (17)
蓮「イイコにしていればもらえる…」

petfesta2014 (18)
蓮「イイコにしていればもらえる…」

petfesta2014 (19)
蓮「ハッ、いけないいけない!」

petfesta2014 (22)
蓮「ほら、こんなにイイコだよ」
(いやだなぁ…だんだん近付いてきたよ…)

腹ごしらえも済んで、本格的に見て回ります!

 

petfesta2014 (23)

こちらはおなじみ「コング」のブース。
「コング」はしつけ、遊び、お留守番にメッチャ使える優れもので、私も大のオススメです。
また、こちらのブースの方を通して素晴らしい頂き物をしました。
コングの活用法と併せて、近いうちにお知らせする予定です。
スペクトラム ブランズ 株式会社様、誠に有難うございました。

 

petfesta2014 (24)

さてこちらでは、株式会社リッチェル様による、豪華詰め放題!!
蓮「かばさんはホクホクしているけど、あたしは恥ずかしくてもう顔を出せないよ…」

 

ここでは愛犬との体験型ブースが設置されています。

petfesta2014 (50)

petfesta2014 (51)petfesta2014 (52)

 

 

 

 

 

 

 

蓮、私達も参加してみようか?
蓮「えっ、いいのかな…あたしたち一応プロだし…」

 

petfesta2014 (45)
20秒間「マテ」だって。できるよね?
蓮「余裕だべ。あたしプロ犬だよ?」

petfesta2014 (44)
よーい、マテ!

petfesta2014 (46)
………ヨシ!!

 

petfesta2014 (49)

かくして景品ゲット。またもホクホク顔で高速で走り去ります。
蓮ももはや共犯者です(笑)

 

petfesta2014 (28)

 

お?呑み食い処?

petfesta2014 (30)

 

ここでは、ワインや日本酒…に見立てた、犬用ドリンクが試飲できます。
面白いものがあるんですね。

ところで、食べた後は歯磨きしたいよね?
ジャン☆ 歯磨き教室ブース!

petfesta (5)

 

大盛況です。近頃は犬猫の歯磨きにも関心が高まっている証拠ですね。
うん、嬉しい嬉しい(^^)

petfesta (4)

獣医師の高橋香先生による解説です。素敵!分かりやすい!カッコイイ!!

petfesta2014 (32)

動物用のオーラルケア用品も今やこんなに充実。
自分のパートナーに合ったケア用品を探してみるのも楽しいものですよ。

petfesta (10)

高橋先生と一緒にお写真を撮らせて頂いちゃいました。
先生、カワイイカワイイ~♡
動物の歯科を正しく診られる獣医さんはまだまだ少ないですから、今後のご活躍に期待しています。
頑張ってください!

 

さて、記事もだいぶ長くなってきました。
ペットフェスタは犬のみの展示だけではありません。

petfesta2014 (9)
水棲生物用!お魚の展示もあるよ。

petfesta2014 (43)
鳥さん用!

petfesta2014 (37)
ちょっと珍しいコにも会えちゃう♡

ここではご紹介しきれずに残念ですが、まだまだ沢山のブースがあり、そのどれもが実に楽しく魅力的!
それに、最新のフードやグッズ、飼育やお手入れに関する情報が入手でき、とても勉強になります。
また近場でこのようなイベントがあれば足を運びたいと思います。
皆さんもぜひ行ってみて下さい(#^^#)

 

 

ロックハート城で愛犬のハート、アンロック!

いきなりですが、群馬県吾妻郡にある「大理石村 ロックハート城」に行って来ましたよ。

ロックハート城入口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓮「ん?お正月飾りがある…。かばさん、ブログにするの遅くない?」

いやぁ、忙しくてですね…なかなか手が回らないのです。

2013年も間もなく終わろうかという12月末、私達はいつものように犬と出かけられる場所を求めてドライブに出ました。
今回目を付けたのがこのロックハート城。
なんとここは、犬も建物内に入れるらしいのです。
犬と遊べる施設は数々ありますが、寒さに弱いイタグレは屋外だとあまり長時間は遊べません。 これはいい…!

早速サイトをチェック。古城ですよ古城!ロマンティック~!

蓮「でもかばさん…ここって恋人たちが熱くイチャイチャするようなデートスポットじゃないの…?」
いいよそんなの。行こうよ。
蓮(踏み込むか…恋人たちの聖域に!)

ロックハート城入口

エントランスを入ると、そこには雪が積もっていました。 埼玉ではまだ雪が降っていなかったので、軽く興奮。 雪の古城ですよ~。高まるではありませんか!(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

石コロ達のミュージアム入ってすぐにあるのは、「よみがえった石コロ達のミュージアム」。 化石のミニ博物館です。

蓮「なんで化石!?」

ほら、「ロック」ハート、岩だから…。

蓮「あ、ああ…うん…(そっちのロックじゃなかった気がする…)」

 

 

 

 

蓮「あっ、見てみて!おいしそうなお菓子が展示してあるよ!」ストーンアート

これはなんと、石なのです!! 石をさまざまなものに見立ててペインティングしてあるんですよ。 この他にも鳥や動物などがありますが、ものすごくリアル!

蓮(ここまではイチャイチャの気配はなさそうだけど…)

 

 

 

 

ハートの絵馬蓮「ぎゃあ!出たぁ、ラブラブグッズ!!」

これは「絵馬」のようなもので、これに二人の願い事を書いて吊るすと叶うとか。
ロックハート城敷地内には、このハートの絵馬がいたる所に吊るされています。

 

 

 

 

 

そしてここは、その名も「ハートバザール」。ハートの絵馬だらけです。 蓮、茫然。

このハートバザールの脇はお土産屋さんが並んでいます。ハートバザール
犬のレンタル衣装も用意されていて、ドレスやタキシード姿の愛犬と一緒に園内を楽しむことができます。
私達も試してみたかったのですが、この日は犬用ドレスでは寒すぎそうだったので断念しました。

 

 

 

 

 

マクシミリアン甲冑マクシミリアン甲冑まで餌食に…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ!ハートバザールを抜けて、ついにロックハート城の前まで来ましたよ!
雪が残っているおかげで、とてもいい雰囲気です。

ロックハート城

場内に入ると、「恋人証明書」なるものが。恋人証明書
恋人同士で来た二人は、ここでお互いに署名をしあうのでしょう。
アツアツ(←古い)な時はさらに燃え上がりそうですが、冷めてしまうととてもイタくなりそうですね(笑)

蓮(………)

 

 

 

 

城内は中世風の展示室とお土産屋さんになっています。
犬も入れますが、排泄やマーキングなどしないようよく気を付ける必要があります。
また、お土産屋さんは商品が所狭しと並んでいるので、うっかり商品を倒したり傷つけたりしないよう
犬同伴では無理に入って行かない方が良いかも知れません。

ロックハート城城内そこかしこにあるラブラブな雰囲気にあてられて、蓮が魔犬と化しております。

 

 

 

 

 

 

 

城を出ると、小ぶりで素敵なチャペルがあります。
ここでは結婚式も執り行っているそうですが、とても情感あふれる式になりそうです。ロックハート城教会

 

 

 

 

 

 

 

ロックハートスプリングベル

これは「ロックハートスプリングベル」。鐘つき堂ですね。
鳴らすとご利益があるそうなので、上ってみましょう。

蓮(し、下心で!?)

 

 

 

 

 

 

 

 

螺旋階段 高い所が苦手な人にはヒエエ~ッとなりそうな螺旋階段。
この階段の中腹に「Hug here!」と書いてある、小さなプレートがあります。
そこで私達も…

蓮「か、かばさん!?」

抱~っこ♪

 

 

 

 

さあ、頂上に着きました。鳴らしますよ~♪

ロックハートスプリングベルの鐘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心を洗われるような美しい鐘の音が響き渡る中、面白いものを見つけました。

みせしめの台

 

「みせしめの台」。

ざっくりいうと、その昔、悪いことをした人がここで晒されたわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

晒されてみました。 みせしめの台

 

 

 

 

 

 

 

ここでこうして晒し者の刑にあっていると、これまでの罪があがなわれていくようです。

蓮…ごめんね…。

蓮「何かあったかな?」

仕事が忙しくてお散歩があまり充実していなかったり、
最近新しいオモチャを買ってあげていなかったり、
ホールドスチールとタッチングの練習だよと言いながら、蓮かわいさにムリヤリ押し倒してチュ~したり…。

蓮「いいよそんなの…(だから後で美味しいオヤツちょうだいね♪)」

蓮っっっ!!(≧3≦)チュー

こうして、蓮と私の主従の、愛と絆も深まっていくロックハート城なのでありました。

今回は一部しか営業していませんでしたが素敵なレストランなどもあり、
外のテラスでの食事もできる季節になったら、また訪れてみたいと思いました。

なお、ここを訪れる道の途中で、 車で走ると「星に願いを」のメロディが流れる道路がありました。
ドライブがてらに向かわれる方は、探してみて下さい。 ロマンティックな気分がさらに高まりますよ(#^^#)