ありがとう、さようなら宮沢湖ドッグラン!!

2014年9月23日(火)、私達は埼玉県飯能市の「レイクサイドパーク宮沢湖」へ再び行ってきました。

ここには以前記事にしたように、斜面むき出しのワイルドなドッグランがあり
「待て」や「呼び戻し」を行ったり、散策したりととても楽しい思い出を作ったのです。
「また来ようね」と言っておきながら、1年半以上も訪れる機会を失っていました。

ところが、レイクサイドパーク宮沢湖では解体工事を行っていて、
ドッグランも解体・閉鎖されることを犬仲間から知りました。

あの楽しかったワイルドなドッグランが…無くなる…。
トレーニングでも満足な出来を残せて嬉しかったあの場所が、無くなる…。

ドッグランは10月1日までの開園だそうで、もう残り日数がありません。
「また来ようね」と言った蓮との約束をどうしても果たしたい。
矢も楯もたまらず、宮沢湖へと向かいました。

miyazawako (3)

 

もっと鬱蒼としていたのに、何だかぽかっと開けています。
道の舗装も剥がれています。

miyazawako (2)

工期予定。
以前の記事でも書いたように、もう稼働していないような遊具や売店がありました。
冒険の森、アーチェリー、メリーゴーランド、なかよし動物園…
こんなにあったのですね。
最盛期には子供達や家族連れの笑顔があふれていたであろうに、
今は某ネズミの王国とかそんなのばかりに人気が集まってしまうのでしょうか。
寂しさがつのります。

miyazawako (4)

以前の記事で昭和の香りの遊具の写真を載せた場所のそばです。
何もない…。

 

そしてドッグラン。
あ、あああ…!!?

miyazawako (5)

10月1日までは遊べると思っていたのに、もう解体されている…!?
ショックでしばらく立ち尽くすのみ。
ああ、この場所は入口の…、あの斜面は…、など思い出と重なります。

miyazawako (6)

仕方ないので記念撮影。
蓮「解体されている場所で記念撮影ってのも、なんだかなぁ。それに何?その満面の笑みは。」

かなしみをえがおでかくしているのですよ。

 

miyazawako (7)

以前の記事で「水も空気もきれいです」と紹介した場所です。
緑の柵で覆われ、すっかり雰囲気は変わってしまいました。

仕方ないからお散歩代わりに湖の外周をぐるっと周ろうと、
とぼとぼと歩いていると…

 

んっ!?んんんっ!!?

miyazawako (8)

ドッグラン、まだありましたーーーー!!( ;∀;)

蓮「さっきのは場所を間違えていたね…(恥)」
そうだね。
どうしてこんな工事現場で記念撮影しているのだろうと、通行人の方々は不思議に思っただろうね(照)

miyazawako (9)

蓮「さあさあ、さっそく遊ぶよっ!早く入れて入れて!!」

 

二重扉の内側が壊れているので、ベンチを倒して塞いであります。
水道は前回来た時から既に壊れたままですし、整備も追いついていなかったんですね…。

 蓮「じゃ、カッコイイところ見せちゃう♪」

 

miyazawako (10)

蓮「どうせあと1週間でなくなっちゃうんだから、『蓮これにあり』の軌跡を残すよ。」
(悪いね蓮。後でマナーウォーターかけておくよ。)

miyazawako (11)

今度はまともな記念撮影になりそうです(^_^;)

今回このドッグランに来たかったのはもう一つの理由がありました。
それは、前回にできた「スーパー待て」と「スーパー呼び戻し」が今もきちんとできるか確かめることです。

蓮「えっ!?あたし、今やプロ犬だよ?疑うなんてひどいなぁ。」

と蓮は言っておりますが、犬も日々練習を重ねていないと技量が落ちるのです。
普通の呼び戻しや待ては日常的に行っていますが、このような場所で行うのはなかなか機会がないので
ぜひ確かめつつ練習をしておきたいところなのです。

さあ、レッツチャレンジ!
今回は私が蓮に指示を出している動画を撮りつつ、それをトレーナー視点でも撮るという新しい試みです。

 こちらはトレーナー視点。
上の動画の舞台裏でどうなっていたのかが分かり、面白いかと思います。
(上下の動画の再生ボタンを同時に押すと同じ時間の流れで再生でき楽しいですよ。)

 

倒木のせいで前回と同じ位置ではできませんでしたが、まぁ良しとしましょう!
この分なら前回と同じ位置からでも、まず間違いなくできていたと思います。

蓮「信じてくれてありがとう!」
蓮の日頃の努力はいつも見ているからね。

もう一度来るということ、「スーパー待て&呼び戻し」の実力を試すということ、
どちらも最後に再び叶えられて満足です。

でも、惜しむらくはこの森と斜面そのままなドッグラン…。
平地や芝のドッグランは他にいくつもありますが、こういう場所は珍しいです。
ファンも結構いるようですし、どうか再整備してまたオープンして欲しいです。

 

オマケ

宮沢湖といったらコレですよね…(笑)
miyazawako (23)

miyazawako (12)

蓮「えいっ、トチの実ゲット!」

 

 

 

 

 

 

宮沢湖のワイルドなドッグランでスーパー待て!

楽しすぎるレイクサイドパーク宮沢湖のドッグラン。

もっともっと色々チャレンジしたくなりますが、蓮さんに少しお疲れの様子が見えてきました。

ドッグトレーニングでは、犬も人も「楽しい!もっとやりたい!」と思うところで止めておくのがポイントです。

美味しいものも食べ過ぎるとウッときますが、食べ足りないとまた食べたくなるでしょう?

せっかく遠くまで来たのだし、湖の周りが遊歩道のようになっているので、 ちょっと散策してみましょう。

miyazawako

水も空気もきれいです。

miyazawako_2

またしても昭和の香りの遊具が…。

昔は家族連れで賑わったのでしょうね。 売店も今は閉じてしまっています。 なんだか寂しいな…。

さて、ぐるりと一周して、またドッグランに戻って来ました。 蓮さんやれる?

私の狙いはただ呼び戻すだけでなく、待たせることです。

知らない場所。高低差。距離。藪(笑) この条件下で果たして蓮さんはやり遂げてくれるでしょうか!?

み、道が険しい…。 私が転びそうです(-_-;)

とても良い感じにできかけたのですが、上ったところにある大型犬用のドッグランにいる犬に 気を取られてしまっています。

残念ですが、失格です。 もう一度!

今度はうまくできたね!

スタートしてすぐ、「かばさんはどこだっけ?」と再確認してからまた走り出しています。

むしろ私が疲れてきました。声が上ずって震えています(笑)

ところで、「待て」をかけてから私が「そうだよ~」「イイコだね~」と励ましていることにお気付きでしょうか。

よく、「待て」をかけたものの犬が動いてしまうのを阻止したくて、

何度も何度も 「待て!待てだよ、まてまてまて…待てっ!」 と連呼しているのを見かけますが、

指示はあくまでも1回」 です。

その代わり、「待て」の状態でいることをこのように褒め、励まします

それでは最後に、蓮を高所で待たせから呼んでみましょう。

やりましたーー!

私も蓮も大満足して、ドッグランを後にしました。

ところでこのドッグラン、暖かい季節には虫や蚊が出そうですね。

景色は春からが美しくなり楽しめそうですが、 ドッグラン目当てなら秋~冬が落ち着いて遊べそうです。

また来ようね、蓮!!

 

おまけ シュール!!(笑) レイクサイドパーク宮沢湖はこんなに親切です(∩´∀`)∩

miyazawa_tochinomi(1)

 

 

宮沢湖のワイルドなドッグランでスーパー呼び戻し!

前回の記事で「イチョウ葉」について触れましたが、犬にも認知症があるのをご存知でしょうか。
特に柴犬などの和犬に多いそうです。

認知症を防ぐためには、変化に富んだ刺激のある生活をすることが大切です。
認知症予防に限らず、様々な経験をすることがストレスを解消し、
社会性や情操の発達に役立つのは言うまでもありません。
人も犬も同じですね。

そんなわけで、我が家では今まで行ったことのない所でも出来る限りどんどんチャレンジするようにしています。

今回は埼玉県飯能市にある「レイクサイドパーク宮沢湖」に行ってきました!

ここにはワイルドなドッグランがあるそうなのです。
森をそのままドッグランにしたような感じで、平地ではなく斜面だとか。
蓮は山や林が大好きです。
斜面なら足腰を鍛えるにも良さそうですね。
これは行ってみるしかありません。

着きました!広々とした駐車場です。看板に昭和のにおいが感じられます(笑)

駐車場から歩くこと約10分、ここがドッグランの入口です。
向かって左手が小型犬、右側が中型・大型犬の入口です。
おおぉ、森…というか、林…。そそられます!
さあ行こう蓮!!

とってもかわいいポメラニアンの男の子が先に遊んでいました。ままずはご挨拶。よろしくね♪

このドッグランは平地がほとんどなく、ひたすら斜面です。
しかもジグザグ状の斜面になっていて、立ち枯れた木などが残っていて足場も険しい。
うーんワイルド! 野生に還ったみたいで血が騒ぎます!!

蓮「かばさんが野生に還ってどうするの…」

そうでした。 野生の血ではなくて、トレーナーの血が騒ぐに改めます(^^ゞ

さて、これだけの広さ(高低差)があれば、やってみたくなるのが「スーパー呼び戻し」。
まずは近距離から

まずまずの出来です。少し距離を延ばしてまたやってみます。

悪くない!悪くないぞ蓮!!
では次に、私が低い所に降りて、高い所にいる蓮を呼んでみます。
私がどこにいるか分からないので、犬笛を吹いて合図しています。

犬笛なので音がほとんど入っていませんが、蓮がハッとなって駆け出すのが犬笛を吹いた瞬間です。

こんな具合で、私も蓮もノリノリです。

楽しすぎて私のトレーナー熱はさらにヒートアップし、トレーニングはさらにエスカレート(?)していくのです。

(次回に続きます)