歯磨きと指導は誰がする?~第25回日本小動物歯科研究会症例検討会より~

2017年3月19日、第25回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会が行われました。
日本小動物歯科研究会の症例検討会は私が毎年楽しみにしているものの一つです。

おなじみの会場。

ランチョンセミナーのお弁当も楽しみの一つ。お弁当だけが楽しみじゃないヨ。

初めて参加した3年前(→「第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会でドキドキ」)は、
歯科獣医療について私には物珍しく驚くことの連続でした。
なのにご指名を頂くといううれしはずかしビックリハプニングがあり、
無麻酔歯石除去の問題について提言させて頂き、嵐(?)を巻き起こしたのでした。

2度目の参加となる昨年は、大人しくしていようと思ったものの
犬への電動ブラシの効果についての発表に興味が湧いて湧いて、
どうしても質問せずにいられませんでした。
(→「第24回日本小動物歯科研究会症例検討会~育てるということ

学会やセミナーなどの会場では聴衆が数十人から数百人いる中で、質問する人はほんの数人。
「歯科医師の川久保と申します。本日は貴重なご発表を~」
という質問前のテンプレートな文言も、獣医療関係者の方がほとんどの中では目立つのです(^^;)
初めはアウェー感をひしひしと感じていましたが、
「ああ、あの人ね」
と徐々に受け入れられて来たように思えるのも、この会ならではの温かさかも知れません。
今回も
「お名前はかねがね聞いております」
と言われ、えええ、マジですか~と驚きつつ照れまくる一幕もありました。

私が犬猫の歯科について関心を持って数年、私の中でも歯科獣医療についての知識が増えていきますし、
獣医療界でも一般の飼い主様の間でも犬猫の歯科についての啓発と取り組みが進み、
参加するごとに会の雰囲気と症例発表の内容が変わってきているのを感じます。
それも参加の楽しみの一つでした。

今回最も気になったのは、21動物病院の鈴木正吾先生による
「トリマー向けデンタルケアの疑問についてのアンケート調査結果」
でした。
この調査の注目すべき点は、まず、調査対象(回答者)がトリマーであるということです。
私は常々、トリミングサロンやペットショップで行われている
歯磨きや「お口ケア」などのデンタルケアサービスに疑問を抱いてきました。
「犬猫の歯垢は約3日で歯石になる」
というのはよく知られるようになりましたが、
それならば多くてもせいぜい月数回行われるデンタルケアサービスに意味があるのだろうかと。
「お口のケアをしてもらった」
という飼い主の安心感が、逆に家庭でのこまめなケアを滞らせる一因となりはしないか。
そもそも歯科獣医療を専門的に学んだわけではないトリマーやスタッフが
正しいブラッシングやケアをできているのだろうか。
これは前回のブログ「磨いているけど、磨けていない?~歯磨きの「イ」と「ケ」の話
で書いたことにもつながります。
もっともトリマーだけではなく、近年は犬猫のデンタルケアの浸透に合わせて
ドッグトレーナーや生体販売のペットショップまでもが
デンタルケアサービスやセミナーを行うようになってきました。
周囲を見渡してみても、自分のペットの健康上の問題や疑問について
「ペットショップで相談した」
「ブリーダーに相談した」
「トリマーに相談した」
など非常に多いと思います。
ペットサービスという大きな枠組みの中で、「獣医療」との境界線が非常にあいまいであると感じていました。

発表内容に話を戻しますと、
・デンタルケアセミナーに参加した経験のあるトリマーは約70%
・デンタルケアの勉強をしたいトリマーは98%
・デンタルケアに悩んでいるトリマーは90%

なのだそうです。
トリマーの間でのデンタルケアへの関心と関与がいかに高いかが分かります。
そして
デンタルケアセミナーに参加した経験のあるトリマーのうち、25%が無麻酔歯石除去に興味があり、
・無麻酔歯石除去の方法を知りたい:22%
なのだそうです。

なんということでしょう!!

デンタルケアセミナーに参加していながら
無麻酔歯石除去に興味を持ったり、方法を知りたくなったりするとは
一体セミナーでは何を教え、何を学んでいるのかと言いたくなりますが
トリマーがこう思ってしまうのも責められない一面がある気がします。

上述の通りトリマーは飼い主からの相談を受けることが多くあります。
デンタルケアの相談を受けることもきっと増えてきていることでしょう。
その時に
「飼い主からのニーズに応えたい」
・答えられないようではトリマーとしての信頼が下がる
・ビジネスチャンスである
・何かしてあげたい
と思うのは自然なことです。
特にこの「信頼が下がる」と「何かしてあげたい」というのは
トリマーだけでなく専門職にありがちな「落とし穴」的心理であり、
こう思うあまりに自分の手に余るものや越権行為にあたる依頼を引き受けてしまうことがあります。
専門職として正しくあるのは、自分の実力(できることとできないこと)を素直に見極め、
能力的や立場的にできないものは、それが可能なところへつなげる(リファーするといいます)ことです。
できないものをできるところへつなげるのは、利用者(患者や顧客など)の利益を第一に考えることでもあり、
専門職者自身を守ることでもあるのですが、未熟であるとこれができず、
自分で背負い込んでしまうこともよくあります。
先程述べたように獣医療との境界があいまいなペットサービスではなおのことでしょう。

動物の「歯石除去」は麻酔の有無に関わらず「医療行為」なので
獣医師のみが行うべきなのは言うまでもないことです。
しかし歯磨きではどうでしょうか?

人間の場合は、平成17年7月26日の厚生労働省からの通達で
「重度の歯周病等がない場合の日常的な口腔内の刷掃・清拭において、
歯ブラシや綿棒又は巻き綿子などを用いて、
歯、口腔粘膜、舌に付着している汚れを取り除き、清潔にすること」
は歯科医師法の規制対象にならないとされています。
つまりこの場合は歯科医師でなくても口腔内清掃ができるということです。
しかしあくまでも、
・重度の歯周病がなく
・歯、口腔粘膜、舌に付着している汚れを取り除くこと
に限定されています。
重度の歯周病があればアウトですし、歯周病の診断は歯科医師でなければできません
歯周病がある、ない、初期だ、進んでいる、などと判断するのは診断にあたります。
行っていいのも汚れを取るだけですから、「歯磨き指導」などはできないわけです。

これを参考に動物について考えてみると、
重度の歯周病がなければ歯ブラシや歯磨きシートなどでお口の汚れを拭う程度のサービスなら
獣医師でない人が行っても問題ないのでは、と思えるかも知れません。
しかしながら動物の歯周病のチェックはやはり獣医師でなければできないわけで、
動物病院で歯周病の有無の診断を受けていない動物の場合は
歯磨きサービスの前にまず診断を受ける必要があるでしょう。
加えて、無麻酔歯石除去の問題で述べたことがありますが、
進行した歯周病の場合はあごの骨が吸収されて細く薄くなっており、
マズル部分に少し力が加わっただけでも骨折してしまうことがあります。
歯磨きサービスでも同じことがいえるでしょう。
(→「1.無麻酔歯石除去の問題~1.歯科医学の面から その3 エックス線撮影ができない問題~」)

さらに言えば、繰り返しになりますが
歯科の専門教育を受けたわけではない人にどれだけきちんとした歯磨きができるのか、
という疑問があります。
たかが歯磨き…ではなく、
世界中の歯科大学や歯学部ではブラッシング(歯磨き)についての研究が行われており
実は非常に奥が深いものなのです。
そしていうまでもなく、「歯磨き指導」はできないということになるでしょう。

でも、飼い主の間では
「動物病院や獣医さんに相談するよりも、日頃よく行くトリミングサロンの方が相談しやすい」
というニーズがあるのも確かです。
動物病院でなければケアが受けられず、つい足が遠のきがちになりケアの機会を逃すよりは
身近で気軽なトリミングサロンで小まめなケアを受けられた方が良い、
という考え方もできるでしょう。

私個人の考えとしては、動物看護師のキャリア形成の一環としても
伴侶動物(を持つ飼い主)が気軽に歯磨きのケアを受けられるようになるためにも、
その結果、動物病院の経営発展に役立つためにも、
伴侶動物のデンタルケアを動物看護師の専門スキルとして教育し、活かすのはどうだろうかと思っています。

……ということが発表を聴いている間に頭の中をぐるぐるぐるぐる。

座長の
「それでは、フロアからのご質問はありませんか?」

「はいはーい♪」
とばかりに挙手。もう大人しくしていようなんてしないんだもんね(笑)

私からの質問に続いて、歯磨きなどデンタルケアは医療の一環なのだから
動物病院で獣医師や動物看護師が行うべき、
いや皮膚科分野と同じようにトリマーと協力して行うのも良いのではないか、
など様々な意見が出されました。

会の合間の休憩時間に、会長を務められているフジタ動物病院の藤田桂一先生から
「あの発表ね、質問が出なければ川久保先生を指名しようと思っていたんですよ」
とニヤリと笑って言われました。

ま、またですか~(≧▽≦)
というか、私が来ているのバレていましたか~(≧▽≦;)

どちらにしても黙って座っているわけにはいかなかったということですね(^^ゞ
何かの議題に関して意見をと思って頂けるのはとても光栄なことです。ありがたいです。
このテーマについては藤田先生も、いずれ別の機会を設けて話し合ってみたいとおっしゃっていました。
私も本当にそう思います。

動物看護師の方、トリマーの方、その他ペット関連職の方、そして一般の飼い主様にも
ぜひぜひ考えてみて頂きたいテーマでした。

夕暮れの景色がきれいでした。

 

 

獣医学総合誌MVMに川久保の「犬猫の歯みがき指導」掲載

2015年7月1日発売の獣医学総合誌「mvm」に、川久保が書いた
「飼い主さんに伝わる歯みがき指導」が掲載されています!

mvm156号の特集は
「犬猫の歯の健康のために」
なんと、156号と157号の2号にわたり、前編と後編での特集なのです。
まさに、犬猫の歯科やオーラルケアに関する意識とニーズが高まっている表れです。

執筆者は日本小動物歯科研究会の会長である藤田桂一先生(フジタ動物病院)、
大場茂夫先生、大風百合子先生(日本大学動物病院歯科)、
網本昭輝先生(アミカペットクリニック)、
江口徳洋先生(千村どうぶつ病院)、
幅田功先生(センターヴィル動物病院)

また、レポートとして、とだ動物病院の戸田功先生も
「飼い主に正しいデンタルケアを指導するコツ」
を書かれています。

いずれも動物歯科の第一人者という、そうそうたるメンバーです。
その中で、川久保純子(Ataraxia)が記事を書いています。

大変な栄誉です。いいんでしょうか~(;´∀`)

題は

「飼い主さんに伝わる歯みがき指導」

歯科医師としての歯科知識やTBIの経験に、
教職時代の経験、ドッグトレーナーとしての経験と知見、
さらにはカウンセラーとしての心理的な知見を交え
「歯みがき指導がどうして伝わらないか」
「そもそも、伝わっているとはどういう状態か」
「どうしたら『できる』ようになるのか」
を、インストラクショナルデザインの考え方をベースに解説しています。
犬猫の歯みがき指導をインストラクショナルデザインから解説しているのは、
おそらく本稿が初めてだと思います。

さらに!
なんと川久保の記事は、指導の方法とコツを解説した前編に加え、
「飼い主さんに伝わる歯みがき指導 実践編―歯みがき攻略の8ステップ―」
として、口に触れない動物が口を開けて歯の内側や咬み合わせ面を磨けるようになるまでも
懇切丁寧に写真付きで解説しています。

さらにさらに!!
MVM 156号に掲載されているパスワードを入力しますと
株式会社ファームプレスのMVM専用ページから
この「歯みがき攻略の8ステップ」の動画が視聴できるのです!!

この動画は、Ataraxiaの歯磨きレッスンを受講された方に差し上げている
Ataraxiaオリジナルの歯みがき解説DVDの動画の一部に加え、
MVM誌用に新たに撮り下ろしたものもあります。

MVMは獣医学の専門誌ですが
私の記事は「歯みがき指導」ということもあり、
獣医師の先生方をはじめ
歯みがき指導を現場で受け持つ可能性の高い動物看護師さんにもすんなりと読めるよう
できるだけ平易な文章で、なおかつMVMの格調高さを損なわないよう工夫したつもりです。

この記事は歯みがき指導をしたことがない、しているけれど手ごたえを感じられないという
獣医師の先生方、動物看護師の方々はもちろんのこと
一般の飼い主さんにも「犬猫の歯みがきの解説書」としても活用して頂ける内容と構成です。

Ataraxiaの歯みがきレッスンのエッセンスが惜しげもなく詰め込まれています。

蓮 「これを読めばAtaraxiaの歯みがきレッスンはいらないんじゃ…」

それはまた別の話です(^_^;)

専門誌ゆえ一般の書店やAmazon等ではお取り扱いがありませんが、
株式会社ファームプレスのサイトからオンラインでご購入できます。
http://www.pp-mvm.com/books/contents/60

ペットの歯みがきをお考えの飼い主様も、動物病院の先生方、スタッフの方々も
そのまま手引書として使える内容です。
(おっと、文章や写真、動画の流用はダメですよ^^;)

専門書なので少々お値段がはりますけれども、ぜひご一読のうえ
お手元に一冊置いて頂ければと思います。

川久保純子&蓮&MVM

動物看護師統一認定試験、受験!合格!!

2014年6月22日(日)、動物看護師統一認定試験を受けてきました。

動物看護師統一試験受験会場

現在、動物看護師は民間資格であるため、専門学校や通信教育などあちこちの機関が独自に資格を発行しています。
それら動物看護師資格の統一化と国家資格化が図られています。
それによって一定の技能レベルの保証と動物看護師の地位の確立を行おうというものです。
私も別の動物看護士資格を持っていますが、この統一認定資格を取りたいと以前から思っていました。

この試験には当然ですが受験資格があり、動物関連の大学か専門学校を卒業していることなどが必要です。
私の出た学部は医学とはいえ人間の歯科なので、受験資格外とずっと諦めてきました。
しかし、学校で長年医学と福祉の授業を持ってきたことと、
Ataraxiaとして活動してきたことで受験資格を認めて頂けないだろうかと、
思い切って認定機構にかけあってみました。

認定機構の方は、どうして歯科医が動物看護師をと不思議に思ったことでしょうね。
私も正直、恥ずかしいような複雑な気持ちでした。

その結果、補講を受講の上、受験資格を得られる事になったのです!!
それはもう本当に嬉しかったです。

ところが、補講受講のスケジュールと出願の締め切りが間に合わなさそうで、
今回の受験は見送りになるかとがっかりしていました。
しかしまたどんでん返しがあり、超ギリギリですが6月の出願ができるようになりました。

そんな具合で、念願を叶えるために動き始めてから出願までだけで、息が切れそうなほど大変でした。
受験をしたいと思い描き始めてから3年くらいは経っていると思います。

さて、ギリギリの出願なので試験まで日がありません。
仕事の合間を縫って、何とかこなそうと思っていた矢先に、今度は柴さんの保護!!!
柴さんを保護している間の6日間、その後の処理や手続きに追われてさらに1週間。
試験直前の貴重な2週間がまるまる飛んでしまいました。
一番つらかったのは、6月19日が我がパートナードッグでありAtaraxiaの社員犬としても頑張ってくれている蓮の
4歳の誕生日だったのに、忙しくて何もお祝いしてあげられなかったこと。
中途半端なお祝いにしたくなかったので、落ち着いたらじっくりお誕生日祝いをしようと、
前代未聞の「お誕生日延期」という暴挙に出ました。
勉強も愛する蓮のお祝いも思うようにならず、泣きたい思いで試験日を迎えました。

勉強を応援する蓮

蓮が勉強を見てくれています。
蓮「ほら!頑張って!」

renn_study

蓮「しっかりして!これはさっきも間違えた問題だよ!」

勉強を応援する蓮

蓮「大丈夫かなぁ…」

 

試験場は渋谷。
遠くないのが救いです。
けれどもまたしても行く手を阻むトラブルが。

shibuya

久しぶりに行った渋谷はすっかり様変わりして、「ここはどこだ!?」状態。
その上工事中で、行きたい所に行くことができません。
工事のせいでスマホのナビも効かず、どこだか分からない場所をぐるぐるぐるぐる。
「駅から徒歩3分」の場所のはずなのに、20分くらい彷徨い続けています。
試験時間が刻々と迫り、嫌な汗がにじんできました。

「ここは一体、どこなんだーー!!」

泣きたくなってきました。
(勉強時間も取れなかったし…今回はもう諦めてしまおうかな。場所もこんなで行き着けないし、
元々縁が無かったのかもしれない。)
一瞬、そういう気持ちが頭をよぎりました。
しかし、
(いやいやいや!!奇跡的(?)に受験資格を手にして、補講も受けて、蓮にも我慢してもらって、
少ない日数だけど頑張って追い込みの勉強もしたじゃないか。この度重なる困難は私を試す試練なのだ。)
とすぐに考え直し、歩いて歩いて、やっと無事に試験場に着くことができました。

私が受験した回は「CBT方式」といい、紙の問題と答案用紙やマークシートではなく、
コンピューター上で問題が表示され回答する形式です。
MicrosoftのOffice specialistを受けたときは当然コンピューター上での試験でしたが、
今は他の分野の試験もこういう形式になってきているようです。
試験場にはノートパソコンがずらーり。

「これを揃えるだけで、いくらするの…」

いやはや、クラクラしそうです。
この試験形式も初めてなので、好奇心でちょっとドキドキ。

そして試験開始。

従来は100問だった試験問題が140問に増えています。
それはいいとして、問題のレベルが過去問題よりもはるかに上がっています。
「動物看護師にそこまで求めるのか?」とギョッとするようなレベルのものまで。
以前はあったと思われる、専門知識がなくても常識的に解けるようなサービス問題はごくわずかです。

(これは、専門学校の学生さんには難しいんじゃないかなぁ…)
歯科医師としての医学知識があるから解けるけれど、
専門学校で学んだ人にはハイレベルすぎる問題もある気がするけれど、どうなんだろう。
案外、動物看護師過程でみっちりとこういう内容まで学んでいたりして。
問題のレベルが上がっているところに、統一認定機構の意気込みが感じられます。
個人的には動物看護師がアメリカのように立場の確立された職業になってくれると良いと思っているので、
より高度になるのは大歓迎です。

私も合格できれば(笑)

ところでCBT方式は、分からなかったり後で見直しをしたい問題にチェックをつけておき、
後でチェックを付けた問題一覧として確認できるのです。
わー、すごい便利!
問題が回答済か未回答かも表示されるので、回答し忘れも防げます。
わー、すごい便利!
でも、解き終わっても試験会場を出ることはできないのです。
紙の試験でしたら所定の時間が経過すれば途中退席できますが、
CBT試験は試験官の合図で終了の操作をしなければならないので、解き終わっても席を離れられません。
うーん、ちょっと不便!

こうして前半の学科問題と、休憩を挟んで後半の実地問題に挑み、終了。
何でも聞くところによると、CBT試験はその場で正答率が分かるとか。
ひえー、なんて残酷!!
試験官の指示で終了の操作をすると、画面には「しばらくお待ちください」の文字が表示されましたが、
これが長い…。
イヤ~な気分のままじっと待っていると…

えっ、ちょっと!!うそっ、こんなに!?マジデ!?すごい!!ウヒャ~!!\(^o^)/

と小躍りして叫びたくなるくらいの正答率が表示されたのです!
うわー、記念に画面をキャプチャしたい。でも携帯電話の操作等は禁止されているので撮影はガマン…
くうぅ、勿体ないなぁ。

でもこれで、余程の何かがない限り合格は間違いないと確信し、
晴れ晴れとした気持ちで試験場を後にしました。

試験場に向かう時はべたつく雨が降っていましたが、試験が終わって外に出ると空も晴れ渡っていました。

そして合格発表の、2014年7月1日13時…

じゃじゃん♪

 動物看護師統一認定試験合格

 無事、合格を確認致しました(^^)v

これで心安らかに相互にお祝いできます。
私が勉強の間、文句も言わずに(不満そうでしたが涙目で)耐えてくれた蓮には本当に感謝しています。
この蓮の我慢を無駄にしないためにも頑張ろうと思えたのが、超短期間合格につながったのだと思います。

勉強のログを付けていたのですが、
勉強に費やした日数:16日
勉強をした時間:44時間19分
でした(-_-;)

 

合格記念の一枚♡

ataraxia_renn (2)
蓮「かばさん、やるじゃん♡」(でも、かばさんの立場で受からなかったらマズいよね(笑))
ありがとう、蓮のおかげだよ(いやー、落ちたら歯科医師の沽券に係わるところだっだね(汗))

もうひとつ、お誕生日記念の一枚♡

ataraxia_renn (1)
蓮、4歳のお誕生日おめでとう。これからもよろしくね。

蓮「あたしからもヨロシクー♪」

私は認定動物看護師資格を取得し、蓮は4歳を迎え、
我ら主従は今後も手を携えて日々パワーアップしていきます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。