犬の歯磨きは楽しいよ!

愛犬の歯磨き、できていますか? 苦労されている方も多いようですね。

嫌がってちっともうまく行かない、無理にしようとすると噛まれてしまう、歯ブラシを見せただけで逃げて行く…

そんな飼い主さんも多いようです。 少し長いですが、まずはこの動画をご覧ください。

「歯みがきするよ」と言うと、喜んで飛んで来ているのがお分かり頂けるかと思います。

そして、歯磨き中も暴れたり抵抗したりしていないのが見て取れるかと思います。

「ドッグトレーナーが飼っている犬だから特別なんでしょう?」

このように言われることもあるのですが、そんなことはありません。

蓮は以前はひどい噛みつき犬でしかも警戒心が強く、

歯磨きなど到底できそうにないと途方に暮れるほどだったのです。

噛みつきの抑制を教え、何とか歯みがきにチャレンジできそうだと思ったのは

もう1歳になろうかという頃でした。

動画でもご覧頂けるように、今は歯磨きが大好きです。

さて、このようになるためには必要なステップがいくつかあります。

 

1. 身体のどこでも触れる関係になっているでしょうか

これができていない飼い主さんはかなりいます。

少なくとも愛犬が飼い主さんに抱っこされるのを嫌がらないこと、

マズル(口)に触っても平気なことが必要です。

歯みがきではどうしても愛犬の体と口に触る必要があるので、

触られるのを嫌がる状態では、どんなに歯みがきに良い印象を与えようとしても難しいのです。

 

2. 歯磨きに良い印象だけ与えること

「歯を磨かなければ」という焦りのあまり、「磨けさえすれば良い」とばかりに

多少無理に抑えつけてでも磨いてしまう飼い主さんもいます。

でもこれでは、愛犬が歯みがき好きになるはずはないですよね。

歯みがき、爪切りなどを愛犬が嫌がらず受け入れるようにするためには 決して強制してはいけません。

そして、歯ブラシや歯磨きに良い印象だけを与えて行くのです。

 

いかがでしょうか。

「うちの犬にも歯磨きしたい!」

「具体的にはどうやるの?」

という方は、お気軽にご相談くださいね!