「コミュニケーションとしてのデンタルケア」の講演会を行いました

2017年6月2日、プレミアモード株式会社様のご依頼で講演を行いました。

テーマは「コミュニケーションとしてのデンタルケア」。

ペットのデンタルケアやオーラルケアへの意識は世間でも高まりつつあるように感じますが、
「コミュニケーション」の面からはどれほど意識されているでしょうか。
私は犬猫のオーラルケアの啓発活動や歯みがきレッスンを始めたときから

「歯磨きは最高のコミュニケーションとリラクゼーションになる」

をテーマとして提唱してきました。

飼い主の方々を見ていて思うのは、多くの方はオーラルケアを
「歯磨き」という「作業」でしかとらえていないのではということです。
私が提唱しているのは、

  • 歯磨きを通じて「コミュニケーション」の手段を犬や猫などパートナーと人が
    双方に」身に付けることができる
    (↑これ、今回の公演のポイントの一つでした)
  • 歯磨きでコミュニケーションを深めることができる
  • 歯磨きはしつけの基本となる
  • 上手に行えば歯磨きはパートナーにとっても人にとってもリラクゼーションとなる

ということです。

今回の公演はテーマの違いと時間の制限もあり、
歯磨きを身に付けるためのノウハウの細かいことはお話しいたしませんでしたが、
歯磨きの「作業」よりももっと核心的で、歯磨きを身に付けるうえで欠かせない基礎となる

「コミュニケーションとは」

を心理学的な面からお話しする機会となりました。
(これを知っていると知っていないとでは、トレーニングの効果や効率が全く違うのです。)

その上で、

  • 知っているようで実は意外と知らない、歯周病になるメカニズム
  • プラークの中で細菌はどのようになっているか
  • 歯周病を起こす細菌の最新の知見(人・犬を比較しながら)
  • マイクロビオームの考え方
  • プロバイオティクスの作用機序

についてお話しいたしました。

多くのセミナーでは、人に関する話か、動物に関する話か
どちらかの話になってしまうのが一般的ですが、
人の歯科医師でありながら、心理学、ドッグトレーニングや行動学、小動物歯科などに関わっているという
一風変わった経歴の私だからこその内容になったかと思います。

そもそも今回の講演のきっかけが、私自身、同社の製品を愛用しており
この想いを伝えたくて(?)コンタクトを取ってみようかなと思っていた一方で
社長様が私の経歴に関心を寄せてくださり、ご依頼のご連絡を頂いたという
とても不思議でありがたい経緯からなのでした。

講演の様子。皆様とても熱心に聞いてくださいました。
合間にはたくさんの質問もお寄せ下さり、本当にありがとうございます!!

今回の主題は「コミュニケーション」。
コミュニケーションには言葉によらないもの(ジェスチャーなど)も多いんですよ、
というお話をしましたが

この講師はいつもオーバーアクションだ!!(笑)

聴衆を扇動しかねない勢い(笑)

「戦え、ジオンの諸君」

じゃなくて…

「マイクロビオームと共生するために、共にデンタルケアを頑張ろう!!」

 

プレミアモード株式会社の皆様と記念撮影♬

 

私は講演のご依頼をしばしば頂くのですが、
ご依頼企業の理念や製品が私のポリシーに合わない場合は
ことごとくお断りしています。

今回は心から、いつになく楽しい講演をさせて頂きました。
それはひとえに、ご参加くださった皆様がとても熱心に聴いて下さったことと
プレミアモード株式会社の方々がとても温かい場をご提供くださったからに他なりません。
また、ブログを読んでくださっているという方もいらしてくださいました。
ありがとうございます~感激です( ;∀;)

講演後はこんな記念品も配られたようです。

「いいなー」(=゚ω゚)

と思っていたら、私まで頂けちゃいました(≧▽≦)

蓮「こどもかい!!」

この記念品、何かといいますと
歯周病の細菌を抑制するなど、口腔内環境を整える働きのある細菌を利用したサプリメントなのです。
Ataraxiaの歯みがきレッスンを受けてくださった方はご存知かも知れませんね。
ストレプトコッカス・サリバリウスK12とM18という菌、いわゆる善玉菌が使用されています。
これらの菌は元々は人の歯科から研究されたものでした。
今回の講演でも、これらの菌がなぜ、どんな仕組みで口の中に良い影響を与えるのかを
たぶん分かりやすくお話ししたつもりです。
(こうした仕組みはややこしくて、
「よく分からないけどいいらしい」と使っている方が多いのではないかと思います。) 

人の歯科から出てきたものですから、人間用のサプリメントもあるんです。
これについても今回の講演で、
「人とパートナー(犬猫)は菌を移しあうの?どうなの?」
ということの最新の知見をお話しいたしました。

歯周病は歯や歯肉がだめになるだけでなく、全身に影響する「感染症」です。
私たち人間も、犬や猫などパートナーも、お互いに健康でいるためのケアが必要です。
人やパートナーの歯周病が気になる方、
パートナーのオーラルケアを始めたいけど導入に悩んでいる方、
さらにオーラルケアに力を入れたい方へ。
「Ataraxia販売部」でも取り扱っていますので、気になる方はのぞいてみてください。

ペット用  ペット用
 ペット用  ペット用
 ヒト用   ヒト用 
 アイテム  アイテム

なお、2017年6月12日(月)~6月18日(日)より
BASEアプリトップの特集ページで10%オフクーポンが配布されます。
ただしクーポンが表示される時間は毎日6時間限定、表示時間はランダムです。
このお得な期間に是非ご利用ください。
アプリのダウンロードがまだの方はこちらから!
http://bit.ly/2rGedFH

(効果を高めた、医療機関専用の「プロバイオサイエンス」「プロバイオサイエンスPET」も
お取り扱いしております。
こちらは歯磨きレッスンを受講された方への対面販売のみとなっております。)

 

歯磨きと指導は誰がする?~第25回日本小動物歯科研究会症例検討会より~

2017年3月19日、第25回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会が行われました。
日本小動物歯科研究会の症例検討会は私が毎年楽しみにしているものの一つです。

おなじみの会場。

ランチョンセミナーのお弁当も楽しみの一つ。お弁当だけが楽しみじゃないヨ。

初めて参加した3年前(→「第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会でドキドキ」)は、
歯科獣医療について私には物珍しく驚くことの連続でした。
なのにご指名を頂くといううれしはずかしビックリハプニングがあり、
無麻酔歯石除去の問題について提言させて頂き、嵐(?)を巻き起こしたのでした。

2度目の参加となる昨年は、大人しくしていようと思ったものの
犬への電動ブラシの効果についての発表に興味が湧いて湧いて、
どうしても質問せずにいられませんでした。
(→「第24回日本小動物歯科研究会症例検討会~育てるということ

学会やセミナーなどの会場では聴衆が数十人から数百人いる中で、質問する人はほんの数人。
「歯科医師の川久保と申します。本日は貴重なご発表を~」
という質問前のテンプレートな文言も、獣医療関係者の方がほとんどの中では目立つのです(^^;)
初めはアウェー感をひしひしと感じていましたが、
「ああ、あの人ね」
と徐々に受け入れられて来たように思えるのも、この会ならではの温かさかも知れません。
今回も
「お名前はかねがね聞いております」
と言われ、えええ、マジですか~と驚きつつ照れまくる一幕もありました。

私が犬猫の歯科について関心を持って数年、私の中でも歯科獣医療についての知識が増えていきますし、
獣医療界でも一般の飼い主様の間でも犬猫の歯科についての啓発と取り組みが進み、
参加するごとに会の雰囲気と症例発表の内容が変わってきているのを感じます。
それも参加の楽しみの一つでした。

今回最も気になったのは、21動物病院の鈴木正吾先生による
「トリマー向けデンタルケアの疑問についてのアンケート調査結果」
でした。
この調査の注目すべき点は、まず、調査対象(回答者)がトリマーであるということです。
私は常々、トリミングサロンやペットショップで行われている
歯磨きや「お口ケア」などのデンタルケアサービスに疑問を抱いてきました。
「犬猫の歯垢は約3日で歯石になる」
というのはよく知られるようになりましたが、
それならば多くてもせいぜい月数回行われるデンタルケアサービスに意味があるのだろうかと。
「お口のケアをしてもらった」
という飼い主の安心感が、逆に家庭でのこまめなケアを滞らせる一因となりはしないか。
そもそも歯科獣医療を専門的に学んだわけではないトリマーやスタッフが
正しいブラッシングやケアをできているのだろうか。
これは前回のブログ「磨いているけど、磨けていない?~歯磨きの「イ」と「ケ」の話
で書いたことにもつながります。
もっともトリマーだけではなく、近年は犬猫のデンタルケアの浸透に合わせて
ドッグトレーナーや生体販売のペットショップまでもが
デンタルケアサービスやセミナーを行うようになってきました。
周囲を見渡してみても、自分のペットの健康上の問題や疑問について
「ペットショップで相談した」
「ブリーダーに相談した」
「トリマーに相談した」
など非常に多いと思います。
ペットサービスという大きな枠組みの中で、「獣医療」との境界線が非常にあいまいであると感じていました。

発表内容に話を戻しますと、
・デンタルケアセミナーに参加した経験のあるトリマーは約70%
・デンタルケアの勉強をしたいトリマーは98%
・デンタルケアに悩んでいるトリマーは90%

なのだそうです。
トリマーの間でのデンタルケアへの関心と関与がいかに高いかが分かります。
そして
デンタルケアセミナーに参加した経験のあるトリマーのうち、25%が無麻酔歯石除去に興味があり、
・無麻酔歯石除去の方法を知りたい:22%
なのだそうです。

なんということでしょう!!

デンタルケアセミナーに参加していながら
無麻酔歯石除去に興味を持ったり、方法を知りたくなったりするとは
一体セミナーでは何を教え、何を学んでいるのかと言いたくなりますが
トリマーがこう思ってしまうのも責められない一面がある気がします。

上述の通りトリマーは飼い主からの相談を受けることが多くあります。
デンタルケアの相談を受けることもきっと増えてきていることでしょう。
その時に
「飼い主からのニーズに応えたい」
・答えられないようではトリマーとしての信頼が下がる
・ビジネスチャンスである
・何かしてあげたい
と思うのは自然なことです。
特にこの「信頼が下がる」と「何かしてあげたい」というのは
トリマーだけでなく専門職にありがちな「落とし穴」的心理であり、
こう思うあまりに自分の手に余るものや越権行為にあたる依頼を引き受けてしまうことがあります。
専門職として正しくあるのは、自分の実力(できることとできないこと)を素直に見極め、
能力的や立場的にできないものは、それが可能なところへつなげる(リファーするといいます)ことです。
できないものをできるところへつなげるのは、利用者(患者や顧客など)の利益を第一に考えることでもあり、
専門職者自身を守ることでもあるのですが、未熟であるとこれができず、
自分で背負い込んでしまうこともよくあります。
先程述べたように獣医療との境界があいまいなペットサービスではなおのことでしょう。

動物の「歯石除去」は麻酔の有無に関わらず「医療行為」なので
獣医師のみが行うべきなのは言うまでもないことです。
しかし歯磨きではどうでしょうか?

人間の場合は、平成17年7月26日の厚生労働省からの通達で
「重度の歯周病等がない場合の日常的な口腔内の刷掃・清拭において、
歯ブラシや綿棒又は巻き綿子などを用いて、
歯、口腔粘膜、舌に付着している汚れを取り除き、清潔にすること」
は歯科医師法の規制対象にならないとされています。
つまりこの場合は歯科医師でなくても口腔内清掃ができるということです。
しかしあくまでも、
・重度の歯周病がなく
・歯、口腔粘膜、舌に付着している汚れを取り除くこと
に限定されています。
重度の歯周病があればアウトですし、歯周病の診断は歯科医師でなければできません
歯周病がある、ない、初期だ、進んでいる、などと判断するのは診断にあたります。
行っていいのも汚れを取るだけですから、「歯磨き指導」などはできないわけです。

これを参考に動物について考えてみると、
重度の歯周病がなければ歯ブラシや歯磨きシートなどでお口の汚れを拭う程度のサービスなら
獣医師でない人が行っても問題ないのでは、と思えるかも知れません。
しかしながら動物の歯周病のチェックはやはり獣医師でなければできないわけで、
動物病院で歯周病の有無の診断を受けていない動物の場合は
歯磨きサービスの前にまず診断を受ける必要があるでしょう。
加えて、無麻酔歯石除去の問題で述べたことがありますが、
進行した歯周病の場合はあごの骨が吸収されて細く薄くなっており、
マズル部分に少し力が加わっただけでも骨折してしまうことがあります。
歯磨きサービスでも同じことがいえるでしょう。
(→「1.無麻酔歯石除去の問題~1.歯科医学の面から その3 エックス線撮影ができない問題~」)

さらに言えば、繰り返しになりますが
歯科の専門教育を受けたわけではない人にどれだけきちんとした歯磨きができるのか、
という疑問があります。
たかが歯磨き…ではなく、
世界中の歯科大学や歯学部ではブラッシング(歯磨き)についての研究が行われており
実は非常に奥が深いものなのです。
そしていうまでもなく、「歯磨き指導」はできないということになるでしょう。

でも、飼い主の間では
「動物病院や獣医さんに相談するよりも、日頃よく行くトリミングサロンの方が相談しやすい」
というニーズがあるのも確かです。
動物病院でなければケアが受けられず、つい足が遠のきがちになりケアの機会を逃すよりは
身近で気軽なトリミングサロンで小まめなケアを受けられた方が良い、
という考え方もできるでしょう。

私個人の考えとしては、動物看護師のキャリア形成の一環としても
伴侶動物(を持つ飼い主)が気軽に歯磨きのケアを受けられるようになるためにも、
その結果、動物病院の経営発展に役立つためにも、
伴侶動物のデンタルケアを動物看護師の専門スキルとして教育し、活かすのはどうだろうかと思っています。

……ということが発表を聴いている間に頭の中をぐるぐるぐるぐる。

座長の
「それでは、フロアからのご質問はありませんか?」

「はいはーい♪」
とばかりに挙手。もう大人しくしていようなんてしないんだもんね(笑)

私からの質問に続いて、歯磨きなどデンタルケアは医療の一環なのだから
動物病院で獣医師や動物看護師が行うべき、
いや皮膚科分野と同じようにトリマーと協力して行うのも良いのではないか、
など様々な意見が出されました。

会の合間の休憩時間に、会長を務められているフジタ動物病院の藤田桂一先生から
「あの発表ね、質問が出なければ川久保先生を指名しようと思っていたんですよ」
とニヤリと笑って言われました。

ま、またですか~(≧▽≦)
というか、私が来ているのバレていましたか~(≧▽≦;)

どちらにしても黙って座っているわけにはいかなかったということですね(^^ゞ
何かの議題に関して意見をと思って頂けるのはとても光栄なことです。ありがたいです。
このテーマについては藤田先生も、いずれ別の機会を設けて話し合ってみたいとおっしゃっていました。
私も本当にそう思います。

動物看護師の方、トリマーの方、その他ペット関連職の方、そして一般の飼い主様にも
ぜひぜひ考えてみて頂きたいテーマでした。

夕暮れの景色がきれいでした。

 

 

第17回日本臨床獣医学フォーラムを振り返って

2015年も終わりが近づいてきました。
この数か月間、とても忙しくてご報告が遅くなってしまったのですが
2015年の大事な出来事の一つとして、9月に参加した第17回日本臨床獣医学フォーラム
(JBVP)を振り返りたいと思います。

私が日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)に参加するのはこれが2回目でした。
前回は歯科の講演を中心に回りましたが、今回は他に関心のある疾患や治療にも勉強の幅を広げたいという
私なりのテーマで参加しました。

とは言っても歯科はやはり外すことはできず、

「高齢猫の歯科疾患」 藤田桂一先生
「高齢動物のデンタルケア」 戸田功先生
「猫の口腔内腫瘍(扁平上皮癌を中心に)」 廉澤 剛先生
「歯周病原細菌悪性度検査の解釈とその臨床応用」 荒井延明先生
「高齢動物に発生する口腔内腫瘍の診断から治療の可能性まで」 奥田綾子先生

また、イタグレを飼っていることもあり骨折とてんかんの話をよく聞くようになったことから
それらについても知識を深めたいと思い、
「トイ犬種の橈尺骨骨折1 術前評価と手術計画」 川田 睦先生
「トイ犬種の橈尺骨骨折2 骨折形状に適した整復法と固定法」 泉澤康晴先生
「けいれん発作を起こす病気「てんかん」を徹底攻略」 渡辺直之先生
「犬の特発性てんかんの治療」 松木直章先生

さらに、日常のケアのこと、今後のスキルアップのため、そして今回のJBVPのテーマでもある
動物のシニアライフのために
「痒いの臭いの、飛んでいけ!―外耳炎の治療と予防を教えます―」 村山信雄先生
「症例写真の撮り方から症例発表の仕方」 石田卓夫先生
「怒る猫へどう優しく対処するか?」 石田卓夫先生

などのプログラムを周りました。
一つ一つを挙げて行くと膨大になってしまうので、ざっくりとした感想を。

伴侶動物の口腔について今一番ホット(?)なのは歯周病かと思いますが
ホームケア、つまりおうちでの歯磨きを習慣づけることで
歯周病とそれにつながる全身疾患の予防になることと、口腔内にできるその他の疾患の早期発見につながり
それにより伴侶動物の寿命とQOLを高めることができる、と再度思いを強くしました。
動物にも人間と同じように悪性腫瘍が発生することがあります。
獣医療での外科的治療がとても進んでいることに驚きましたが、
顎顔面領域の悪性腫瘍を切除すると容貌がかなり変化してしまうことから
飼い主さんの方で受け入れがたく、手術にまで及ばないことも少なくないそうです。
また、人間と比べると予後があまり良くないとも感じました。
(つまるところ、手術後の生存期間があまり長くないということです。)
歯科はやはり何はなくともホームケアがいかに大切か、ということですね。

そして今回新たな知見と驚きを得られたのが、荒井延明先生の
「歯周病原細菌悪性度検査の解釈とその臨床応用」でした。
荒井先生の講演は前回のJBVPでイヌインターフェロンα製剤のインターベリーαについて拝聴していました。
その時はひとつの参考として心に留めていましたが、
今回はそれにさらにデータが集まったおかげで大変興味がわき、今後のさらなる研究が楽しみになる内容でした。
この荒井先生のプログラムはランチョンセミナーでおいしいお弁当が出るのですが
最前列に陣取ってガツガツ食べまくりながらガツガツとノートを取りまくりました。
(相当異様だったと思いますごめんなさいごめんなさい)

インターベリーαとは犬の歯肉炎に効果が確認されている動物用医薬品ですが、
近年注目されているものに「Streptococcus salivarius K12」というものがあります。
これは口腔内にいる細菌で口腔内環境を整えることから、サプリメントとして利用されています。
(以前の記事でも触れています。→「日本臨床獣医学フォーラム参加報告」)

インターベリーαが歯肉炎を改善する効果は、
家庭でのオーラルケアの補助や歯周治療後のメンテナンスとしてとても魅力的です。
Streptococcus salivarius K12との併用はどうなのだろう…と思うと期待と興味でムズムズしてきて、
矢も楯もたまらず会場で質問してしまいました。

「私は人間の歯科医なのですが…」

質問の最初にそう自己紹介すると、後ろの方の席から
「歯医者さんだって…」
とボソボソ聞こえてきます。
ええ、歯医者さんも大注目の小動物歯科ですよ!

このプログラムでは他にも、一般の飼い主さんにも、獣医療に携わる方にもとても大切なことが語られていました。
それはまた改めてご紹介したいと思います。

講演後、ブースにいらっしゃる荒井先生の所に改めてご挨拶に伺いましたら
荒井先生は私のことをご存知でした。
最前列で弁当をかきこんでいたから、ではなくて(笑)、mvmの記事をご覧になって下さっていたからなのでした。
なんと~光栄です!

荒井延明先生と川久保純子

とっても優しくて頼れそうな荒井延明先生は動物の皮膚科の先生としてもご活躍です。
DHCのサイトにもご登場されていますよ。
http://top.dhc.co.jp/contents/pet/interview_dr/?sc_iid=catop_pet_01_toku_interviewdr

 

そう、今回のJBVPでは私のことを知っていてくださる方が幾人かいらっしゃり
気恥ずかしくもとても嬉しいことでした。
もともと動物業界とは関係のない職種でしたから、前回のJBVPではアウェーのような気分で
業者の方との名刺交換もお互いになんだかぎこちなくて少し寂しかったのですが
今回はようやくこの業界からも受け入れてもらえたような気持ちになれました。
それもこれも、前回のJBVPや日本小動物歯科研究会などで繋がりを頂けた方々のお蔭です。

で、今回のもう一つのテーマ…
「お世話になっている方々にお礼をして周ろう!」
蓮「お、お礼参り!?」((((;;OдO;lll))))
違うよ。

まずは「株式会社ファームプレス」様。
ファームプレス社長様からのお声掛けのおかげでmvmに執筆させて頂き、
より大きな広がりを頂けました。本当にありがとうございます。

ファームプレスの皆様と川久保純子

ファームプレスの皆様と川久保純子

川久保と社長様の間に3冊並んでいるmvmの、中央と右端が歯科特集号です。
川久保は中央の156号に書かせて頂きました。
ファームプレスの社長様のすごいところは、人のつながりをサラリと広げて下さることです。
こんな風に、お仕事以上の何かを人に与えられる人になれたらと私も憧れます。

 

「有限会社PKBジャパン」様。
「オーラティーン」といえば動物用口腔ケアグッズとしてご存知の方も多いのではないでしょうか。

PKBジャパンブースと川久保純子

PKBジャパンブースと川久保純子

社長様が素敵すぎるのです!
才色兼備でエレガント。ガサツな私とは大違いです。
あぁ~こんな風になりたい~(*´Д`)

PKBジャパンの社長様には色々と良くして頂いているのですが、
今回、歯みがきの件で、とあるご許可を頂いてしまいました(≧▽≦)
私にとってはとても嬉しいスペシャルなこと。
準備ができましたらお知らせ致します!

 

「ライオン商事株式会社」様。
昨年はライオン商事の社員の皆様向けに講演をさせて頂きました。
ベッツドクターズスペックデンタルブラシは川久保一押しの歯ブラシで、
このブログでもご紹介させて頂きましたが(→素晴らしい犬猫用歯ブラシの開発者様にお会いしました
「素晴らしい犬猫用歯ブラシの開発者様」には実はもうお一人いらっしゃったのです!
改めてご紹介いたします。
下津浦勇雄先生です!

下津浦勇雄先生と川久保純子
↑ 偉い先生なのに手がカワイイですね。ギャップ萌えします♡

AtaraxiaのLINE@で先行してチラッとお知らせしていますが
歯ブラシについて、ドクタースペックデンタルブラシにさらなる長所が見つかりました。
これもいずれお知らせいたしますね。

蓮「そればっかり言っているけど、まだ書けていない記事がたくさんたまっているよね…」

うっ(^_^;)

 

あっ、コイニーさんだ!

Coineyブース

実は(株)クレディセゾンさんの歯科検診を昔したことがあったので親近感があったのです♪
Ataraxiaは出張でサービスをおこなっているので
クレジットカード決済にCoineyを導入しています。
地域柄か、クレジットカードでのお支払いのご希望が極度に少なく
現金でお支払いを希望される方が多いので困惑しているところなのですが…(・_・;)

上記で「Streptococcus salivarius K12」のサプリメントについて触れましたが、
こちらはそのサプリメントを販売している会社
「プレミアムスイソ株式会社」様です。

プレミアムスイソのブース

妙なタイミングでの写真になってしまってごめんなさい(´・ω・`)

犬猫用だけでなく人用の口腔用サプリも売っています。
Streptococcus salivarius K12に加え、「Streptococcus salivarius M18」が配合されています。
私も何点か購入しました(^-^)
オンラインショップもありますよ。
ご興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。
http://premium-suiso.co.jp/

 

蓮もお世話になっているアニコム様からはプレゼントを頂きました。

アニコムのプレゼントと蓮

この他、写真はありませんが
歯科器材の株式会社オサダメディカル様とは無麻酔歯石除去について語り合うことができ、有意義な時間を頂きました。
またエリザベスカラー(ワンツーカラー)でおなじみの株式会社ヒューベス様の皆様ともまたお会いすることができ、
新たな展開につながりそうです。

JBVPを経た新しい展開にどうぞご期待ください!

 

獣医学総合誌MVMに川久保の「犬猫の歯みがき指導」掲載

2015年7月1日発売の獣医学総合誌「mvm」に、川久保が書いた
「飼い主さんに伝わる歯みがき指導」が掲載されています!

mvm156号の特集は
「犬猫の歯の健康のために」
なんと、156号と157号の2号にわたり、前編と後編での特集なのです。
まさに、犬猫の歯科やオーラルケアに関する意識とニーズが高まっている表れです。

執筆者は日本小動物歯科研究会の会長である藤田桂一先生(フジタ動物病院)、
大場茂夫先生、大風百合子先生(日本大学動物病院歯科)、
網本昭輝先生(アミカペットクリニック)、
江口徳洋先生(千村どうぶつ病院)、
幅田功先生(センターヴィル動物病院)

また、レポートとして、とだ動物病院の戸田功先生も
「飼い主に正しいデンタルケアを指導するコツ」
を書かれています。

いずれも動物歯科の第一人者という、そうそうたるメンバーです。
その中で、川久保純子(Ataraxia)が記事を書いています。

大変な栄誉です。いいんでしょうか~(;´∀`)

題は

「飼い主さんに伝わる歯みがき指導」

歯科医師としての歯科知識やTBIの経験に、
教職時代の経験、ドッグトレーナーとしての経験と知見、
さらにはカウンセラーとしての心理的な知見を交え
「歯みがき指導がどうして伝わらないか」
「そもそも、伝わっているとはどういう状態か」
「どうしたら『できる』ようになるのか」
を、インストラクショナルデザインの考え方をベースに解説しています。
犬猫の歯みがき指導をインストラクショナルデザインから解説しているのは、
おそらく本稿が初めてだと思います。

さらに!
なんと川久保の記事は、指導の方法とコツを解説した前編に加え、
「飼い主さんに伝わる歯みがき指導 実践編―歯みがき攻略の8ステップ―」
として、口に触れない動物が口を開けて歯の内側や咬み合わせ面を磨けるようになるまでも
懇切丁寧に写真付きで解説しています。

さらにさらに!!
MVM 156号に掲載されているパスワードを入力しますと
株式会社ファームプレスのMVM専用ページから
この「歯みがき攻略の8ステップ」の動画が視聴できるのです!!

この動画は、Ataraxiaの歯磨きレッスンを受講された方に差し上げている
Ataraxiaオリジナルの歯みがき解説DVDの動画の一部に加え、
MVM誌用に新たに撮り下ろしたものもあります。

MVMは獣医学の専門誌ですが
私の記事は「歯みがき指導」ということもあり、
獣医師の先生方をはじめ
歯みがき指導を現場で受け持つ可能性の高い動物看護師さんにもすんなりと読めるよう
できるだけ平易な文章で、なおかつMVMの格調高さを損なわないよう工夫したつもりです。

この記事は歯みがき指導をしたことがない、しているけれど手ごたえを感じられないという
獣医師の先生方、動物看護師の方々はもちろんのこと
一般の飼い主さんにも「犬猫の歯みがきの解説書」としても活用して頂ける内容と構成です。

Ataraxiaの歯みがきレッスンのエッセンスが惜しげもなく詰め込まれています。

蓮 「これを読めばAtaraxiaの歯みがきレッスンはいらないんじゃ…」

それはまた別の話です(^_^;)

専門誌ゆえ一般の書店やAmazon等ではお取り扱いがありませんが、
株式会社ファームプレスのサイトからオンラインでご購入できます。
http://www.pp-mvm.com/books/contents/60

ペットの歯みがきをお考えの飼い主様も、動物病院の先生方、スタッフの方々も
そのまま手引書として使える内容です。
(おっと、文章や写真、動画の流用はダメですよ^^;)

専門書なので少々お値段がはりますけれども、ぜひご一読のうえ
お手元に一冊置いて頂ければと思います。

川久保純子&蓮&MVM

彩の国動物愛護推進員になってみました

この度、Ataraxia代表の川久保は「彩の国動物愛護推進員」になってみました。

JunkoKawakubo

「なりました」でも「委嘱されました」でもないのは、
動物愛護推進員について微妙な気持ちを持っているからです。

動物愛護推進員とは、動物の正しい飼育や愛護、マナーなどについて啓発活動をしていくボランティアです。
埼玉県だけでなく全国で推進員制度が行われています。
埼玉の場合は県知事による委嘱ですが、あくまでもボランティアなので特別な権限等はありません。

この制度があるのは何年も前から知っていました。
でも応募しないでいたのは、動物愛護推進員がそれらしい活動をしているのを見たことがなかったからです。
動物関連の業者のプロフィールに「動物愛護推進員」と書いてあるのを見かけることはよくありましたが、
怪しげな業者や実力の無い人が、信頼と箔をつけるために推進員を名乗りたいだけにしか見えない、
「推進員」として活動しているかといえば、全くそれが見えてこないというケースばかりでした。
一方で行政側も、本来行政が行うべきことを推進員というボランティアに肩代わりさせているのではないか、
行政の怠慢の後押しになるだけではないのか、という疑念も持っていました。

しかしこれはあくまでも、私の周囲の、私が見える範囲での話であって
推進員として望まれる活動を積極的にしている人もいるかも知れません。
そこで、自ら推進員となり、他の推進員の方々や行政と関わりながら
動物愛護推進員の現状や行政の姿勢を見、在り方を考えてみることにしました。

 

さかのぼって、これは動物愛護推進員の採用面接の日…。

埼玉県庁での面接を終え、すぐにでも帰る予定でいたのですが
ふと気持ちがふらふらと引き寄せられて、浦和の「玉蔵院」という寺に足を運びました。
ここはもう何度も通りかかったことがありますが、中に入ったことは一度もありませんでした。

玉蔵院

玉蔵院

玉蔵院

境内の社の中に、猫が一匹…。
ひなたぼっこをしています。
首には「お守り」が。

お守りを下げた猫

きっと、この寺で可愛がられている猫なのでしょう。
この「お守り猫」の他にも、境内には何匹もの猫がいました。

道路を挟んで向かいの敷地内には、なぜか鳥獣の慰霊碑が。

動物慰霊碑
どのような経緯があってここに動物の慰霊碑があるのかは分かりませんが、
動物愛護推進員の面接の後にこれを見つけたということに、不思議なものを感じました。

敷地の外れには、いつの時代からあるのでしょうか、
朽ちかけて傾いている、古い小さな社がありました。

小さな神社

古い小さな社

その社のそばに、こんな張り紙が…。

地域猫の貼り紙

なるほど、と考えさせられました。
この日にこの場所に来たことに、ますます不思議な縁を感じます。
辞令交付式では地域猫活動についての話もありました。

また、交付式では熱意のありそうな推進員の方々も何人もいらっしゃり、お話することができました。

これから動物愛護推進員の活動を見極めて行きたいと思います。

 

 

第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会でドキドキ

2015年3月1日(日)、第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会に参加してきました。

日本小動物歯科研究会とは、動物の歯科医学の知識・技術の向上と啓発のために活動している会で
会員には獣医師はじめ動物看護師、歯科医師や歯科技工士もいるのです!
私もお仲間に加えて頂き、今回の参加を楽しみにしていました。

会場は品川フロントビル。

品川フロントビル

 この日の私は聴衆に徹し、ただひたすら聴いて勉強するつもりで、
ある意味では気軽に会場に入りました。

席を確保し、一旦場を外して戻ってくると、隣にはフジタ動物病院の高橋香先生が
にこやかな笑みを浮かべています。
イベントで高橋先生がいらっしゃる所という所に私が現れるので
高橋先生ストーカーみたいになっていますが、違うぞ。今回は(も)偶然だぞ。
しかし、この妙なご縁には笑ってしまいます。

このように穏やかな空気の中で会が開始。
歯周疾患にかかった小動物の口腔内からみられる多剤耐性菌についてや、
小動物の歯の疾患に対するBacteroides属(バクテロイデスぞく)の菌の関与など、
出だしから私の興味を激しく揺さぶるものが続きます。

私は歯科医としては歯周治療に力を入れていたので、
歯周疾患の多い犬猫の歯科にはとりわけ興味が掻き立てられます。
ナントカ菌とかカントカ菌なんて、一般の人にはちんぷんかんぷんかも知れませんが
齲蝕(うしょく、虫歯のこと)や歯周病などは細菌が関与して引き起こしているものなので、
歯科に携わるということは細菌への関心も高まるものなのです。

そして、高橋先生の
「イヌとヒトの歯周病原細菌における宿主特異性を規定する遺伝子因子の探索」

こういうの知りたかった!(・∀・)
人も犬も歯周病にかかります。
歯周病の原因となる細菌は人と犬とで同じものもあれば、違うものもあります。
(語ると長くなるので割愛します。)
高橋先生の演題をとても平ったく言えば、
人と犬の歯周病の主な原因菌の遺伝子的な違いを調べ
人と犬、それぞれへの感染について検討するというものです。

「人獣共通感染症」や「ズーノーシス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
文字通り、人と動物との間でお互いに伝染したり、されたりする感染症のことです。
犬の歯周病について、人⇔犬の相互感染が起きるのかどうか
私はずっと気になっていました。
このことに関して大きな示唆を与えてくれる、素晴らしい調査でした。

さらに…来ました。
センターヴィル動物病院の中野康子先生による
「無麻酔下でスケーリング(歯石除去)を行った結果、重度の歯周病にかかった犬の例」

全身麻酔をせずに行う歯石除去、通称「無麻酔歯石除去」。
本当にこれ、問題になっているんですよね…。
私もこの危険性為害性(害をなすこと)についてはかねてより警鐘を鳴らしており
時々Twitterでつぶやいたり、
このサイトでも啓発のための記事を書いている途中なのですが、
なかなか忙しくて公開に至れず、じれったく思っているところです。

中野先生の発表が終わった後も、会場に重い空気が流れたような気がしました。
司会を務めていらした、フジタ動物病院の藤田桂一先生も
無麻酔歯石除去への懸念を意見されていらっしゃいました。

(うんうん、そうだそうだ。)
頷きながら藤田先生のお話を聞いていると、

「~そこで、無麻酔による歯石除去について、今日会場にある方が来ています。」
おっ?
「その方は歯科医師でドッグトレーナーでもあります。」
いいっ!?
藤田先生の方を見ると…

「一言お話頂いて、いいですか?(ニコッ☆)」

藤田先生が私に神々しい笑顔とビームを放っています。
オオオオ…
聴衆と勉強に徹する、なんて気軽に構えていたら、すごい機会を頂戴してしまいました。

なんという光栄でしょう。
突然のことで準備していなかったので話はあまりまとまっていなかったと思いますが、
昨今問題になっている無麻酔歯石除去の中でも、
「無麻酔歯石除去の資格」なるものを付与したり、
それで「資格」を得た人がビジネスとして行っている問題について提言させて頂きました。

無麻酔歯石除去の資格ビジネスについては、
このサイトでもまた別の機会でお話できればと思っていますが
一般の飼い主さんの間では「全身麻酔=危険」、「無麻酔=安全」という一部誤解が浸透しています。
「無麻酔歯石除去」なる商法は、このイメージを利用しています。
動物歯科を正しく行っている動物病院などでも、歯石除去と麻酔の必要性についてお話をされているようですが
飼い主間での情報伝達や無麻酔歯石除去業者の宣伝の勢いの方が強く、
誤った認識と危険な無麻酔歯石除去がどんどん広まっていくことを私はとても危惧しています。

また、ご質問も頂き
スケーリング(歯石除去)をすることでかえって歯周組織を痛めているのではないか
という疑問に対する意見や、
無麻酔では歯石縁下歯石(歯周ポケットの中に付いている歯石のこと)の除去ができない問題(大きな問題です)、
食生活や唾液の性状によって歯石沈着に違いがあること
などについてもお話させて頂きました。

本当に、語り出すと言いたいことは数えきれないほどあり
ならばいずれ私も演者として何か発表したいと思うくらいでした。

語り足りないながらも、私の話に興味を持って下さった
獣医師の先生や歯科技工士さん、業者の方々もいらっしゃり、
その後の貴重なつながりを頂けました。

 2014年9月の日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)に参加したときも思いましたが、
獣医師の先生が、動物の歯科について、人間の歯科顔負けに熱心に取り組んでいらっしゃることに
感銘と言葉にならない胸の高まりを覚えました。
多分私は、嬉しいのだと思います。
人間の歯科医療の世界は、お世辞にもいい環境とは言えません。
獣医療界の方々が歯科に取り組んでいる姿はとても真摯で、
人間の歯科の世界に倦んでしまう気持ちをリフレッシュさせてくれるのです。
それに気のせいか、獣医学の集まりは温かいのです…。

歯科医師として。カウンセラーとして。ドッグトレーナーとして。動物看護師として。その他(笑)。
何の人だか良く分からないと言われますが、
色々やっている私だからこそできるものがあるはずと、気持ちも新たになりました。
こうしちゃいられません。
伴侶動物の歯科と正しいお手入れについて、
歯みがき(口腔ケア)を通じたコミュニケーションとトレーニングについて、
今後も力を入れて提言していきます!!

第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会 川久保

 

日本臨床獣医学フォーラム参加報告

去る2014年9月26日から28日までの三日間、日本臨床獣医学フォーラムに参加してきました。

私にとってこのフォーラムの目玉は、歯科!!
動物歯科の第一人者の先生方の発表が、出血大サービスと言わんがばかりに山盛りなのです。

歯が、歯があぁぁ~(≧▽≦)

日頃から歯科医師として、ドッグトレーナーとして、動物看護師として関心の高い動物歯科ですが
一般の飼い主さんにも伝わっている基本的な情報は私にとって当然物足りなく、
専門的な情報をもっと得たいと思っていたところで
これは外せない絶好のチャンスでした。

DSC_1670

場所は…

ホテルニューオータニ(2)

ホテルニューオータニ。

Ataraxia_JBVP2014 (1)

どんな講演が聴けるのか楽しみでなりません。

初日の26日は、とだ動物病院の戸田功先生によるランチョンセミナー
「歯磨きとStreptococcus salivarius K12の活用法」
と、
「動物看護師として知っておきたい歯科問診と診察時のポイント」
がありました。

Streptococcus Salivarius K12(ストレプトコッカス サリバリウス K12)は人間の歯科で注目を集めている細菌で、
口腔内にいる虫歯や歯周病の原因菌を抑える働きのある、
いわゆる「善玉菌」とされるものです。
もちろんSS-K12を使うだけでは不十分で、歯磨きでバイオフィルムという「細菌のバリア」を破壊するのは欠かせません。
これを犬猫にも応用するという試みです。
人間の歯科医療にも動物のオーラルケアにも関わっている私としては非常に興味深く、
今後の研究に期待が高まります。

ところが私は歯科医師なので、フォーラムの申込時に歯科医師という区分がなかったため
動物看護師として潜り込み参加しました。
動物看護師としても基本的にどのセミナーにも参加できるし、参加費用も安いのでしめしめ…
と思っていたらとんだ落とし穴で、
戸田先生とこの翌日に開催された藤田桂一先生の「獣医師限定」ランチョンセミナーには参加できないという盲点があったのでした!

悔しさを噛みしめながら、
「動物看護師として知っておきたい歯科問診と診察時のポイント」
に参加。
歯科に関心のない院長先生、これから手がけたい院長先生もいらっしゃるでしょうから
動物看護師が患者さんの歯科トラブルに気付き、治療につなげるという役割を持てるのはとても良いと思います。
ただの受付や助手ではなく、専門性を発揮できる役割として活躍することを望んでいる動物看護師も多いでしょう。
そうしたキャリア面でも有効ではないでしょうか。

二日目の27日は、歯肉炎を改善する動物用医薬品として承認されたイヌインターフェロンα製剤についてや、
フジタ動物病院の藤田桂一先生による
「歯周病の診断と基本的な治療手技について」

JBVP2014

これがまた…心に深くすとんと落ちるような内容で、
一つ一つがきちんとエビデンス(根拠)に基づいていて、
EBMを大事にされているのだろうということが伺えました。

医師は長年行っていると「独自の色」が出てきます。
医師独自の手技や「勘」が育つことで診断や治療の技術が向上するので良いのですが、
中には根拠のない「我流」に走ってしまう医師もいます。
「我流」は一見派手で、他にはない優れた技術であるかのような錯覚をもたらします。
人間の医科、歯科、獣医科に関わらずそうなのではないでしょうか。
しかし、それによって却って患者さんのためにならない結果を招いていることもこれまで見ているため、
学術的根拠に基づく内容を丁寧に話されてることに感服し、嬉しさを覚えたのでした。

次のランチョンセミナー「こんな時どうする?口腔疾患実践編」も聴きたくてたまらなかったのですが、
前述の通り獣医師限定…。
藤田先生は「僕は聴いてくれて構わないんですけどね」とおっしゃって下さいましたが、
今さら受付で「私、歯科医師なんですけど…」と交渉できる空気でもなく、
(そもそも、「あなた動物看護師で申し込んでいますよね?」と墓穴を掘ってしまいます^^;)
泣く泣く断念しました(T_T)

が、私の満たされない知識欲を補ってくれるかのようなものが!

JBVP_proceeding

プロシーディングです。
動物看護師向けはお値段控えめですが動物看護師用の内容のみ。
獣医師向けはお高いですがすべての内容が製本されたものかUSBメモリに入っているのです。

高い!そして厚い!でも、買いだ!!

「こ…こっち下さい」

動物看護師用の参加票を下げているのに獣医師向けを選んだ私を、
販売受付の人は暖かい笑顔で受け入れてくれました。
ありがとうございますありがとうございます。

 

三日目は、戸田先生による
「(歯科)年齢別・品種別のかかりやすいポイント」
「間違いやすいホームデンタルケアを改善しましょう」

JBVP2014

キタアアアアアア!!(≧▽≦)

これこれ、こういうの知りたかったんです!
私もAtaraxiaで歯磨きレッスンを行っているので、このセミナーで学ばせて頂いたことは非常に実践的でした。

また、ベテックデンティストリーの奥田綾子先生による
「抜歯の適応と基本手技」
「難抜歯の診断と外科的抜歯法」
は、人間の歯科で行っていることに動物歯科がここまで追随しているのだと
感嘆せずにはいられませんでした。

医師の治療スタイルには「攻めの治療」と「守りの治療」とでも言うべきものがあります。
攻めの治療は悪いところがあれば積極的にどんどんアプローチしていくスタイル、
守りの治療は現在症状がなければ経過観察をして、あまり積極的に介入しないスタイルです。
私は歯科医師としては「攻めの治療」スタイルだと自分では思っています。
奥田先生のセミナーを聴いて、
第一線の獣医師の先生方がこれ程までに「挑んでいる」ことに胸を打たれました。
場合によっては人間の歯科医の方が遅れを取っているかも知れません。
負けずに頑張らねばです。

今回の記事では歯科のことに絞りましたが、他にも

  • 東京大学の竹内ゆかり先生、日本獣医生命科学大学の入交眞己先生による動物の行動学(問題行動や常同行動)、
  • 犬山動物総合医療センターの太田亟慈先生による義肢装具学、
  • パル動物病院の小野啓先生の眼科学(犬の白内障や様々な眼科疾患)
  • アイデックスラボラトリーズ株式会社の平田雅彦先生による血液塗抹の観察
  • 北里大学の岩井聡美先生による腎臓病
  • 東京農工大学の福島隆治先生による循環器学(発作)

に参加し、ガッツリ勉強させて頂きました。

 

日本臨床獣医学フォーラムでは企業展示もあり、

JBVP

盲導犬や

 盲導犬展示

個人的に心くすぐられる外科器具…(笑)

動物外科器具

動物歯科の治療ユニットまでありました!!

動物歯科治療ユニット

歯科器材の株式会社モリタ製作所さんの機器は人間の歯科で随分お世話になっていますが、
動物歯科を行っている動物病院で見かける機材がモリタ製作所製だとは知りませんでした。
ああ~、親近感!!(≧▽≦)

これ、人間のものとは全く変わらず遜色ないスペックなんですよ。
動物歯科に注目と需要が高まっていることを感じさせます。

色々なアイテムを物色しながら歩いているときにふと目に留まり、
ブースの方にお声をかけて頂いたものがります。

それは…

エリザベスカラー

エリザベスカラー!!

なぜエリザベスカラーが目に留まったのか?
それは改めて別の記事でお話いたしますね。

 

今回のフォーラムで実感したこと。
それは、心ある獣医さんは正しいことを一生懸命広めようとしているということでした。
近年は人・動物に関わらず、根拠のない健康法や「代替医療」、「トンデモ医療」が横行しています。
動物歯科においても獣医師ではない者による「無麻酔歯石除去」なるものが出回っています。
医療やサービスを選択する際には、正しい選択ができるよう個人個人も正しい情報を得、
地に足着いた決定をする努力をして行く必要があると言えるでしょう。

 

祝・日本ケンネルカレッジ新パンフレット

蓮「何か届いたよ。」

image

おおぅ、蓮。 もしやポストから出してきてくれたのでは?

蓮「それはムリ。」

 

こちら、ペット資格通信専門校「日本ケンネルカレッジ」の新しいパンフレットです。
小さいですが、このパンフレットに掲載されました。

image ここです!(≧▽≦)

 

パンフレットには、つくばで一緒に授業を受けたり、宿泊施設で共に過ごした仲間たちが。
みんな元気で活躍しているようで、懐かしさと嬉しさで胸がいっぱいです。

日本ケンネルカレッジ様にはいつも本当に良くして頂いて、大変お世話になっております。
新パンフレットの完成、おめでとうございます。

新しいパンフレットはきれいな印刷と盛りだくさんの情報で、とても素敵なものに仕上がっています。
そう、読んでいるだけでペット業界や動物との暮らしに夢と希望が広がるような…。

ペット産業、広がっていますよね。 良くも悪くも。
動物関連資格は獣医師を除いては公的資格がないため、あちこちの団体で独自の資格を設けています。
このブログを読んで下さっている方の中にも、動物関連の資格を取りたいけれど、
どこがいいのか迷っているという方もいると思います。

いつも話していることなのですが、資格の中には教育カリキュラムやシステムが本当にずさんなところがいくつもあります。
大々的に宣伝しているので名前はよく知られているようなところでもそうです。
そういう中で、日本ケンネルカレッジは私が心から信頼を寄せ、自信をもってお勧めできるところです。

蓮「かばさんは良くないと思ったものは容赦なくこき下ろすけれど、ちょっとやそっとじゃ褒めないものね。」
蓮よ…(-_-;)

日本ケンネルカレッジの姿勢はパンフレットの内容にも表れています。
「学び」を中心軸として、動物との暮らし、動物と人との未来などについて広がっています。
多くの資格教育では 「自宅で開業!」「副収入!」「夢を形に♪」「あなたもショップオーナー」 など、
「儲かりまっせ」的な事柄を強調したものが多いと思います。
もちろん資格を仕事につなげたいのは当然のことですから悪いことではないです。
しかし、動物を扱うからには、まずは心と命のある生き物として考える姿勢を、
そして確かな知識と技術を、
さらに飼い主や動物をとりまく社会にある人とのコミュニメーションを、
こうしたことをきちんと考え、身につけられる教育であって欲しいと思います。
こういう姿勢があるかどうかが、資格取得後や仕事にした後も向上できるか否かにかかっています。
日本ケンネルカレッジの先生方やスタッフの方々は、このことを身をもって伝えて下さる方々ばかりです。
もちろん、受け身でいるだけではそれ以上のことは入ってきません。
質問をする、スクーリングに参加するなど積極的なアクションを起こすのは必須です。

パンフレットを眺めているととても感慨深いです。
私が日本ケンネルカレッジを知った頃はまだ講座数もこれほどなく、手づくり感のただよう講座でした。
それが今はこんなにも講座が増え、新たな施設も、立派なパンフレットもできました。
先生の顔が見え、温もりの伝わる手づくり感を残したまま、さらに充実した講座になっていることに
心から喜びを感じます。

…えっ、掲載されている記事が見えない?
しょうがないなぁ、では写真だけ(^^ゞ
kawakubo_renn (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪しい一般客としてのInterpets2014

Interpets2014に講師として参加しました!」の続きです。

Interpetsにはミニセミナー以外にも楽しみがありました。
それはまず、お友達が来てくれるかも知れないということ。
ネットでお知り合いになり、まだ直接顔を合わせたことがないお友達も来てくれる予定だったのですが、
私の持ち場にいてもきちんと会えるかどうか心配だし、早く会いたい♡

というわけで、出番の待ち時間の間に持ち場を離れ、
怪しいパワー(?)を使ってお友達を発見して背後からロックオン!
顔も知らないはずなのに急に話しかけられて、お友達はすごくゾーッとしたと思います(笑)

interpets_kojiro-(5)無事に会えたよー♪

お馴染みのイタグレ仲間のお友達も来てくれました♡

interpets2014_ig-(3)

 ミニセミナーの時間があるのでゆっくりお話する時間がありませんでしたが、 
おかげで一気にヤル気とパワーがみなぎりました。
(みなさん、ありがとう!)

もうひとつの楽しみは、私のミニセミナーが終わった後に一般の来場者として色々なブースを探索することです。

と言いつつも、まずはGREENDOG&メルセデス・ベンツブース。
私のミニセミナーの他にもしつけを用いたゲームが行われ、こちらも大人気!


interpets2014_ataraxia (17)
ドッグトレーナーの須崎 大さん。
一般客のフリをしてカメラを向けたら、パッとポーズを取ってくれました。
チクショー、カッコイイじゃないか!(≧▽≦)

 
interpets2014_ataraxia (4)
「犬の写心家」ホタパパさんによる撮影会。
いいなぁ~。
撮影してもらった人にはきっと一生ものの記念になりますよね。


interpets2014_ataraxia (25)
メルセデス・ベンツのブースの隣で高級感を放っていた、フレキシリードのブース。 

伸縮リードは使い方を誤ると危険もあるので賛否両論ですが、
正しく上手に使えばドッグトレーニングにも有用なんですよ。 
私も利用しています。
ブースの方とお話ししてみたかったけれど、もうすっかり忘れてしまったドイツ語に自信がなく…(-_-;)
蓮(きっと日本語で大丈夫だったと思うの…)

 

知らない商品を新規開拓する目的もあったのですが、やはりお気に入りのグッズのブースは気になってしまいます。

interpets2014_ataraxia (7)
つい吸い込まれてしまう、LIONのオーラルケアブース。
フジタ動物病院の高橋香先生がセミナーを行っていました。
高橋先生の行くところ行くところ私が現れるので、高橋先生もさぞやゾーッとしたと思います(笑)
それにしても、犬猫のオーラルケア(お口のお手入れ)は近年ますます関心が高まっているようで
セミナーは常に満席でした。

そして私…
「飼っているのはワンちゃんですか?猫ちゃんですか?」
と声をかけられ、
「あ、い、犬です…」
と思いっきり素人のフリをして、こんなに頂いてきてしまいました(^^;)

liondentalcare

 

インターペットなど大きなペットイベントは大企業のブースが目立ちますが、
小売店などの小さなブースにも掘り出し物があって楽しいですよ。

たとえばこちら、イタリアスペインの「Barcelonadogs」。
ラグジュアリーなカラーがいっぱい!

interpets2014_ataraxia (33)interpets2014_ataraxia (32)

おおう、お美しいお二人!
話しかけてみたかったけど…またもや言葉の壁が…。イタリア語はもっと分かりませぬ。
蓮「ガタガタぬかさんと、勉強せんかい。」
(あとね、お友達が教えてくれたんだけど…イタリアじゃないって。スペインだって。)
ありゃ~、失礼しましたm(_ _)m

 

あっ、プラーだ!

interpets2014_ataraxia (16)
プラーは私と蓮が今お気に入りのおもちゃです。
柔らかいので歯に優しく、引っ張りっこをするも良し、投げて「持ってこい」をするも良し、
軽いですから室内で遊んで壁などに当たったりしても、よほど勢いをつけていなければ大丈夫。
なんと嬉しい2個セットで、交互に使いながら犬のテンションを上げていけるという、超使えるおもちゃです。
思わずブースの方に語りかけて、蓮がプラーで遊んでいる動画まで見せてしまいました。
さらに、プラーのブースを訪れるお客さんにも動画を見せて売り込む始末。
プラーブースの方は
「歯科医でカウンセラーでドッグトレーナーを名乗る怪しい奴がやって来て、勝手にプラーを売り込んで去っていった」
と思ったかも知れません(-∀-;)

 

なんと!ミスターバックマンさんのブースが!!

interpets2014_ataraxia (35)interpets2014_ataraxia (36)
ミスターバックマンさんは横須賀の鞄屋さんで、犬猫のキャリーバッグも出しています。
もちろん私も愛用者です。
巷には可愛いキャリーバッグがたくさんありますが、ミスターバックマンさんのキャリーバッグを一言で言えば「質実剛健」。
私の大好きな言葉です。
可愛いけど安価なキャリーバッグと違い、高機能で頑丈です。
しかも修理に応じてくれるので一度買ったら買い直す必要が無いのが、お店の方にとって嬉しくも困るところだそうです。
飼い主さんがトレーニングの仕方を覚えて自分でトレーニングできるので、
リピートの必要があまりないというAtaraxiaみたいですね!
歯の治療も犬のしつけも鞄作りも、無駄なやり直しをしなくて済むようしっかり仕上げるのが職人魂ですね。
ミスターバックマンさんのスタイルにはとても共感します。
ミスターバックマンさんを応援するために、あるお約束をしてきました(^^)v

 

Hunterだぁぁ~。 ドイツの良質な犬具メーカーです。

interpets2014_ataraxia (21)
3wayリードや反射素材のグッズ、エルク革の首輪などを私も使っていますが、とてもいいものです。
もっと欲しいなぁ…。

 

ここは犬のトイレ。
普段からペットシーツの上で、さらに指示で排泄できるようにしておくと、こういう場でも役に立ちますね。

interpets2014_ataraxia (31)

 

ショーもありましたよ!

こちらはおなじみ、お父さん犬のカイくん。

interpets2014_ataraxia (37)

 

 

カッコイイ、ジュニアハンドラーのお嬢さんたち。

interpets2014_ataraxia (23)

 堂々としたハンドリング、三人とも実に立派でほれぼれしました。

 

セミナーもたくさん開かれていました。

interpets2014_ataraxia (11)

こちらは私淑しているドッグトレーナーさんのお一人、藤井聡先生のセミナー。
私がトレーナーになる前に、藤井先生の考え方も随分勉強させて頂きました。
ドッグトレーニングは本当に色々な考え方があるのです。
ある新しい考え方が出ると、それまでの考え方を古いものとして糾弾する…
そういう、トレーナー同士の派閥争いのようなものも見かけますが、
性格にも個性にも多様性のある動物を扱う以上、様々なトレーニング方法もあって然りだと思うのです。
人間もそうですよね。
厳しく叱咤激励されるのが向いている人、優しく褒められると伸びる人。
教育もトレーニングも一律である必要はないし、そうであっては多様性に対応できない。
藤井先生のセミナーを聴きながら、そのことを再確認しました。

 

さて。家で待ってくれている蓮へのお土産は…

ででん! Hunterのエルクスキンカラー!

hunter (2)

 

hunter (1)
うんうん、蓮、似合うよ~!

hunter (5)
こっちの色もいいね!

蓮「でもかばさん、あたし既にこの色と…」
hunter (4)

hunter (3)
蓮「この色も持ってる…。」

……

蓮「2本買ったの?」

うん。とっても良かったから。違う色も欲しいと思っていたから。

蓮「1本いくらしたの?」

(小声で)ごにょごにょ…

…… 蓮(アアー!orz)

 

…っ、気を立て直して!

Interpetsが終わった後にとてもとても残念だったこと。
配布されるパンフレットや飲み終わったペットボトルを、その辺に放置して行ってしまっている人が結構いたことです!

interpets2014_ataraxia (1)

 これは本当に残念!
荷物の整理をしていて、ついうっかり置き忘れてしまったなどなら仕方ないですが、
いらないからといってその辺に放置して行くのは、
飼っている動物がいらなくなったといって遺棄することと何も変わりませんよ!!
Interpetsに来られる方々は、そういうことのないマナーと良識を心得た方々であって欲しいと思います。

 

 

保護中: LIONペットのしつけとオーラルケア

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。