無麻酔歯石除去の問題~1. 歯科医学の面から その1 歯肉縁下歯石が取れない問題~

1.歯科医学の面から

その1 歯肉縁下歯石が取れない問題

歯周疾患(歯周病)を引き起こしているのは、いくつかの種類の歯周病原細菌です。
よく歯石が歯周病の原因かと思われていますが、
歯石は歯垢(しこう・プラーク)(歯についた汚れや細菌、細菌が産生したものなど)に
カルシウムなどが沈着し固まったもので、歯周病の直接の原因ではありません。
歯石の中にいる細菌も死んでいます。
まずは歯周病になるしくみをかいつまんでお話しておかなければなりません。

正常歯周組織

これは正常な歯と歯肉、歯を支えている骨(歯槽骨)の模式図です。
(小さくて見えない場合はクリックかタップすると拡大して表示されます。)

お口の中にいる菌には、大雑把に分けて「酸素がある環境が好きな菌」と「酸素がない環境が好きな菌」がいます。
歯の表面に細菌が付着すると、まず「酸素がある環境が好きな菌」が増殖し、歯肉に炎症を起こします。
「歯肉炎」とよばれる状態です。
歯肉縁

歯と歯肉の隙間には「歯肉溝」という深さ1~2mm程度の溝が存在しています。
歯肉に炎症が起きると歯肉が腫れて、この溝が深くなります。
すると、溝の中は酸素が少ないので、この中に「酸素が無い環境が好きな菌」が増殖してくるのです。
この菌は酵素や毒素、様々な物質を産生し、
それによって歯肉や歯の周りの組織が破壊され、歯周ポケットもどんどん深くなります。
やがて歯を支えている骨も吸収されて減っていき、支えを失った歯はぐらぐらし、やがて抜けてしまう…
こういう流れをたどります。

歯周ポケット形成・歯槽骨吸収

 

ではなぜ歯石が問題視されるのかというと、

* 歯石の表面が粗いので、さらに汚れや細菌がつきやすくなる
* 硬くてさらざらした歯石が歯肉を刺激する

などの理由で歯周病を悪化させる一因となるからです。

そこで「歯石除去」となるわけですが、歯石には大まかに分けて2種類あります。
歯の表面、歯肉の縁の上に付いていて、見て確認できる「歯肉縁上歯石」と、
歯肉の縁の下、歯と歯肉のすき間の中に付いている「歯肉縁下歯石」です。

歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石
歯周病では歯肉縁下歯石が特に問題となります。
歯肉縁上歯石だけ取ってもあまり意味はありません

ところが、歯肉縁下歯石は歯と歯肉のすき間の中に付いているので、
麻酔なしで取ろうとすると痛みを伴います。時には出血もあります。
すでに歯周病にかかっていて歯肉に炎症があると、痛みや出血はより増します。
私達人間でも歯肉縁下歯石を取るのは痛いので、麻酔をして行います。
よく歯科医院では「痛かったら左手を上げて教えてくださいね」
というように、処置を受ける必要性が理解できていて我慢ができる人間ですら耐えられないことがあるのですから
動物が我慢して大人しくしていられないのは当然です。
動物ですから口を十分に開けなかったり、抵抗したり、暴れたり、咬んだりするでしょう。
そのような理由で動物の歯肉縁下歯石を無麻酔で取ることは不可能なのです。
(もし大人しくしているとすれば、それは恐怖ですくんでいるからでしょう。)

 

→次回、「1. 無麻酔歯石除去の問題~歯科医学の面から その2 ポリッシングができない問題 ~」に続きます。

犬をはじめとする動物の無麻酔歯石除去の問題をドッグトレーニング・歯科医療・心理学の面から語る

こんにちは、歯科医師の川久保です。

蓮「あれ?今回は歯医者さんモード?」

今回は、最近よく見かけるようになった「無麻酔歯石除去」についてのお話を
歯科医師・ドッグトレーナー、そしてカウンセラーとしての面からお話しいたします。

無麻酔歯石除去が犬猫等に与える問題に関しては、少しずつではありますが
ようやく一般的にも知られるようになってきたように思えます。
それは主に、歯や歯肉のためにならない、危険であるという歯科医学の面や
動物に強い恐怖心を与えてしまうという、しつけや動物の心理の面で語られることが多いようです。
これらは当然のことでありますが、私は「無麻酔歯石除去」の「資格」を求める人間側の問題も常々感じています。

しばしば誤解されるのですが、Ataraxiaは犬のしつけ教室や歯磨き教室など動物に特化したサービスではなく
その理念は

「人も、動物も」

です。

無麻酔歯石除去に限った話ではなく、
あるテーマが与える影響を人と動物の両面から考え、提言しています。

無麻酔歯石除去については以下の面から数回に分けて語っていこうと思います。
(ブログ記事をアップしたタイトルにはリンクが貼ってあります。)

序章 無麻酔歯石除去という言葉が与えるイメージ
1. 無麻酔歯石除去の問題~歯科医学の面から~
 その1 歯肉縁下歯石が取れない問題
 その2 ポリッシングができない問題
 その3 エックス線撮影ができない問題
2. 無麻酔歯石除去の問題~犬猫など動物の心理としつけの面から~
3. 無麻酔歯石除去の問題~心理学・キャリア心理学の面から~

序章 無麻酔歯石除去という言葉が与えるイメージ

「無麻酔歯石除去」、この言葉を聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか?
よく、商品では

無添加化粧品
無農薬野菜

のように、「無」の後には「悪いもの」のイメージの言葉が続きます。

インターネットを使用している人なら、

「○歳 女が、ある「無添加」を飲んだら…」

という広告を目にしたことがあるかも知れません。
このコピーに至っては、もはや無添加の何なのかすら書いていません。
「ある生姜ドリンクを飲んだら…」
でも、
「あるかぼすエキスを飲んだら…」
でもありません。
「無添加」
この言葉が読み手に与える「良いものだ」「安全なものだ」というイメージのみに訴えています。
非常にインパクトのある広告だと思います。

無麻酔歯石除去も

無→麻酔

ということによって、

麻酔とは悪いものだ
麻酔は無いほうが良いものだ

というイメージができ上がります。
多くの人の間では、麻酔は怖いもの、全身麻酔は危険なもの、というイメージでとらえられていますから
その裏返しで、「無麻酔」というだけで

安全なものだ!
すごくいいものだ!

という印象になります。

麻酔を使わないから安全…
麻酔を使わないから、犬や猫の体にやさしい…
麻酔を使わないから良心的…
本当にそうなのでしょうか。

 

→次回、「1. 無麻酔歯石除去の問題~1. 歯科医学の面から その1 歯肉縁下歯石が取れない問題~」に続きます。

第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会でドキドキ

2015年3月1日(日)、第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会に参加してきました。

日本小動物歯科研究会とは、動物の歯科医学の知識・技術の向上と啓発のために活動している会で
会員には獣医師はじめ動物看護師、歯科医師や歯科技工士もいるのです!
私もお仲間に加えて頂き、今回の参加を楽しみにしていました。

会場は品川フロントビル。

品川フロントビル

 この日の私は聴衆に徹し、ただひたすら聴いて勉強するつもりで、
ある意味では気軽に会場に入りました。

席を確保し、一旦場を外して戻ってくると、隣にはフジタ動物病院の高橋香先生が
にこやかな笑みを浮かべています。
イベントで高橋先生がいらっしゃる所という所に私が現れるので
高橋先生ストーカーみたいになっていますが、違うぞ。今回は(も)偶然だぞ。
しかし、この妙なご縁には笑ってしまいます。

このように穏やかな空気の中で会が開始。
歯周疾患にかかった小動物の口腔内からみられる多剤耐性菌についてや、
小動物の歯の疾患に対するBacteroides属(バクテロイデスぞく)の菌の関与など、
出だしから私の興味を激しく揺さぶるものが続きます。

私は歯科医としては歯周治療に力を入れていたので、
歯周疾患の多い犬猫の歯科にはとりわけ興味が掻き立てられます。
ナントカ菌とかカントカ菌なんて、一般の人にはちんぷんかんぷんかも知れませんが
齲蝕(うしょく、虫歯のこと)や歯周病などは細菌が関与して引き起こしているものなので、
歯科に携わるということは細菌への関心も高まるものなのです。

そして、高橋先生の
「イヌとヒトの歯周病原細菌における宿主特異性を規定する遺伝子因子の探索」

こういうの知りたかった!(・∀・)
人も犬も歯周病にかかります。
歯周病の原因となる細菌は人と犬とで同じものもあれば、違うものもあります。
(語ると長くなるので割愛します。)
高橋先生の演題をとても平ったく言えば、
人と犬の歯周病の主な原因菌の遺伝子的な違いを調べ
人と犬、それぞれへの感染について検討するというものです。

「人獣共通感染症」や「ズーノーシス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
文字通り、人と動物との間でお互いに伝染したり、されたりする感染症のことです。
犬の歯周病について、人⇔犬の相互感染が起きるのかどうか
私はずっと気になっていました。
このことに関して大きな示唆を与えてくれる、素晴らしい調査でした。

さらに…来ました。
センターヴィル動物病院の中野康子先生による
「無麻酔下でスケーリング(歯石除去)を行った結果、重度の歯周病にかかった犬の例」

全身麻酔をせずに行う歯石除去、通称「無麻酔歯石除去」。
本当にこれ、問題になっているんですよね…。
私もこの危険性為害性(害をなすこと)についてはかねてより警鐘を鳴らしており
時々Twitterでつぶやいたり、
このサイトでも啓発のための記事を書いている途中なのですが、
なかなか忙しくて公開に至れず、じれったく思っているところです。

中野先生の発表が終わった後も、会場に重い空気が流れたような気がしました。
司会を務めていらした、フジタ動物病院の藤田桂一先生も
無麻酔歯石除去への懸念を意見されていらっしゃいました。

(うんうん、そうだそうだ。)
頷きながら藤田先生のお話を聞いていると、

「~そこで、無麻酔による歯石除去について、今日会場にある方が来ています。」
おっ?
「その方は歯科医師でドッグトレーナーでもあります。」
いいっ!?
藤田先生の方を見ると…

「一言お話頂いて、いいですか?(ニコッ☆)」

藤田先生が私に神々しい笑顔とビームを放っています。
オオオオ…
聴衆と勉強に徹する、なんて気軽に構えていたら、すごい機会を頂戴してしまいました。

なんという光栄でしょう。
突然のことで準備していなかったので話はあまりまとまっていなかったと思いますが、
昨今問題になっている無麻酔歯石除去の中でも、
「無麻酔歯石除去の資格」なるものを付与したり、
それで「資格」を得た人がビジネスとして行っている問題について提言させて頂きました。

無麻酔歯石除去の資格ビジネスについては、
このサイトでもまた別の機会でお話できればと思っていますが
一般の飼い主さんの間では「全身麻酔=危険」、「無麻酔=安全」という一部誤解が浸透しています。
「無麻酔歯石除去」なる商法は、このイメージを利用しています。
動物歯科を正しく行っている動物病院などでも、歯石除去と麻酔の必要性についてお話をされているようですが
飼い主間での情報伝達や無麻酔歯石除去業者の宣伝の勢いの方が強く、
誤った認識と危険な無麻酔歯石除去がどんどん広まっていくことを私はとても危惧しています。

また、ご質問も頂き
スケーリング(歯石除去)をすることでかえって歯周組織を痛めているのではないか
という疑問に対する意見や、
無麻酔では歯石縁下歯石(歯周ポケットの中に付いている歯石のこと)の除去ができない問題(大きな問題です)、
食生活や唾液の性状によって歯石沈着に違いがあること
などについてもお話させて頂きました。

本当に、語り出すと言いたいことは数えきれないほどあり
ならばいずれ私も演者として何か発表したいと思うくらいでした。

語り足りないながらも、私の話に興味を持って下さった
獣医師の先生や歯科技工士さん、業者の方々もいらっしゃり、
その後の貴重なつながりを頂けました。

 2014年9月の日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)に参加したときも思いましたが、
獣医師の先生が、動物の歯科について、人間の歯科顔負けに熱心に取り組んでいらっしゃることに
感銘と言葉にならない胸の高まりを覚えました。
多分私は、嬉しいのだと思います。
人間の歯科医療の世界は、お世辞にもいい環境とは言えません。
獣医療界の方々が歯科に取り組んでいる姿はとても真摯で、
人間の歯科の世界に倦んでしまう気持ちをリフレッシュさせてくれるのです。
それに気のせいか、獣医学の集まりは温かいのです…。

歯科医師として。カウンセラーとして。ドッグトレーナーとして。動物看護師として。その他(笑)。
何の人だか良く分からないと言われますが、
色々やっている私だからこそできるものがあるはずと、気持ちも新たになりました。
こうしちゃいられません。
伴侶動物の歯科と正しいお手入れについて、
歯みがき(口腔ケア)を通じたコミュニケーションとトレーニングについて、
今後も力を入れて提言していきます!!

第23回日本小動物歯科研究会症例検討会・総会 川久保