聖神社と和銅遺跡

2015年の終わりを目前とした12月30日、
今年最後の思い出作りと1年の感謝のためにドライブに行ってきました。
場所は埼玉県秩父市黒谷にある「聖神社」です。

蓮「また埼玉の北部を攻略だね」
埼玉、まだまだ見どころがあるのです♡

慶雲5年(708年)に我が国初の自然銅(ニギアカガネ)が秩父で発見されたことがきっかけで、
かの有名な和同開珎が作られました。
聖神社は和銅元年に創建され、ニギアカガネがご神体として奉られています。
和同開珎にゆかりがあることから「銭神様」とも呼ばれているそうです。

蓮「ということは…金運にご利益が!?」(☆∇☆)

 

hijiri_shrine (2)

聖神社

聖神社の和同開珎モニュメント

で、でかい。
どのくらい大きいかというと…

聖神社の和同開珎モニュメント

このくらい。

聖神社は狛犬さんも印象的な顔立ちをしているのです。

聖神社の狛犬
聖神社の狛犬

カ、カワイイ♡

聖神社

コンパクトな社殿ですがインパクトは十分。
絶えず参拝の方が訪れていました。

神社の近くには和銅の産地といわれる露天掘りの遺跡があります。
ついうっかり蓮の服を車に積み込むのを忘れてしまい、寒いので蓮はスリングに入れているので
片道15分という山道を登って遺跡まで行くのはどうかと少し迷いましたが、
せっかくなので行ってみることにしました。

和同遺跡の碑

この中で一番ラクしているのは~?
蓮さん!

蓮

蓮「えっ」

陽射しが出て暖かくなってきたので、蓮も少しだけ歩きます。和同遺跡までの道

のどかな山道です。
蓮「あたしの耳が、遺跡はさらに前方を右に行った方面にあることを示しているよ。」
そうなのか?

和同遺跡までの道と猫

ここを右手に降りて行くのですが、降り口に猫さんがいます。
この猫さん、人がいくら通ろうとも少しも動く気配がありません。
もしや和銅遺跡の観光を担っているつもりだったりして…(笑)

和同遺跡までの道

和同遺跡までの道

和銅遺跡までは「登って、降りる」という感じなのですね。
少し険しそうに見えますが歩いてみるとそうでもなく、ご年配の方もいらっしゃいました。

 

到着です!またあのモニュメントがあります!

和同遺跡

これが和銅を採掘した「露天掘り」の跡だそうです。

和同遺跡

和同遺跡

和同遺跡

 

聖神社には参拝者用の駐車場があるのですが、停められる台数はあまり多くありません。

聖神社駐車場
(10台程度のようです。)
12月30日だったせいか私達が着いた時には既に満車で、実は諦めて帰ろうとしていたのです。

ところが…

地元の方が声をかけて下さり、敷地内に停めさせて下さったのでした。
おかげ様で無事参拝し、遺跡も見学してくることができました。
1年の感謝を締めくくるつもりが、また思いもかけない親切を頂くことになりました。
帰り際にお礼をしに伺ったら、「また来てくださいね」とおっしゃってくださいました。
感謝の気持ちをいっぱい込めて、また必ず参拝にまいります。

人と人とのつながりと真心の温もりを感じながら、2015年を締めくくることができそうです。

なんだか、これが本当のご利益なのかも知れないね。
蓮「そうだね。金運もいいけど、もっとイイモノもらった気分だね。」

今年も一年、どうも有難うございました。
皆様もどうぞよいお年をお迎えください。

 

 

犬と羊と芝桜~羊山公園~

2015年4月18日、埼玉県秩父市にある「羊山公園」に行ってきました。

ここは「芝桜の丘」が名所で知られているそうです。
昨年、三峯神社に行った際にたまたまそばを通りかかって知りました。
何しろすごい人出と渋滞だったのです。
「なんだ?なんだ?この公園に一体何があるんだ?」
と好奇心に駆られて寄ってみたかったのですが、あまりの混み具合に断念したのでした。

4月25日以降の土・日・祝日は交通規制が敷かれるそうなので、それよりも早目に行ったのですが
それでも公園内駐車場までの道はかなり混雑。
15分くらいは待ったでしょうか。
無事駐車できて、いざ、いざ。

芝桜の丘おおおお…

かなりの圧巻です。
天気にも恵まれ、青空の色に芝桜が映えていました。芝桜の丘

武甲山を眺めながらの景色もなかなかです。

芝桜の丘

芝桜の丘はこのようにV字型になっているので、上から見下ろす景色と下から見上げる景色が楽しめます。

羊山公園で記念撮影
記念に一枚♪

ふれあい牧場

芝桜の丘の上には「ふれあい牧場」があり、羊山公園の名の通り羊がいます。
蓮、生まれて初めて羊に遭遇。

蓮「お?なんだあれ?」

羊

羊山公園の出店出店もたくさん!
秩父にゆかりのある食べ物や工芸品から、
「広島焼」「北海道チーズ」など全然関係のないものまで!(笑)

羊山公園の見どころは芝桜だけではありません。
これだけ見て帰ってしまうともったいないですよ。
少ーし険しいのですが、小高い丘を登っていくと…

羊山公園

蓮(険しい…少し険しい…。以前にもこんなことがあったような気が…。)

羊山公園

ほら!こんなに素敵な丘が開けているのです。

葛葉稲荷丘を下ると、いい感じの鳥居が…。
登ってみましょう。

蓮(険しい…。さっき下りたばかりなのに…。)

葛葉稲荷

 おお!かの有名な葛葉稲荷です。

葛葉稲荷
ほら、蓮もお参りしなさい。

わんぱく広場

葛葉稲荷大神の隣には、「わんぱく広場」というちょっとしたアスレチックがあります。

第一駐車場のそばの登り坂。
これを延々と登っていくと…
結構汗ばんで息も乱れて…
ほどよく筋肉痛になりそうな気配があり…

羊山公園

蓮(ハァハァ…なんであたしたちのレジャーはこんなのばっかりなのかな…。)

見晴しの丘

でも、ちょっと疲れるけど登って良かったな、と思える眺望が広がっているのです!

ここは「見晴らしの丘」。
秩父の市街が一望できます。

秩父市街

感動しますよ~(´∀`)

さらに羊山公園の側には、「牧水の滝」という滝があるそうな。
行ってみましょう!

牧水の滝

ここですね!期待が高まります。
しかし、滝の音が聞こえてきませんが…

…ん…?

牧水の滝

干上がっていました!!!(≧▽≦;)

もっとも、時期が悪かっただけかも知れません。
滝の下には人工池と水車小屋もあり、池には小魚が泳いでいます。

蓮「小魚って…金魚だよね?アーモンド小魚みたいな言い方しないでよ(汗)

牧水の滝

 

ところで、見晴しの丘にはある像が立っています。

上武鉄道(現在の秩父鉄道)の創業者で初代社長、柿原萬蔵氏です。
柿原萬蔵

柿原萬蔵氏は日清戦争時の経済不況で資金繰りが厳しくなっても、
社長や役員は無報酬で、私財を投入して鉄道の工事費に充てたそうです。

末端の従業員は減給させて、上は私腹を肥やしているブラックな会社の
社長や役員に聞かせてやりたい話ですね( ̄▽ ̄)

蓮(アワワワ…)

この柿原萬蔵氏の像は2代目で、
最初に作られた像は太平洋戦争での金属の供出に出されてしまったそうです。
生前も死後も戦争で苦労されたなんて、切ないですね。

この青空の下で犬と散歩する幸せが、いつまでも続きますように。

芝桜の丘と蓮

 

 

蓮、3歳の誕生日に

今日、2013年6月19日は蓮の3歳の誕生日です。
この節目に、今までの事を振り返ってみたいと思います。

蓮と出会う前、私は自分がまさか動物関係の仕事に就くとは思ってもみませんでした。
大学受験の際も、医療系、特に医学部や歯学部を受験する学生は、
薬学部や獣医学部もあちこち併願することが多いものです。
(まったく仕事の内容は違うので考え物ですが…。)
しかし私は獣医学部は1校しか受験しなかったほど、動物のことは頭にありませんでした。
動物は大好きですが、あくまでごく一般的の飼い主としての「好き」であり、
仕事にするという発想は全く無かったのです。

これまで様々な犬や鳥、動物と暮らしてきて、
それでも動物関連の仕事に就こうという発想が起きなかった私を動かしたのが、蓮でした。

それまで飼ってきた犬も普通にしつけをし、日常生活上で困ることも何も無かったのですが、蓮は違いました。
噛む、落ち着かない、いつまでも従順さを示さない、拾い食い、誤食、食糞、他の犬に吠える…
今までの犬で困ることのなかった、ありとあらゆることで私を悩ませました。
とにかくそれまでのしつけ方法では効果がなく、 このままではとんだ問題犬になってしまうと焦った私は、
ありとあらゆる本や映像資料、講習会などを利用し、しつけを一から勉強し直しました。

それによると、現在では飼い主さんの意識も随分高くなり、
以前では行わなかったようなトレーニング…たとえば「脚側行進」や「クレートの中で過ごす」などが
一般的なしつけの一環として行われているということを知りました。

大変です。
蓮の問題も修正し、「オスワリ」や「オイデ」だけではない、
もっとたくさんの事を教えなければならないのです。

それからは文字通り血眼になって、自分での勉強と蓮のしつけに明け暮れました。
仕事の前に時間を作って散歩とトレーニング、
蓮の安全を確保でき、退屈せずにお留守番できるような環境を作ってから出勤、
クタクタになって帰って来てから、蓮が汚した犬用ベッドやサークルの掃除と洗濯、
そしてまた散歩とトレーニング… 毎日のことも本当に大変でした。
疲れていて体ももう動かない、心のエネルギーも枯れ果てそう。

「犬を飼うってこんなに大変だったかな!?」

久しぶりに子犬を育ててみて、改めて犬を飼う大変さを知りました。
他に頼れる人もなく、時には不安で押しつぶされそうになったり、
育児ノイローゼならぬ、育犬ノイローゼになるんじゃないかと思うほどでした。
「飼うと決めたからには、必ずきちんとした犬に育て上げてみせる。そうしなければならない」
という責任感だけが私の原動力でした。
そして… 幼くして親犬から引き離され、誰だか分からない人間の元にやって来た この小さな命は、私を頼るしかないのだと。
関わったからには、この子を幸せにする義務がある。 その思いで動いてきました。

やがて、

「あれ…毎日がそんなに大変じゃない」

と気付いた時がありました。
物凄く大変でしたが、数々のトレーニングを重ねてきたおかげで
蓮との暮らしがとても楽になっていたのです。
日常生活のしつけ、マナーを身に着けたからだけでなく、
トレーニングを通じて意思の疎通ができるようになっていたからでした。
教えていないような事柄でも、蓮が私の意思をよく汲み取って私の望むような行動を取ってくれたり
蓮が自分でよく考えて、自分の意思を私に伝えようとしてくれたりするのです。
それはまるで、人と暮らしているのと変わらない感覚でした。

蓮との暮らしが快適で楽しくなってくると、周りのことにも色々気付くようになってきました。
その一つは、犬と散歩している他の飼い主さんの中には、とてもつまらなそうに、
義務感だけで歩いているかのような人が少なくないことでした。

私は蓮との散歩が面倒くさいとか苦痛だと思ったことはありません。
なぜならば、蓮とは同じものを見て、感じて、時々指示を出し、蓮はそれに従い、
すなわち語り合いながら歩けるからです。 散歩に行くたびに絆が深まっていくのを感じます。

また、犬が言うことを聞かない、問題行動があるという理由で犬への愛情を失い、
果ては犬を手放してしまう飼い主さんの話も多く聞きました。
これらは本当に悲しく残念なことです。 犬も不幸だし、人も不幸です。

犬のしつけを正しく行い、意思疎通ができれば 犬との暮らしはとても楽しく快適なものになります。
このことを、つまらなそうに散歩をしている飼い主さんや、犬への愛情を失いつつある飼い主さんに伝えたい。
そして、そのような犬と飼い主さんを減らしたい。そうなることを食い止めたい。
その一方で、犬のしつけや生活の問題など、犬との暮らしの苦労も痛いほどよく分かるので
そうした飼い主さんの心理面もサポートしていけたら…

ちょうど私は、歯科臨床、教育、カウンセリングという分野に携わり
今後どのように生きていくかを模索している時期でした。
せっかく様々な経験を積んできたのだから、どれか一つの分野に絞り込んでしまうのではなく
培ってきた全てを活かせるような仕事がしたい。
でも、歯科医療、教育、カウンセリングはそれぞれ独立した分野です。接点はあるけれど少ない。

何かがぐるぐると回り始めた瞬間でした。

医療の分野は動物の健康について。
教育の分野は、ドッグトレーニングや飼い主さんへの伝え方について。
カウンセリングや心理学の分野は、飼い主さんと動物の心理面からのサポートに行かせますし、
学習心理学や行動療法など心理学の知識はドッグトレーニングに大変重要です。
今まで私が力を入れて生きた「惨事ストレス」やトラウマ、PTSD、危機介入の分野は
ペットロスやターミナル期のカウンセリングにつながります。

生き方に悩んでいた私を、犬との暮らしに悩んでいる飼い主さんを、
愛する動物を亡くして悲しみに暮れている飼い主さんを、蓮がつないでくれたのでした。
蓮との出会いは、今思い起こしても運命的だったとしか言いようがありません。
不思議な糸に引かれての出会いでした。
それはまさに、私の人生に運命づけられた犬だったからだと思うのです。

私がドッグトレーナーになったことにより、 蓮にも数奇な運命を背負わせてしまいました。
でも蓮は私の期待を上回る活躍を見せてくれ、私のパートナードッグとして頑張ってくれています。
時にはお客様への見本となってもらうため、トレーナーの犬としてのトレーニングを入れなければなりませんでしたが
私も蓮ももう辛くはありません。 お互いの意思が、気持ちがつながっているからです。

犬と暮らすこの楽しさを、喜びを、多くの飼い主さんに伝えたい。
人と犬の運命の出会いの前から、楽しい人生・犬生を経て、やがて虹の橋の向こうまで…
これは、蓮がもたらしてくれた「プロジェクト」でもあるのです。

蓮、いつもどうもありがとう。 3歳のお誕生日おめでとう。

renn_age3.jpg

 

 

縁石deドッグウォーク!

ここらで一息ついてドッグトレーニングの小ネタをば…。

ツイッターで教えて頂いた小技 「縁石ウォーク」!!

道路の脇で手軽にできるドッグウォークです。
いつものお散歩にちょっとした刺激が加わっていいですね(´∀`)☆

蓮には「上がって」「伝って」「降りて」の指示と、
人の手を追従するということを教えてありますのでスムーズですが、
初めてチャレンジするにはオヤツ等で引きつけながら行うといいと思います。

手順は以下の通りです。

1. まずオヤツを手に持ちます。
2. 犬の鼻先に近付け、犬が縁石に上がるようにオヤツで誘導します。
3. 犬が上がるとほぼ同時のタイミングで「上がって」など、自分で決めた指示をかぶせます。
4. 上がったらそこで降りないように手でそっと押さえ、静かによく褒めてあげます。
(覚えるまではオヤツのご褒美をあげてもいいでしょう。)

これができるようになったら、

5. オヤツを持った手で誘導し、縁石の上を歩かせます。
6. このときに「歩いて」「伝って」など、指示をかぶせます。 上手に歩けたらまた褒めてあげて下さい。

という具合に教えていきます。

チャレンジする際は、くれぐれも車の通りの多い所は避けて下さいね!