彩の国動物愛護推進員になってみました

この度、Ataraxia代表の川久保は「彩の国動物愛護推進員」になってみました。

JunkoKawakubo

「なりました」でも「委嘱されました」でもないのは、
動物愛護推進員について微妙な気持ちを持っているからです。

動物愛護推進員とは、動物の正しい飼育や愛護、マナーなどについて啓発活動をしていくボランティアです。
埼玉県だけでなく全国で推進員制度が行われています。
埼玉の場合は県知事による委嘱ですが、あくまでもボランティアなので特別な権限等はありません。

この制度があるのは何年も前から知っていました。
でも応募しないでいたのは、動物愛護推進員がそれらしい活動をしているのを見たことがなかったからです。
動物関連の業者のプロフィールに「動物愛護推進員」と書いてあるのを見かけることはよくありましたが、
怪しげな業者や実力の無い人が、信頼と箔をつけるために推進員を名乗りたいだけにしか見えない、
「推進員」として活動しているかといえば、全くそれが見えてこないというケースばかりでした。
一方で行政側も、本来行政が行うべきことを推進員というボランティアに肩代わりさせているのではないか、
行政の怠慢の後押しになるだけではないのか、という疑念も持っていました。

しかしこれはあくまでも、私の周囲の、私が見える範囲での話であって
推進員として望まれる活動を積極的にしている人もいるかも知れません。
そこで、自ら推進員となり、他の推進員の方々や行政と関わりながら
動物愛護推進員の現状や行政の姿勢を見、在り方を考えてみることにしました。

 

さかのぼって、これは動物愛護推進員の採用面接の日…。

埼玉県庁での面接を終え、すぐにでも帰る予定でいたのですが
ふと気持ちがふらふらと引き寄せられて、浦和の「玉蔵院」という寺に足を運びました。
ここはもう何度も通りかかったことがありますが、中に入ったことは一度もありませんでした。

玉蔵院

玉蔵院

玉蔵院

境内の社の中に、猫が一匹…。
ひなたぼっこをしています。
首には「お守り」が。

お守りを下げた猫

きっと、この寺で可愛がられている猫なのでしょう。
この「お守り猫」の他にも、境内には何匹もの猫がいました。

道路を挟んで向かいの敷地内には、なぜか鳥獣の慰霊碑が。

動物慰霊碑
どのような経緯があってここに動物の慰霊碑があるのかは分かりませんが、
動物愛護推進員の面接の後にこれを見つけたということに、不思議なものを感じました。

敷地の外れには、いつの時代からあるのでしょうか、
朽ちかけて傾いている、古い小さな社がありました。

小さな神社

古い小さな社

その社のそばに、こんな張り紙が…。

地域猫の貼り紙

なるほど、と考えさせられました。
この日にこの場所に来たことに、ますます不思議な縁を感じます。
辞令交付式では地域猫活動についての話もありました。

また、交付式では熱意のありそうな推進員の方々も何人もいらっしゃり、お話することができました。

これから動物愛護推進員の活動を見極めて行きたいと思います。

 

 

自分が快適の裏側

もうすぐ2014年も終わりですね。
皆さん、大掃除は終わりましたか。

 今日は年内最後のごみ収集の日でした。
私は少し風邪気味で、できればゆっくり寝ていたかったのですが
年内にごみ出しを済ませておきたかったので、朝いつも通りの時間に起きて出してきました。
その後、ごみ出し場から今にもあふれそうなごみを
回収の人が威勢よくごみ収集車に積んでいくのを見て、頭が下がる思いでした。

が!!

川口市ゴミ出しルール違反(1)

ゴミ出しルール違反

 

繊維、金属、紙類など、ごみ出し日のルールを守らないごみもたくさん出されていて、悲しくなりました。

自分の家さえきれいなら良いという人達です。

以前注意をしたら

「だってうちは狭いんです!」

と逆切れされたことがありました。
いやいやいや、あなたの家が狭くてごみ出し日までごみを置いておけないことはあなたの責任であり、
ルールを破っていい理由にはなりません。

「誰にも迷惑をかけていないでしょ!」

いいえ迷惑をかけています。

ごみ出し日でない日に出されたごみは、
夏場は悪臭の元になり、風の吹く日は近隣の家の敷地内に飛ばされて来ます。
カラスや猫がごみを荒らし、野良猫のたまり場になることもあります。
もっと物騒な話では、回収日前に出されているごみに放火されたという事件もあります。
街の美観が損なわれて嫌な気分になる人もいます。
ルール違反でごみ出しをしている人が、家にごみがあると嫌な気持ちになるのと同じことですよ。

そしてこれ!!

川口市ゴミ出しルール違反(2)

ゴミ出しルール違反

この段ボールは、犬のケージが入っていた箱ではないですか!!

こんなマナー知らずが犬を飼うなんて私は悲しい!!
この人が飼い主としてのモラルを守れるのか、
周囲に迷惑をかけずきちんと犬を幸せに育ててあげられるのか、非常に思いやられます。

自分が快適、自分が楽しい。
その裏で誰かに迷惑をかけていないか、不快な思いをさせていないか、
思いを巡らせてみる心がけを忘れたくないものです。

今年も残り一日と少しです。
けじめをつけて正しい行いで締めくくり、新年を清々しく良い気持ちで迎えたいですね。

 

Ataraxiaトレーニング修了ワンちゃん♪

今日はAtaraxiaのトレーニングを修了したワンちゃんをご紹介します。

ピシッとお座り

 

「あっ、かばさんと蓮ちゃんだ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに会ったのですが、私の顔を見た途端、ピシッとオスワリしてくれました。

おすわりできるよ

 

「こうかな?こうだよね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃ~んと覚えているんですね。エライ子です(^^)

賢くて気立ての良いコで、地域でも可愛がられている人気者です。 また一緒に遊ぼうね!

蓮も一緒に

 

ところで、Ataraxiaでは守秘義務を徹底しているため、基本的にお客様の情報に関わることは記事にいたしません。

なぜならば、たとえ犬に関することであろうと人に知られたくないという飼い主さんもいらっしゃるからです。
その時点ではいいと思っても、後々になって「やっぱり情報を下げて欲しい」という気持ちになることもあり得ます。
こういうことはカウンセリングの現場で往々にして起こります。
犬つながりで飼い主さん個人のプライベートが分かってしまう可能性も否定できません。

トリミングサロンや犬のしつけ教室などでお客様の愛犬の様子を紹介しているサイトやブログも多いですが、
ここが医療・心理・福祉の考え方をベースにしたAtaraxiaと他店との違いです。

今回は飼い主様が写真の掲載をご快諾下さいました。 どうも有り難うございました。

 

 

「デザインこころ」に行ってきました♪

ある目的があり、以前より伺ってみたかった「デザインこころ」さんに行ってみました。
こちらは埼玉県川口市にあるデザイン・広告・印刷のお店です。
外観が面白いんですよ。ハジケていて。
こちらのお店が開店し初めて見たときは、「な、何がオープンしたんだ!?」 と目を引かれずにいられませんでした。
私の感性にしっくりくるセンスで、開店した時から目を付けていたわけです(笑)

今年度末あたりに伺う計画でいたのですが、たまたまいいきっかけがあり
念願叶って訪れることができることになったものの、なんと大雪が危ぶまれている日。
しかし思い立ったら矢も楯もたまらず、「ある目的」もどうしても成功させたい私は
降りしきる雪もものともせず行って来ましたよ。

デザインこころにて

 

 

頭に雪が積もっておりますがな。

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインこころ2

すると、よりにもよってバレンタインデーで…

蓮「かばさん、気付いていなかったの?」

(蓮、やかましいよ。)

 

 

 

お店の前にはこのようなものが…(笑)

デザインこころ1

チョコレート受け(?)ですね。

それにしても、面白いでしょう?

 

 

 

 

応対して下さったデザイナーさんは、とても温和で気さくな雰囲気でありながら
Ataraxiaの中心としている理念などを短いヒアリングの中ででもスパッと読み取って行くのです。
スゴイ!!!
日頃私はカウンセラーとしても、クライエントさんの言葉の奥にある困りごとやニーズに気付くよう
気を配りながらカウンセリングをしているのですが、
何となく気付いていても、それをうまく形(言葉)にして伝え返すのは結構難しいものです。
それをサクサクと行われているようで、これはすごいぞとワクワク、ゾクゾクしながらお話をさせて頂きました。

(ああこんなことなら手持ちのブラックサンダーをチョコレート受けに入れて帰れば良かったと!!)
蓮(ブラックサンダー…)

さて先程からもったいつけている「ある目的」とか「いいきっかけ」。 一体何なのでしょうか。
それは後ほど告知致します!!(≧▽≦)ノ

後ほど告知→こちら

 

 

インスタントに問題解決を求める人達

犬を飼っている方々からは色々なご相談を寄せられます。
そこでしばしば感じるのは、 手軽で簡単に問題を解決する方法を求めている方々が少なくないことです。

よくあるのが、
「うちの犬の噛みつきを止めさせたいんだけど、どうすれば止めさせられますか?」
といった類の質問です。

たとえば犬が噛みつくのにしても、色々な原因や背景が考えられます。
子犬の頃の甘噛みの癖が抜けなかった、社会化が不十分だった、噛みついて遊ばせる癖をつけてしまった、
あるいは飼い主との信頼関係、主従関係、人間に対する嫌悪感、恐怖などなど…。
こういった、その犬の成育歴や人との関わり、これまで行ってきたしつけなど総合的に伺ってから問題の原因と対策を考えるものです。

当然、これらのことを伺う必要性をお話ししていくのですが、
そうするとみるみるテンションの下がっていく飼い主さんがいるのです。

こういった方々は、問題に対してインスタントに答えが出ることを求めているのですね。

Q. 「犬が噛みついたときはどうすればいいですか?」
A. 「噛みつかれたらその手をゲンコツにして、犬がオエッとなるくらい口の奥まで突っ込みましょう。」

のように。

話は変わりますが、私は元々歯科医師でした。
今でこそ歯と歯肉の健康と体の健康に関連があることが一般的にも知られ、
歯科治療での問診で全身の病気の有無などについて伺うことにも疑問を持たれなくなりましたが、
かつては

「なんで歯の治療で体のことまで聞かれなきゃならないの」
「悪い歯だけチャッチャッと治してくれればいいんだよ」

という患者さんも少なくありませんでした。
現在でもこういう姿勢の患者さんはいらっしゃいますが、
概してこういう方は自分自身の健康についてもあまり意識を払わないタイプが多いようです。

さらに私は学校でのカウンセラーも行っていましたが、ここでも同じようなことを経験しました。
例えば

「娘が不登校なんですが、どうしたら学校に行くようになりますか?」

という親御さんからのご相談です。

子供が不登校になってしまったのも何らかの原因があるわけです。
こういうときは親御さんの相談だけでなく、不登校になったご本人のカウンセリングや
学校や周囲などへの働きかけも必要です。
ところが親御さんによっては、まるでどこかに「不登校解除スイッチ」でもあるかのごとく
「これをしたら不登校が解決する」 という方法を求めているのです。
そして悲しいかな、こういうケースの不登校は、原因が親や家庭にあることも少なくないんですね。

話を戻しますと、これら「犬と飼い主さんの話」「患者さんの話」「子供と親御さんの話」には類似点があります。
それは、

問題の原因や背景、環境まで深く考えて取り組む姿勢があるか否か

ということです。
言い換えれば、これらの人々は方法論しか求めていないのです。
(カウンセリングでは問題の原因にはあえてアプローチしないという方法もありますが、
ここではそれについての論は省きます。)

冒頭で例に挙げた「噛みつく犬」で言えば、 元々人間への不信やトラウマがあった場合は別として、
飼い主さんが方法論だけでなく、犬と人との関わり方や環境づくりに気を配る人であれば
こうはならなかったかも知れません。

歯の治療にしても、全身の健康状態や生活習慣に気を配っていれば、
口腔内の健康状態ももっと良かったかもしれません。

不登校の例にしても、親として子供ともっと向き合い、子供を操作するのではなく
子供の気持ちをよく汲み取り、家族を機能させるようにできれば、状況は違っていたかも知れません。

起きてしまった問題の多くは、手軽に簡単に解決できるようなものではなく、
それが「問題」となって表面に出るまでに蓄積されたものの分だけ、
解決に時間も労力もかかるものだと心得て欲しいと思います。

だからこそ、小さな異変を放置せず、問題が問題になる前に対処することも意識して欲しいのです。

私は、そのお手伝いをするために活動しています。

 

 

動物取扱業登録と私の想い

ついに!念願の動物取扱業登録の登録が完了しました!
万感の思いです…。

ところで、この保健所には犬の慰霊碑があります。
この保健所が以前別の所にあったときは、そこで殺処分が行われていました。
移転した今の場所は閑静できれいで、とてもそのようには見えませんが
人知れずここでも殺処分が行われているということでしょうか…。

動物取扱業を営む者は、動物の幸福と福祉と愛護のためにその職能を用いるべきものだと思っています。
今回私は「訓練」で登録をしました。
しつけができないことを理由に処分を求める人がいます。
飼い主がしつけの仕方さえ知っていれば、その犬は死なずに済んだのに…。
そんな悔しく、やるせない、いきどおりがあります。
人間の身勝手な理由で殺処分されることがなくなりますように。

ここで消えて行った全ての命に誓います。
だからどうぞ、安らかに…。