ドッグラン松戸で2017年初Runランラン♬

2017年が始まりました。
7の数字が入っているせいか、今年は何となく良いことがありそうな気がします 😀 

さて新年の走り初めは「ドッグラン松戸」に行ってきました。
http://shinkeisei-frontier.co.jp/dogrun/

ドッグラン松戸入口

入口は遠くからこの大銀園さんの看板が見えてくるので、それを目印に。

ドッグラン松戸受付

受付と入口です。
この日はたまたま券売機が壊れていて、係のおじさん達が手作業で領収書を書いてくれました。

ドッグラン松戸

入っていきますよ~ワクワク!
どんなコが遊んでいるかな?

各エリア入口です。

ドッグラン松戸各エリア入口

大型犬エリアはさすがに広ーいですね!

ドッグラン松戸大型犬エリア

中型犬エリアもありますが

ドッグラン松戸中型犬エリア

蓮は小型犬エリアから。
さあ、遊びましょう!!

ドッグラン松戸小型犬エリア

ちなみに、大中小型犬混合エリアや、

ドッグラン松戸混合エリア

不慣れなワンちゃん用のエリア、人がくつろげるスペースもあって、なかなか親切です(*^^)

ドッグラン松戸

 

イタグレ蓮

蓮、新年初走り~♬

イタグレ蓮

蓮「いっぱい集まってきたなあ♪」

忍び寄る蓮

蓮「背後から忍び寄ってみたりして…(^皿^)」

イタグレ蓮

イタグレさんともこんにちは♡

蓮の停座

蓮「でも!きっとブログに載せるんでしょ?
オフの日だけど、トレーナー犬らしいところも見せた方がいいんじゃないかな?」(キリッ☆)

さすが営業担当の蓮です(^^;

基本的に自由に楽しんでもらっていますが、ドッグランでも飼い主との遊びも楽しんでいます。
これは結構大切で、ドッグランで「野放し」にして完全に自由な習慣をつけると、
犬はドッグランでは好きにふるまっていいのだと思ってしまい、指示を聞かなくなってしまうことがあるのです。

蓮の得意な脚くぐり(ウィーブ)

ドッグダンスのウィーブ

FacebookやInstagramでは動画もアップしていますよ!

これは「招呼」(呼び戻し)から、脚跳びの連続です。

招呼から脚跳び

演技終了。気をつけ★

川久保純子&蓮

 

川久保純子&蓮

ところかまわずイチャイチャのバカップルな主従ですが、
変わらず熱いコンビネーションでこの一年も頑張っていきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

獣医学総合誌MVMに川久保の「犬猫の歯みがき指導」掲載

2015年7月1日発売の獣医学総合誌「mvm」に、川久保が書いた
「飼い主さんに伝わる歯みがき指導」が掲載されています!

mvm156号の特集は
「犬猫の歯の健康のために」
なんと、156号と157号の2号にわたり、前編と後編での特集なのです。
まさに、犬猫の歯科やオーラルケアに関する意識とニーズが高まっている表れです。

執筆者は日本小動物歯科研究会の会長である藤田桂一先生(フジタ動物病院)、
大場茂夫先生、大風百合子先生(日本大学動物病院歯科)、
網本昭輝先生(アミカペットクリニック)、
江口徳洋先生(千村どうぶつ病院)、
幅田功先生(センターヴィル動物病院)

また、レポートとして、とだ動物病院の戸田功先生も
「飼い主に正しいデンタルケアを指導するコツ」
を書かれています。

いずれも動物歯科の第一人者という、そうそうたるメンバーです。
その中で、川久保純子(Ataraxia)が記事を書いています。

大変な栄誉です。いいんでしょうか~(;´∀`)

題は

「飼い主さんに伝わる歯みがき指導」

歯科医師としての歯科知識やTBIの経験に、
教職時代の経験、ドッグトレーナーとしての経験と知見、
さらにはカウンセラーとしての心理的な知見を交え
「歯みがき指導がどうして伝わらないか」
「そもそも、伝わっているとはどういう状態か」
「どうしたら『できる』ようになるのか」
を、インストラクショナルデザインの考え方をベースに解説しています。
犬猫の歯みがき指導をインストラクショナルデザインから解説しているのは、
おそらく本稿が初めてだと思います。

さらに!
なんと川久保の記事は、指導の方法とコツを解説した前編に加え、
「飼い主さんに伝わる歯みがき指導 実践編―歯みがき攻略の8ステップ―」
として、口に触れない動物が口を開けて歯の内側や咬み合わせ面を磨けるようになるまでも
懇切丁寧に写真付きで解説しています。

さらにさらに!!
MVM 156号に掲載されているパスワードを入力しますと
株式会社ファームプレスのMVM専用ページから
この「歯みがき攻略の8ステップ」の動画が視聴できるのです!!

この動画は、Ataraxiaの歯磨きレッスンを受講された方に差し上げている
Ataraxiaオリジナルの歯みがき解説DVDの動画の一部に加え、
MVM誌用に新たに撮り下ろしたものもあります。

MVMは獣医学の専門誌ですが
私の記事は「歯みがき指導」ということもあり、
獣医師の先生方をはじめ
歯みがき指導を現場で受け持つ可能性の高い動物看護師さんにもすんなりと読めるよう
できるだけ平易な文章で、なおかつMVMの格調高さを損なわないよう工夫したつもりです。

この記事は歯みがき指導をしたことがない、しているけれど手ごたえを感じられないという
獣医師の先生方、動物看護師の方々はもちろんのこと
一般の飼い主さんにも「犬猫の歯みがきの解説書」としても活用して頂ける内容と構成です。

Ataraxiaの歯みがきレッスンのエッセンスが惜しげもなく詰め込まれています。

蓮 「これを読めばAtaraxiaの歯みがきレッスンはいらないんじゃ…」

それはまた別の話です(^_^;)

専門誌ゆえ一般の書店やAmazon等ではお取り扱いがありませんが、
株式会社ファームプレスのサイトからオンラインでご購入できます。
http://www.pp-mvm.com/books/contents/60

ペットの歯みがきをお考えの飼い主様も、動物病院の先生方、スタッフの方々も
そのまま手引書として使える内容です。
(おっと、文章や写真、動画の流用はダメですよ^^;)

専門書なので少々お値段がはりますけれども、ぜひご一読のうえ
お手元に一冊置いて頂ければと思います。

川久保純子&蓮&MVM

Ataraxia売店でワンツーカラー(エリザベスカラー)が買えます

以前「エリザベスカラー練習のすすめ」や「エリザベスカラーについてのアンケートのご報告」で
エリザベスカラーを普段の健康なうちから練習しておくと良いことや、
40%もの飼い主さんが、パートナー(ペット)がエリザベスカラーに慣れる前に
着けるのを止めてしまっていたことをお話いたしました。

Ataraxiaではエリザベスカラーをパートナーに必須の、備えておきたいアイテムとして提唱しています。
犬の首輪、ハーネス、リードや猫の爪とぎ、トイレと同等の、
パートナーと暮らす上で一つ持っておきたいものです。

ところで皆さんはパートナーのための「救急箱」、包帯や薬などの応急手当て用品は用意してありますか?
動物病院に行くからいらない?
すぐに動物病院を受診できるとは限りません。
動物は自分の意志で患部を触らないようにすることができません。
例えば目の疾患や怪我など、患部を気にして引っかいてしまうことがあります。
もしもの時の応急処置にエリザベスカラーがあると、こうした悪化を防ぐことができます。
しかし、痛みや苦しみを感じている時にいきなり不慣れなものを着けられたのでは
動物にとって一層のストレスになります。
その姿を見るのは飼い主にとってもストレスです。
そこで、元気なうちにエリザベスカラーに慣れさせておくことをお勧めしています。

以前ご紹介した「ワンツーカラー」は軽くて透明度が高く、
動物にも負担が少ないのでお勧めのエリザベスカラーなのですが、
かかりつけの動物病院で取り扱いが無かったり、入手しづらかったりすることもあると聞きました。
そこでこの度、おなじみ株式会社ヒューベス様のご厚意により
Ataraxiaでワンツーカラーを販売できることになりました!

こちらのページでは、ワンツーカラーを使って下さっているワンちゃんをご紹介しています。
→「ワンツーカラー(エリザベスカラー)ご使用の犬さんご紹介

ぶっちゃけ、エリザベスカラーなんて(何でも良ければ)ペットショップやホームセンターでも手に入ります。
でもワンツーカラーは本当に良いものですから、ご希望の方が誰でも簡単に入手できるようにしたい。
買えるだけではあまり意味がありません。
なるべく多くの飼い主様とパートナーにエリザベスカラーの練習をしてもらい、
「1匹に1枚」を常備してもらいたい。
そこで、Ataraxiaのネットショップを作り、オンライン販売することにしました。

名付けて「Ataraxia売店」。
http://atar-axia.shop-pro.jp/

蓮「うわァ…(もうちょっとひねるとかしようよ…)(;´∀`)」

リニューアルしました!!
Ataraxia販売部 https://ataraxia.theshop.jp/

 「エリザベスカラーなんて滅多に使わないから、高いものはイヤ」
という声にお応えするために、価格はできるだけ抑えてあります。
形状から送料がかかってしまうのは致し方ないのですが、
梱包にリサイクル材を使用して本体価格が抑えられるように努力しています。

さらに!
Ataraxiaでのワンツーカラー販売の目的は
「日頃から練習をして、『マイエリザベスカラー』を1匹に1枚常備」
ですので、スペシャルな大特典として
Ataraxia完全オリジナルの「エリザベスカラーの練習用DVD」をお付けします!!

蓮(某テレビショッピングみたいになってきた…)

Ataraxiaエリザベスカラー練習用DVD

Ataraxiaエリザベスカラー練習用DVD

 

このDVDはエリザベスカラーに慣れるまでの方法をステップを追って動画で解説しています。
動画に合わせた分かりやすい字幕付きです。
これまでエリザベスカラーを使ったことのない飼い主様や、
パートナーに慣れさせたいけれどどうしたら良いか分からなかった飼い主様
遠方でAtaraxiaのレッスンを受けられなかった方にもお勧めです。

このDVDはワンツーカラーをお求めの方だけの特典ですので、単体での販売は致しません。

あなたも、ワンツーカラーとAtaraxiaのDVDで、愛するパートナーの「もしもへの備え」をしておきませんか?

Ataraxia売店」「Ataraxia販売部」でお待ちしています!!

 

【おまけ】
進撃のアタラクシア
(有名なあのシーンより。分かる人にだけ分かるネタで済みません(笑))

進撃のアタラクシア
蓮(残念なのはかばさんの仕事力だ。こんなの描いていないで!仕事は!?もう~)

 

 

ドッグトレーニング体験者の生の声をお聞きしました

犬と暮らしている方には、しつけが今ひとつなのだけれどこのままでいいのか、
ドッグトレーニングを受けた方がいいのか、
トレーニングを受けるとどう変わるのか、気になっている方もいらっしゃるでしょう。
Ataraxiaでレッスンを受けて下さった方に生の声をお聞きしました。
実際の飼い主様の生の声は、とても参考になると思います。

Q1. まず、犬との暮らしで困ったことを教えてください

2匹で飼っているので、この2匹を別々にできない(分離不安)や、
病院など自分の嫌なことは絶対にしない
猫がいるところに行くと非常に興奮してしまうことなどでした。

2匹を別々にできないと、どちらか片方だけ連れて外出する必要があるときに困りますね。
興奮がひどいと無駄吠えや強い引っ張りなどで、お散歩も大変だと思います。
こうしたことがあってトレーニングを受ける決意をされたのですね。

Q2. では、犬を飼い始めて良かったことを教えてください

Ataraxia_dogtraining_A (3)人間だけでは解決できないような気持ちの問題も含めて、
人間だけではなく家族として、気持ちも健やかに過ごせるようになりました。
子供にも同じように育って欲しいと思います。

人の悩みを動物がふと癒してくれること、ありますよね。
人間だけの暮らしでは行き詰ったり息詰まったりするところに動物が介在して
空気が変わったり、新しい道が開けたりします。

Q3. ドッグトレーニングを始めて変わったことを教えてください

Ataraxia_dogtraining_A (1)落ち着きが出るようになり、アイコンタクトもできるようになりました。
外などでは制御ができませんでしたが、それができるようになりました。
こうして外でオスワリなんて、以前は考えられませんでした。
それに、子どもにとっては妹や弟のような存在ができ、
自分のことだけでなく他のものにも気を遣わなければいけないということを学ばせることができました。

お散歩中の抜き打ちオスワリもバッチリです☆

 

室内で飼っていれば犬が起こす問題の多くは家の中だけで済みますが、
他の人に迷惑をかけてしまったり、犬や人が危険な目に遭うのは外に出たときが多いです。
家の中だけでなく、外でもどんな所でも指示を聞かせられるというのは大変大切なことです。
ドッグトレーニングをおこなって「指示が聞ける犬」にできたということは、
犬も人も守れる手段を身につけたということなのです。

また、時間やお世話、癒されるひととき、自分に向けられるはずだった家族との時間を犬に与えたり、与えられたりしたという経験は
お子様の今後にとっても必ずや活かされると確信しています。
単なるしつけだけではない価値を得られたことと思います。

Q4. トレーニングを始めて良かったと思うことは?

Ataraxia_dogtraining_A (5)やってみて、全般的にしつけの基本ができていないのだと気付きました。
外でオスワリしたり、こっちを向いてアイコンタクトができるようになったことだけでも大分楽です。
人間と生活する上では一定のルールを犬にも守ってもらわないと一緒に暮らせないので、
しつけで、人の世界にもっともっと出せるように、なれるようにしていきたいです。
しつけをして大分その辺が変わって効果が出てきているので、もっと続けて行きたいと思います。

基本のリーダーウォーク中。いつも一緒の二匹だけど、飼い主さんに集中して別々に歩くこともできるようになったね。

Ataraxiaでは
「意思の疎通ができれば犬との暮らしはもっと快適に楽しくなり、いろいろな可能性が広がる」
ことを提唱しています。(→詳しくは「ドッグトレーニング(犬のしつけ)」のページをご覧ください)
そのことを実感して頂けたようで、私もとても嬉しく思います。
また、「しつけはできていると思うけど、実はきちんとできていなかった」
というのも、多くの飼い主様にありがちなことです。
ドッグトレーニングのレッスンを受けることで、
自分の犬のしつけがどの程度できているのか客観的な判断を得られるのも
メリットのひとつですね。

Q5. 最後に、犬との暮らしで今後できるようになったらいいという夢はありますか

Ataraxia_dogtraining_A (6)とにかく幸せにしてあげたいと思います。
色々なことを教えてあげたいし、教えてあげるにはルールを守ってもらわなければなりません。
旅行に行ったり、犬仲間と交流したりしたい。そのためにはもっとしつけが大事だと思っています。
この子たちは保護犬でしたが、殺処分などの悲しい目に遭う子がいるので、もっと幸せにしてあげたいですね。

ほめられて、とっても嬉しそう♡

―ありがとうございました。

Ataraxiaではいつも、「動物も家族の一員であるからには、しつけも世話も家族ぐるみで」
をお話ししています。
こちらのご家族も、全員でトレーニングのレッスンを受けることはできなくても
私がお話ししたことをご家族で共有し、みんなでトライして下さいました。
このインタビューをお願いしてから数か月経っていますが、
今や「外でアイコンタクトやオスワリ」どころではなく、目覚ましい進歩と向上を果たしています。
元からこのようにしつけの行き届いたイイコだったのではないかと思ってしまうくらいです。
それもこれも、日々工夫と努力と反復を重ねて下さったおかげです。

Ataraxia_dogtraining_A (7)
アイコンタクトもバッチリ!

 Ataraxia_dogtraining_A (9)

「待て」の練習。
今は遠く離れていても「待て」ができるようになり、
キッチンで食事を用意している間も別室の自分のハウスで待てるようになったんですよ!

 

これからも頑張ってね。

Ataraxia_dogtraining_A (8)エヘッ♡
どうです、いい笑顔でしょう?幸せなのがよーく伝わってきますよね(#^^#)

 

 

祝・日本ケンネルカレッジ新パンフレット

蓮「何か届いたよ。」

image

おおぅ、蓮。 もしやポストから出してきてくれたのでは?

蓮「それはムリ。」

 

こちら、ペット資格通信専門校「日本ケンネルカレッジ」の新しいパンフレットです。
小さいですが、このパンフレットに掲載されました。

image ここです!(≧▽≦)

 

パンフレットには、つくばで一緒に授業を受けたり、宿泊施設で共に過ごした仲間たちが。
みんな元気で活躍しているようで、懐かしさと嬉しさで胸がいっぱいです。

日本ケンネルカレッジ様にはいつも本当に良くして頂いて、大変お世話になっております。
新パンフレットの完成、おめでとうございます。

新しいパンフレットはきれいな印刷と盛りだくさんの情報で、とても素敵なものに仕上がっています。
そう、読んでいるだけでペット業界や動物との暮らしに夢と希望が広がるような…。

ペット産業、広がっていますよね。 良くも悪くも。
動物関連資格は獣医師を除いては公的資格がないため、あちこちの団体で独自の資格を設けています。
このブログを読んで下さっている方の中にも、動物関連の資格を取りたいけれど、
どこがいいのか迷っているという方もいると思います。

いつも話していることなのですが、資格の中には教育カリキュラムやシステムが本当にずさんなところがいくつもあります。
大々的に宣伝しているので名前はよく知られているようなところでもそうです。
そういう中で、日本ケンネルカレッジは私が心から信頼を寄せ、自信をもってお勧めできるところです。

蓮「かばさんは良くないと思ったものは容赦なくこき下ろすけれど、ちょっとやそっとじゃ褒めないものね。」
蓮よ…(-_-;)

日本ケンネルカレッジの姿勢はパンフレットの内容にも表れています。
「学び」を中心軸として、動物との暮らし、動物と人との未来などについて広がっています。
多くの資格教育では 「自宅で開業!」「副収入!」「夢を形に♪」「あなたもショップオーナー」 など、
「儲かりまっせ」的な事柄を強調したものが多いと思います。
もちろん資格を仕事につなげたいのは当然のことですから悪いことではないです。
しかし、動物を扱うからには、まずは心と命のある生き物として考える姿勢を、
そして確かな知識と技術を、
さらに飼い主や動物をとりまく社会にある人とのコミュニメーションを、
こうしたことをきちんと考え、身につけられる教育であって欲しいと思います。
こういう姿勢があるかどうかが、資格取得後や仕事にした後も向上できるか否かにかかっています。
日本ケンネルカレッジの先生方やスタッフの方々は、このことを身をもって伝えて下さる方々ばかりです。
もちろん、受け身でいるだけではそれ以上のことは入ってきません。
質問をする、スクーリングに参加するなど積極的なアクションを起こすのは必須です。

パンフレットを眺めているととても感慨深いです。
私が日本ケンネルカレッジを知った頃はまだ講座数もこれほどなく、手づくり感のただよう講座でした。
それが今はこんなにも講座が増え、新たな施設も、立派なパンフレットもできました。
先生の顔が見え、温もりの伝わる手づくり感を残したまま、さらに充実した講座になっていることに
心から喜びを感じます。

…えっ、掲載されている記事が見えない?
しょうがないなぁ、では写真だけ(^^ゞ
kawakubo_renn (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ataraxiaトレーニング修了ワンちゃん♪

今日はAtaraxiaのトレーニングを修了したワンちゃんをご紹介します。

ピシッとお座り

 

「あっ、かばさんと蓮ちゃんだ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに会ったのですが、私の顔を見た途端、ピシッとオスワリしてくれました。

おすわりできるよ

 

「こうかな?こうだよね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃ~んと覚えているんですね。エライ子です(^^)

賢くて気立ての良いコで、地域でも可愛がられている人気者です。 また一緒に遊ぼうね!

蓮も一緒に

 

ところで、Ataraxiaでは守秘義務を徹底しているため、基本的にお客様の情報に関わることは記事にいたしません。

なぜならば、たとえ犬に関することであろうと人に知られたくないという飼い主さんもいらっしゃるからです。
その時点ではいいと思っても、後々になって「やっぱり情報を下げて欲しい」という気持ちになることもあり得ます。
こういうことはカウンセリングの現場で往々にして起こります。
犬つながりで飼い主さん個人のプライベートが分かってしまう可能性も否定できません。

トリミングサロンや犬のしつけ教室などでお客様の愛犬の様子を紹介しているサイトやブログも多いですが、
ここが医療・心理・福祉の考え方をベースにしたAtaraxiaと他店との違いです。

今回は飼い主様が写真の掲載をご快諾下さいました。 どうも有り難うございました。

 

 

「松本秀樹のグッドライフ=ドッグライフカーニバル」参加報告!

去る2014年3月2日、「松本秀樹のグッドライフ=ドッグライフカーニバル」に参加してきました。

今回の私は、株式会社カラーズのGREEN DOGとホリスティックケア・カウンセラー養成講座ブースで
食と健康の相談員としての参加でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日はあいにくのお天気。 お台場に着いた頃には雨が降り出しました。
客足が心配ですが、私にはもう一つの心配事が。

それは、当日来てくれると言ってくれたお友達のことと、
ホリスティックケア・カウンセラー養成講座と日本ケンネルカレッジのスタッフの方が
今回も応援してくれていることでした。

今回イベントに参加させて頂くことが決まったとき、
ホリスティックケア・カウンセラー養成講座の方からはメールでとても自信の付く言葉を頂きました。
日本ケンネルカレッジの方は、イベントと私が参加する旨の情報を 驚くほどのスピードでサイトに掲載して下さったのです。
もう大感激でした!
そしてネットで知り合ったお友達は、私がどんな人物かも分からないのに、わざわざ足を運んでくれるというのです。
たかがイベントに参加するくらいで大げさな…と笑われてしまうかも知れませんが、
動物に関する仕事に携わり始めてまだまだ後ろ楯の少ない私には、どれもとても心強く励まされることなのです。

ですから、会場にお客様がまるで来なくて活躍もできないのでは、応援してくれる方々に申し訳が立ちません。

でも、私の心配をよそに開場の時間とともにお客様が次々と来場して下さいました。
私がいるブースにも愛犬の健康相談にみえるお客様が。 これはとても嬉しいことです。
どんなご相談でも、愛犬についてこれだけ気を配って意識を高く持っているということなのですから。

soudan

carnival (8)

 

 

 

 

 

 

 

ステージでは松本秀樹さんとペット関連業者さんのトーク、 みんなかなり真剣に聴いています。

carnival (1) carnival (4) carnival (5) carnival (6) carnival (7)

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージ前では「株式会社プレイボゥ」の森山敏彦先生による、しつけ教室。 ゲーム感覚でとても面白そうです。 私も蓮と参加したかったなぁ~。

carnival (2) carnival (3)

 

森山先生のドッグトレーニングは、私もトレーナーを目指しているときに 動画やネット記事等でかなり参考にさせて頂きました。
その森山先生のトレーニングを生で見られて、なんと有難い機会かとジーンと感動してしまいました。

一緒にお写真なんぞ撮らせて頂いちゃったりなんかして☆ playbow

 

 

 

 

 

 

 

そしてそしてついに、お友達とも感動の対面! わあああ、みんなありがとう!!! IG_friends (1) IG_friends (2) IG_friends (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lizfam(1) lizfam(2)

ワンズもカワイイし、みんな素敵な飼い主さんでドッキドキでした(≧▽≦)
応援して下さった皆様へは、必ず何かの形でご恩返しをしたいです。

私は受けた恩は犬なみに忘れませんよ!(笑)

また、いつも応援して下さっている方で、私と同じような道を目指している方も来て下さいました。
私のとても変わった経歴と事業がどなたかの参考になるなんて思っても見ませんでしたが、 何かのお役に立てるならそれは嬉しいことです。
夢、応援します。ともに頑張りましょう!

今回、このようなイベントに参加できるという機会を頂いたのはとても貴重なことですが、
これを通じてそれだけではない、もっともっとたくさんの貴重な繋がりと真心を頂くことができました。
アクションを起こしてみるのは時に勇気がいりますが、 何事もチャレンジしてみるものだなと改めて実感したのでありました。

megaweb(2) 大満足の後の夜景は最高に美しかったです(^^)

 

 

「デザインこころ」に行ってきました♪

ある目的があり、以前より伺ってみたかった「デザインこころ」さんに行ってみました。
こちらは埼玉県川口市にあるデザイン・広告・印刷のお店です。
外観が面白いんですよ。ハジケていて。
こちらのお店が開店し初めて見たときは、「な、何がオープンしたんだ!?」 と目を引かれずにいられませんでした。
私の感性にしっくりくるセンスで、開店した時から目を付けていたわけです(笑)

今年度末あたりに伺う計画でいたのですが、たまたまいいきっかけがあり
念願叶って訪れることができることになったものの、なんと大雪が危ぶまれている日。
しかし思い立ったら矢も楯もたまらず、「ある目的」もどうしても成功させたい私は
降りしきる雪もものともせず行って来ましたよ。

デザインこころにて

 

 

頭に雪が積もっておりますがな。

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインこころ2

すると、よりにもよってバレンタインデーで…

蓮「かばさん、気付いていなかったの?」

(蓮、やかましいよ。)

 

 

 

お店の前にはこのようなものが…(笑)

デザインこころ1

チョコレート受け(?)ですね。

それにしても、面白いでしょう?

 

 

 

 

応対して下さったデザイナーさんは、とても温和で気さくな雰囲気でありながら
Ataraxiaの中心としている理念などを短いヒアリングの中ででもスパッと読み取って行くのです。
スゴイ!!!
日頃私はカウンセラーとしても、クライエントさんの言葉の奥にある困りごとやニーズに気付くよう
気を配りながらカウンセリングをしているのですが、
何となく気付いていても、それをうまく形(言葉)にして伝え返すのは結構難しいものです。
それをサクサクと行われているようで、これはすごいぞとワクワク、ゾクゾクしながらお話をさせて頂きました。

(ああこんなことなら手持ちのブラックサンダーをチョコレート受けに入れて帰れば良かったと!!)
蓮(ブラックサンダー…)

さて先程からもったいつけている「ある目的」とか「いいきっかけ」。 一体何なのでしょうか。
それは後ほど告知致します!!(≧▽≦)ノ

後ほど告知→こちら

 

 

Ataraxiaを大リニューアルしました

リニューアルに際し、これまで個人で請けていたカウンセリングをAtaraxiaとして始めることにしました。
これはAtaraxiaを始めた当初から計画にあったことではありましたが、遂に実行に移すことにしました。
動物と人との関わりを見ていくにつれ、やはり動物の幸せを左右するのは人、 飼い主の安定・不安定なのだと実感しました。
普通の暮らしをして普通に動物を飼っているようであっても、
ちょっとしたしつけのトラブルが飼い主さんの精神状態と大きく関わっていたり、
飼い主さんの生活上の不安が動物の問題を深刻化させているようなことがたくさんあります。
動物が幸せになるためには人が安定すること、人が幸せになるためには動物が安定すること。
世間では、人への医療や援助は崇高なもので、動物についてはそれよりも下位のものと思われている節があります。
Ataraxiaでは、人も、動物も「心の平安」を目指します。
従来では人への援助と動物への援助は全く違う業界、業種でしたが、あえてこれを区別せずに手がけます。
元々、心理面やカウンセリングは私の本領です。
人のための動物でもなく、動物のための人でもなく。

人も、動物も、幸せになるために。

Ataraxiaの新しいチャレンジ、どうぞ応援よろしくお願い致します。

 

 

Facebookページ作りました

去る5月11日はAtaraxiaの開業1周年記念日でした。

とは言いましても、実はこの日は役所に提出した書類上の日に過ぎません。
振り返ってみれば、ペットロスカウンセリングやドッグトレーニングを自分の仕事として開業しようと決意してから、
色々な記念となる日がありました。
動物取扱業の登録を出すのも、税務署に届け出を出すのも、今にしてみれば大したことはなかったのかも知れませんが
私にとってはまったく未知の分野だったため、本を何冊も読んで準備を重ね、ドキドキしながら役所に出かけました。
たった1年しか経っていませんが、開業時は本当に大変で、でも充実した懐かしい思い出です。

今年、1周年を迎えた記念として、facebookページを作ってみることにしました。

このブログを書いていてもいつも思うジレンマなのですが、
私は守秘義務を重視しているため、実際に行った仕事に関する情報を書くことができません。
カウンセリングの内容を書くなどもっての外ですし、
ドッグトレーニングに関しても、犬のこととはいえプライバシーに関わる事と私は捉えています。
事例を記事にすれば他のお客様が参考にしやすい、もっと言うなれば集客につながるという魅力もありますが、
私としてはどうしても自分の利益よりは、お客様の利益が第一です。

そのような訳で、実際のケースをfacebookページやブログに書くことは難しいのですが
その代わりに一般的に役に立つ知識などをご提供していければと思っています。
このブログとは時に連動しつつ、時に違った形で 作り手も、読んで下さる方も楽しめるような場にして行きたいです。
facebookページはこちらです。

https://www.facebook.com/ataraxia.k

どうぞ、「いいね!」で応援よろしくお願い致します。