パートナードッグの蓮が5歳を迎えました

本日2015年6月19日、パートナードッグの蓮は無事に5歳の誕生日を迎えました。

幸いにも大きなけがや病気もなく、デモ犬としても家庭犬としても公私ともに支えてくれている、
文字通りかけがえのないパートナーです。
Ataraxiaの活動は蓮の活躍なくしては成り立ちません。
何よりも、愛犬と共に仕事ができるというのは何と幸せなことかと日々噛みしめています。
蓮には本当に感謝しています。

愛するものの誕生日を迎えられるということは幸せなことなのは間違いないのですが、
誕生日を1年、また1年と迎えるたびに、喜びのかげに寂しさもおぼえます。
動物と暮らす多くの人が、きっと同じような思いをされていることでしょう。
蓮といつまでこうして一緒に仕事をしていられるだろう。
いつまでもいつまでも一緒に働いていたいけど、 犬の短い一生の中で元気に活動できる時間はさらに限られています。

なればこそ、今できることを大切に。今しかできないことを大切に。
その思いで毎日をひた走っています。

先日、5月11日にAtaraxiaは設立3周年を迎えました。
わずか3年の間に、小規模な活動でありながら内容はとても大きな働きをさせて頂きました。
松本秀樹のグッドライフ=ドッグライフカーニバルやInterpets(インターペット)での講師、
ライオン商事での講演、 All Aboutをはじめとするいくつかのメディアへの掲載、などなど…

そして今年は、さらに大きな機会を頂きました。 これも蓮あってのことです。
犬である蓮が、 「犬の、犬による、犬のための」(あと少し猫も(笑)) の
「アタラクシア(心の平安)・ライフ」を伝えてくれているような気がしてなりません。

蓮、5歳。
まだまだ元気で衰えの欠片も感じられませんが、
いずれはAtaraxiaの活動も蓮の年齢に応じて形を変えていくかも知れません。
そんな未来を思いながら、今のうちできることを大切に、 今年も支え合って頑張っていきます。

どうぞ皆様、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

蓮5歳誕生日用

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す